皇后雅子さまがご成婚の際にお持ちになったことでも一躍注目を集めた、ドイツ創業のバッグブランド「COMTESSE(コンテス)」より新コレクションが誕生しました。

今回登場した「ジャパン・プレミアム・コレクション」は、日本が誇る馬具メーカー「SOMES(ソメス)」との初コラボレーションによるもの。コンテスでも人気の高い定番デザインをベースに、ソメスの技術力を備えた機能的かつデイリー使いしやすい全4型がラインナップされています。

■1:シンボルバッグ「プリンセス」のエレガンスが息づくハンドバッグ

コンテスのバッグ「SHOULDERBAG 61002」
ショルダーバッグ ¥198,000【サイズ:横21×高さ18×マチ8cm、カラー:ネイビー、ブラック、トープ(※写真はネイビー)】

コンテスを代表するアイコニックなハンドバッグ「プリンセス」に着想を得てデザインされたショルダーバッグです。

正面の金具にはソメスオリジナルの金具が採用されており、イタリア製高級カーフの上質なツヤ感がエレガントなフォルムをより際立てます。

コンテスのバッグ「SHOULDERBAG 61002」
ソメスの刻印が刻まれた構築的なフォルムの金具を使用

ハンドバッグとしてはもちろんのこと、付属のショルダーストラップを使ったカジュアル使いにもおすすめです。

■2:サイズ感も秀逸!大人カジュアルの理想を叶えるショルダーバッグ

コンテスのバッグ「SHOULDERBAG 61001」
ショルダーバッグ¥253,000【サイズ:横28×高さ18×マチ11cm、カラー: ブラック、ネイビー、トープ(※写真はブラック)】

正面に刺繍されたコンテスの王冠ロゴモチーフが目を引くショルダーバッグは、コンテス定番の「プリンセスデイリーバッグ」をベースにデザインされたもの。「プリンセスデイリーバッグ」よりもひと回り大きめで、デイリー使いに快適な絶妙なサイズ感です。

コンテスのバッグ「SHOULDERBAG 61001」
長年コンテスを支えた、王冠ロゴモチーフ刺繍がアクセントに。

クロスショルダーが可能なストラップも付属。上質感漂うなめらかなレザーが、大人のカジュアルスタイルをクラスアップしてくれます。

■3:コンテスならではのホースヘアを効かせたオリジナルデザイン

コンテスのバッグ「POCHETTE 62000」
ポシェット¥132,000【サイズ:横19.5×高さ12×マチ4.5cm、カラー:ブラック、ネイビー、トープ(※写真はトープ)】

今回のコラボレーションに際し、オリジナルにデザインされたポシェット型バッグです。正面にはコンテスならではのホースヘアが、特徴的な柄であしらわれています。

コンテスのバッグ「POCHETTE 62000」
背面にも使いやすい収納ポケット付き。カーフのなめらかな艶が、よりクラス感を高めます。

内部の収納パートも2つにセパレートされていて、実用面でも優秀です。

■4:お仕事バッグとしても重宝するトートバッグ

コンテスのバッグ「TOTE BAG 61000」
トートバッグ¥308,000【サイズ:横36×高さ26×マチ9cm、カラー:ブラック、ネイビー、トープ(※写真はトープ)】

コンテスでも人気を集める横型トート「チンツィアトートオリゾンテ」をベースに、やや大きめサイズにデザインされたトートバッグは、リモートワークが主流になり荷物が増えたという方にも最適。

肩に掛けられる十分な長さのハンドルで、パソコンなど重たい荷物を持ち運びしやすいのも嬉しいポイントです。

バッグ_1
裏地には人工スウェードを使用することで軽量化を実現。

間仕切りポケットもついた機能的なトートバッグは、お仕事バッグとしてはもちろん休日も活躍してくれます。


ソメスの技術力とコンテスならではのエレガンスが融合した新コレクションをご紹介しました。どれもカジュアルスタイルに品位をプラスしてくれる上質感が魅力です。全国のコンテスショップにて販売中なので、ぜひチェックしてみてください。

※掲載した商品の価格は、すべて税込みです。
※帝国プラザ店、日本橋高島屋店を除く都内店舗は現在休業中のため、営業再開後から発売開始いたします。
※新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下では一部情報が変更となる可能性があります。オフィシャルインスタグラムなどでご確認ください。

問い合わせ先

コンテスブティック 帝国ホテルプラザ店

オフィシャル インスタグラム

TEL:03-3501-6617

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
池尾園子