th_Nikki Beach Resort & Spa

「Nikki Beach Hotel」の車寄せに車が乗り入れた瞬間、ターコイズブルーの海と空、真っ白な砂浜が目に飛び込んで来ました。白とターコイズブルーのコントラストの美しい空間が広がって、眩しい!

外のドバイの喧騒が嘘のようです。東京で例えるなら、晴海埠頭などの港の横に、このようなパラダイスが忽然と現れる…といった感じと申し上げれば、おわかりいただけるでしょうか?

Aerial view of the resort

というわけで今回は、ドバイの特別なイベントスポット、「Nikki Beach(ニッキ ビーチ)」をご紹介します。

Nikki Beachは、1998年に起業家ジャック・ペンロッドが初めてつくった、音楽、ダイニング、娯楽、ファッション、映画と芸術をひとつにした、エンターテインメントスポットです。これまでこのホテル&リゾートを訪れたセレブリティたちと、彼らが参加するスペシャルイベントを通じ、国際的でグローバル、かつラグジュアリーなブランドに成長しました。

現在、Nikki Beachはアメリカのマイアミビーチ、フランスのサントロペ、フランス領西インド諸島のサンバルテルミー、スペインのマルベラ、マヨルカ、イビサ、モロッコのマラケシュ、タイのコサムイ、インドネシアのバリ、モナコのモンテカルロにあり、なかでもホテルを併設したリゾートタイプは、タイのコサムイ、ギリシャのポルトヘリ、トルコのボドルムと、UAEのドバイにあります。

Beach Club aerial view

ドバイの「Nikki Beach Hotel」は、海を埋め立ててつくられた、パールジュメイラにある唯一のホテルです。ドバイモールから10分の距離にあり、ジュメイラビーチロードとシェイクザイードロードの、2つの幹線道路からすぐの所に位置しています。部屋数は117室あり、15のウルトラデラックスヴィラ(一泊15000ディルハムのヴィラも!)、レジデンスユニットもあります。

Nikki Beach Hotelのロビー

ホテルの入り口を入ると木目と白が基調のロビー(上写真)があり、チェックインカウンターも深い椅子でリラックスムードです。奥にはプール右手にカフェサントロペ、左手にレストラン「キーウエスト」があります。ホテルの敷地は2kmの砂浜に沿って横長で、ホテルの横にビーチに沿ってヴィラがあり(プライベートプール付き)、その先にビーチクラブとスパがあります。

この施設の魅力は、宿泊せずともデイユースができること。ビーチやプール、レストランが利用でき、ドバイにいながら南国リゾートにいるかのような楽しみ方ができます。

いただいたフローズンストロベリーダイキリ

私が訪れた際、到着したのは正午ごろ。まだ、人はまばらです。正面のプールに面したバーで、さっそく食前酒にフローズンストロベリーダイキリをいただきながら、まだあまり人のいないホワイトサンドビーチのコバルトブルーの海、空、パームツリーをうっとりと眺めます。「一年前にできたというこの素晴らしい場所を、どうして知らなかったのか?」と自問自答しながら。

View from beach villa bedroom

ビーチを歩くと、白くきめの細かい砂が足に気持ちいい。どこか遠くの島に来たかのようです。パームツリーの高さと配置がほかのホテルと違って絶妙で、とても新鮮です。

ファラフェル入りのサンドイッチ(右)

ご当地ファラフェル(ひよこ豆を揚げたもの)のサンドウィッチを食べ終わったあたりから、続々とナイスボディの若い男女がプールサイドに繰り出してきました。

Ultimate Villa pool

綺麗なハンドバッグを持っているところを見ると、デイユースの方が半分くらいでしょうか。アップテンポの曲に合わせて踊る方も(まだ午後2時なのに…)。自分で自分は見えないので、このような客層の中でくつろいでいると、自分が彼女達のような容姿と年齢になったと錯覚しそうです(笑)。

luxe suite balcony beach view

お部屋は余計な装飾を一切省いた、シンプルなオール白。そこにターコイズブルーのクッションとベッドスローがアクセントになって本当に素敵です。

the_Ultra Suite twin bedroom

こんなお部屋に泊まれたら幸せですよね。一日中、お部屋にいたくなります(スパも魅力的なのですが)。

ちなみに先日、このNikki Beachで恒例の「ホワイトパーティー」があったのですが、週末の夜白で決めたビューティフルピープルであふれたプールサイドでの宴は、さながら『グレートギャツビー』の作品中で開催されていたパーティーの、現代版となっていたことでしょう。

この「ホワイトパーティー」は、スーパーモデルのナオミ・キャンベルがサントロペのNikki Beachで自分のバースデーパーティーを開催した際に、ドレスコードが白のパーティーを開催したのが始まりだそうです。

白は清楚でありながら華麗でクール、最高にお洒落な色ですよね。私も自宅でこじんまりとではありますが、『グレートギャツビー』パーティーを企画したいと思います。テーマが決まっていると(仮装していると)、初対面でも話が弾むのです。

ドバイにいらっしゃるマダムにお勧めしたい周遊コースとして、①ゴールドスーク、スパイススークで濃厚でアラビーな時間を過ごし、②ドバイモールでヨーロッパの名品をお買い物した後、③この中東のサントロペ(古典的に言うと砂漠にオアシス?)「Nikki Beach」に立ち寄られることを、強くお薦めいたします。

問い合わせ先

  • Nikki Beach Resort & Spa Dubai
  • Pearl Jumeirah 971 43766000
  • 1泊 1500ディルハムから(シーズンによる)
  • デイユース 平日200ディルハム(ホテル内のレストラン等でクレジットとして使用できる)、週末300ディルハム(子供6~12歳は半額)
    ビーチクラブデイユース(21歳以上のみ) 平日250ディルハム(内50ディルハム入場料、200ディルハムはpool&beach メニューで使用可)週末350ディルハム(内50ディルハムは入場料)
  • ※1ディルハムは約30円(2017年11月28日のレート)
この記事の執筆者
大学卒業後、ルフトハンザドイツ航空、カンタスオーストラリア航空勤務。その後フランス人と結婚し、その赴任先ニューヨーク、パリを経て在ドバイ15年。3人のティーンの母。趣味 生け花、美食、旅行、ピープルウォッチング(魅力的な人々が魅力的な事を魅力的な場所でしているのを見ること)。