MEN'S Preciousで活躍するファッション三賢人(本誌エグゼクティブファッションエディター・矢部克已/ファッションエディター・小暮昌弘/お洒落極道・島地勝彦)が、真の逸品を紹介するこのコーナー。今回は冬の装いを格上げする、ニットとコートが登場。さらに、頭髪までも寒くなりそうなシニアにおすすめしたい、シャンプー&リンスも(個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません)。いずれも贅沢な素材(成分)をふんだんに使ったつくりで、きっと満足いただけるはず。心も体も若々しくなって、冬を乗り切ろうではないか!

エグゼクティブファッションエディター 矢部克已PRESENTS
ザノーネのカシミアニットCHIOTO(キョウト)

本社社長への直談判で生まれた特別注文モデル!

メンズプレシャスだからこそ実現できた、大人気モデルの別注。イタリア製カシミア100%スタンドカラーニット¥11,8000(スローウエアジャパン<ザノーネ>)

 2003年に誕生したスローウエア・グループは、流行にとらわれず本物にこだわり続ける4つのファッションブランドの集合体である。パンツに特化したインコテックスをはじめ、ニットウエアのザノーネなどがその一角を成す。

 ザノーネは、選び抜かれた原毛を使った自社生産によるニットづくりで、洒落者をも唸らせる名高いブランドだ。

 このニットは、私がイタリアへ出張した折に、スローウエア本社を訪ね、直接社長に企画を相談したことから発展。極上の素材と色合いで表現した『メンズプレシャス』向けに特別につくり上げたザノーネの人気モデル『CキョウトHIOTO』である。『CHIOTO』とは、ザノーネ創業者のアルベルト・ザノーネ氏が、1990年代に京都を旅して、古都の町並みに漂う優雅な雰囲気に触発されたことから命名。

 8つのボタンを配し、襟元を覆うアウター感覚のニットとしても楽しめ、洒落た大人たちが集まる世界各国のスペシャリティストアで、今評判となっている、完成されたデザインだ。しかし、この特注モデルの『CHIOTO』は、店頭で販売されているものとは素材とディテールが違う。カシミア100%の素材でやわらかさと張りのある編み込みを表現し、品のいいベージュの色になじむ白蝶貝のボタンを選んだ。

 既製モデルのデザインを変えることなく、素材、色にオリジナリティを加えた特別注文の『CHIOTO』は、この誌上だけで手に入れられるニットの新名品だ。

  • 体を優しく包み込むようなフィット感を、ほどよい厚みの5ゲージの編み込みで表現する。バランスのいい着丈はアウター感覚のニットとしても楽しめるほか、コートのインナーとしても洒落た着こなしを演出できる。品のいいベージュが絶妙だ。
  • 上質さとエレガンスが漂う白蝶貝のボタン。大人の品格あるニットスタイルを表現するベージュのカシミアと好相性の色合いと素材だ。第一ボタンまで留めて着用するのもお洒落。
  • 二重の襟は、第一ボタンまで留めなくとも、適度に立ち上がり、首元をしなやかに包み込む。『CHIOTO』の上にダウンヴェストやジャケットを着用し、立体的な襟元が楽しめる。

ファッションエディター 小暮昌弘PRESENTS
SHINANOYAのコットン・シングルトレンチコート

紳士のための本格的なデザインと上質な素材、
さまざまな場面で着用できる汎用性が魅力!

「信濃屋」特別企画第3弾、洒落者も納得の、定番トレンチコート。¥13,8240(信濃屋・横浜・馬車道店)

 紳士が着るコートの中でトレンチコートぐらい手強いアイテムはないだろう。デザインは戦場で戦う英国軍からの要望を取り入れて考案されたもので、トレンチという言葉は言うまでもなく「塹壕」を意味する。ついついこのコートを粋にまとったハンフリー・ボガートと競ってしまう。そんな私の気持ちを慮おもんぱかってくれたわけではないだろうが、創業150年を超える老舗「信濃屋」が絶妙なさじ加減でトレンチコートをつくってくれた。

 トレンチコートといえば、ダブルブレストが一般的だが、今回のモデルはシングルブレスト。このデザインならば、ベルトを締めずにはおるような感覚で気負わずに着用できる。着丈はやや長めで、インナーにスーツやジャケットが着られるようにゆとりを持たせたシルエット。フロントの深い前合わせと脇ポケットの大きめのフラップが堂々とした佇まいを演出してくれる。まさに紳士が着るにふさわしいトレンチコートに仕上げられている。

 トレンチコートの素材といえば、コットンギャバジンに限ると常々思っていたが、今回は上質なスーピマコットンの60番手双糸を先染めし、高密度で織った国内の素材を使用。撥水加工も施され、独自の光沢を放つ。

 メンズウエア、しかも紳士のスタイルを見続けてきた「信濃屋」だからこそ、完成できたコートではないか。

  • 肩の仕様が、前から見ると一般的な「セットインスリーブ」、後ろが「ラグランスリーブ」になっている。見た目と着やすさが共存する仕様で、美しい仕立てにも職人技が感じられる。
  • シングルブレストのデザインを採用し、全体的な雰囲気がオーソドックスになったぶん、脇ポケットのフラップや襟にボリュームを持たせて堂々と。老舗「信濃屋」の繊細なセンスが香る。
  • エポーレット(肩章)やストームフラップを省いた着やすいシングルブレストのデザイン。前合わせを深く設定し、独特の雰囲気を演出する。襟やポケットのフラップも大きめに仕上げ、迫力あるデザインに。

お洒落極道 島地勝彦PRESENTS
ANGFA『スカルプD』シリーズ

もう元には戻れない!
知る悲しみを具現化した、シャンプー&リンスの類い稀なる力

右/『スカルプD・ディグニティ・プレミアムシャンプー』・左/『スカルプD・ディグニティ・プレミアムパックコンディショナー』各¥10,580(アンファー)

 わたしは年甲斐もなくよく眠るほうである。だから毎朝10時ごろ、寝過ぎの頭をボウッとさせながらバスルームに入って最初にやる儀式は、『スカルプD・ディグニティ・プレミアムシャンプー』で髪を洗うことである。浴室中がライムの香りで包まれるなか、わたしは少しずつ覚醒していく。もう2年以上やっているこの華麗なる儀式は、わたしにとって自己満足の極きょく致ちなのだ。髪を洗い流した後、同じシリーズの『スカルプD・ディグニティ・プレミアムパックコンディショナー』を丁寧に頭皮に塗り込む。それから、歯を磨いたり、髭を剃ったり、洗顔したりして、ボディシャンプーでブラッシングする。その間、馥郁(ふくいく)たる『スカルプD』のフルーティな香りに包まれ続ける幸せは、刺激的な一日のはじまりを予告しているかのようだ。ちょうどそれぐらいの時間、髪と頭皮を『スカルプD』のコンディショナーに浸しておくと、髪の毛に弾力が出てくるような気がする。

 事実、わたしは若いころ理容室のおじさんに「お客さんはハゲるタイプですね」とよく言われた。そのときは潔くスキンヘッドにするぞと、こころに決めていたのだが、どうやらそれは杞憂だった。いまや『スカルプD』の繊細なクリーミーな泡がわたしの髪の毛を守ってくれているのだ。

 どうして、たかがシャンプーが1万円もするのか、と思う向きもあるだろう。実はそれは、わたしが犯人かもしれない。

 以前、新宿伊勢丹メンズ館8階の「サロン・ド・シマジ」に『スカルプD』の従来型シャンプーの売り込みがあった。定価は4、5千円だった。わたしはそのとき「どうせなら1万円のシャンプーはつくれないのですか」と聞いてみた。そのリクエストに応えて、『スカルプD』の研究者が「きっと満足して頂けるシャンプーです」と報告に来たものがこれである。

 わたしはまず、実際に2か月間使ってみて「なるほど。これはいままでのシャンプーの概念を超越している」と直感して店頭に置くことにした。

 まさにこれは、良いモノを知ってしまったら、もう元には戻れないという、知る悲しみのシャンプー。贅沢に厳選された成分をこれでもかと詰め込んだ最上級のシャンプーとコンディショナーなのだ。泡立ちがいいからワンプッシュで頭がアワアワだ。しかも容器も実にお洒落ではないか。

 わたしは襟足の髪をキチンと揃えるため週に1回美容サロンに通っている。店長から「毛根がしっかりしてきましたね」と褒められる。これぞ1万円の値打ちである。

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

アンファー至上最高の『スカルプD・ディグニティ』は、日本初の厳選成分「リンゴ果実培養細胞エキス・モウソウチクたけのこ皮エキス・キャピキシル(アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス)」を配合。また、アンファー独自開発の「アミノウォッシュ+」で力強いクリーミーな泡立ちを実現。成分や使用感だけではない、こだわりのポイントが香りだ。だれもが親しみやすい柑橘系を採用することで、疲弊した心身に癒しを与えてくれる。頭皮と心を同時にケアできるシャンプーは、男にとって理想の一本だ。税込み価格/各1万580円その他/ボトルサイズは幅8×奥行き7×高さ20㎝。容量350㎖。日本製。開封後返品不可。※全成分の詳細についてはWEB商品ぺージ(http://www.pal-shop.jp/products/detail.php?product_id=24397)をご確認ください。

問い合わせ先

● 一部のIP電話からは ☎096-278-7795
● 営業時間:平日9:30~17:00(土日・祝日 定休日)
●年末年始のお知らせ:12月29日(金)~1月4日(木)まで休業となります。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2017年冬号 男を格上げする、唯一無二の逸品を手に入れよ!より
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/小寺浩之(ノーチラス) スタイリング/大西陽一(RESPECT)