子どもの頃はあったのに、いつの間にか消えてしまった「天使の輪」。髪にツヤがないと現れない「天使の輪」を取り戻すには、レイヤーを入れすぎないカットと、ハイライトを細かく入れるテクニックに秘訣があるようです。

【お悩み】パサついてまとまりにくい髪にツヤを取り戻したい!

ミディアム代表:小川里奈さん(39歳/カラースタイルコンサルタント)のお悩みを解決するには…

■髪型:レイヤーを顔周り中心に入れ、ベースはツヤを出やすくしたワンレングスに

完成
サイド
バック

小川さんのHAIR CHART

  1. ■やわらかさ(柔→硬) ★
  2. ■ボリューム(少→多)★★
  3. ■髪の太さ(細→太) ★
  4. ■うるおい(乾→潤) ★★
  5. ■白髪の量(多→少) ★★★

「スタイルのベースはワンレンで、耳から下にボリュームを持ってきました。髪にツヤがほしい場合、なるべく厚みのあるデザインにして、髪の表面にレイヤーを入れないことがポイントです」(kakimoto arms JIYUGAOKA スタイリスト臼木 茜さん)

カラーリングでも「ナチュラルなアッシュブラウンで、やわらかさとツヤ感を出しています。この色は小川さんのようなピンク肌におすすめですね」(kakimoto arms JIYUGAOKA カラーディレクター 安岡 勲さん)

■スタイリング:ボリュームを出したい部分は内巻きにして動きを出す

「全体的なシルエットを菱形にすると、顔の輪郭がシャープに見えます。そのためには、頭頂部の根元を立たせるようにカールアイロンで内巻きにし、耳の上あたりにボリュームが出るように、カーラーで内巻きにします」(臼木さん)

スタイリング前

■1:前髪は根元を起こすように、カーラーを斜めにして外巻きに

カーラーを前髪に

■2:ボリュームを持たせたい耳の上あたりの髪を、カーラーで内巻きに

横の髪はカーラーで内巻きに

■3:頭頂部の根元を立たせるように、カールアイロンで内巻きに

頭頂部の根元を立ち上げる

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■髪の表面のレイヤーを抑えめにしてツヤを出す
  2. ■肌のトーンに合わせたカラーリングでやわらかさとツヤを出す
  3. ■ボリューム感を出したい頭頂部は、髪の根元を起こすように内巻きにする

「白髪を染め続けると、髪色がどんどん濃くなりがち。ご自身のもともとの髪の色よりも濃くなると立体感がなくなり、肌の色にも合わなくなります。髪だけが黒々としていると、どうしても老けた印象になってしまうので、顔周りにハイライト入れて明るくするといいですよ」(安岡さん)

kakimoto arms JIYUGAOKA スタイリスト 臼木 茜さん。「幼稚園のころから書道を習っていました。毎年、年賀状は筆で書いています」
kakimoto arms JIYUGAOKA カラーディレクター 安岡 勲さん。「本場のサッカーが観たくてバルセロナへ行ったのがきっかけで、スペインが大好きに。もう4~5回は旅しています」

問い合わせ先

  • kakimoto arms JIYUGAOKA 
  • 住所/東京都目黒区自由が丘1-29-14 J-FRONTビル2F
    TEL:03-3718-4646
  • 営業時間:水~金10:00~20:00 土・日祝9:00~19:00
    定休日:月・火曜
kakimoto armsの本店。スタイリスト、ヘアカラーリスト、ネイリストが「自由が丘スタイル」を提案してくれる。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑