髪がパサついていると、せっかくスタイリングしてもまとまりにくいもの。だからといって、スタイリング剤でカチッと固めたり、束ねるだけのスタイルはもう飽き飽き。

そんな悩める髪のお悩みを解消すべく、パサついていようとボリュームがなかろうと、ツヤツヤなふんわりヘアになれるテクニックをご紹介します。

【お悩み】パサパサでボリューム不足の髪をふんわりツヤ髪に見せたい!

ミディアム代表:桐生繭子さん(40歳/会社員)のお悩みを解決するには…

■髪型:レイヤーを入れすぎず、毛先に動きをつけてふんわり感を演出

完成
サイド
バック

桐生さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬) ★★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ(細→太) ★★
  4. うるおい(乾→潤) ★
  5. 白髪の量(多→少) ★★★

「全体的にふんわりさせようと、髪にレイヤーを細かく入れてしまうと、ちょっと古くさくなってしまうので要注意。全体を重めにして、レイヤーは少なめにするのがポイントです」(naturaクリエイティブ ディレクター 内藤新士さん)

頭頂部の髪は残しつつ、前髪の毛先につながるようにレイヤーを入れたのがこのスタイル。「毛先に動きが出るようにするとふんわり感が演出できます」(内藤さん)

■スタイリング:ドライヤーの熱を利用してブローしながらツヤを出す

「ブラシで軽く引っ張りながらドライヤーをあてると、髪がピンッと真っ直ぐに伸びるので、ツヤが出やすくなります」(内藤さん)

頭頂部に立ち上がりをつくりたいときは、「ドライヤーをあてたら、必ずクールダウンさせること。このひと手間でカールが長持ちします」(内藤さん)

スタイリング前

■1:髪の根元にドライヤーをあてながらブローしてツヤを出す

毛先ではなく根元に

■2:生え際から頭頂部にかけてカーラーで外巻きに。ドライヤーを2~3分あてたら、5分ほど冷ましてからカーラーを外す

冷ますのがポイント

■3:手のひらにワックスをつけ、毛先を揉み込むようにしてなじませる

毛先だけに揉み込む

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■切るときにレイヤーを細かく入れない
  2. ■髪の表面をブローしてツヤを出す
  3. ■カーラーで巻いて熱を加えたら、必ず冷ましてから外す

「ワックスをなじませるとき、髪をなでつけるようにすると、せっかくのふんわりスタイルがペタ~ッとなります。ワックスは毛先だけになじませてください」(内藤さん)

naturaクリエイティブ ディレクター 内藤新士さん。小学6年生の息子さんと一緒に過ごすのが楽しみとか。「野球の試合をよく観に行きます。打率や防御率など、僕より息子の方が詳しくなっちゃいました」

問い合わせ先

  • natura
  • 住所/東京都港区南青山5-2-15 ヴィオレ南青山2F
  • TEL:03-6427-4742
  • 営業時間:月・火・木・土10:00~20:00 水・金12:00~22:00 日祝10:00~19:00
  • 定休日:第一月曜、第三火曜
「NATURAL=自然」から生まれたnatura。自然に溶け込み、どんな時代にも左右されないスタイルを提案してくれる。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑