年を重ねるごとに髪のクセが激しくなってきた…と感じませんか? このクセは抑え込むことに力を注ぐよりも、その特性を生かして、ヘアスタイルに組み込んでしまうのが手っ取り早いかもしれません。

「弱点を最良の武器に変えるテクニック」を、プロの美容師に教えてもらいました。

【お悩み】すぐにうねって広がる髪を何とかしたい!

ショート代表:三浦千春さん(42歳/販売)のお悩みを解決するには…

■髪型:重めのベースカット+パーマで毛先の動きを生かす

完成
サイド
バック

三浦さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬) ★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ(細→太) ★★★
  4. うるおい(乾→潤) ★★★
  5. 白髪の量(多→少) ★★★

「髪質はとてもいいのですが、広がりやすいのが三浦さんの髪。鉢の部分が膨らみやすく、ヘンなボリュームが出てしまう…という方も多いですよね。その場合は髪の重さで広がりを抑えるのがおすすめ。髪のうねりを生かすようにパーマをかけると、お手入れもしやすくなりますよ」(Rougyヘアデザイナー・二階堂雪さん)

■スタイリング:毛先をワンカールしてぬけ感を演出

広がりやすいとはいえ、ペタ~ッとしたストレート髪では老け印象になりがち。「髪を乾かすときは、根元を立ち上げるようにドライヤーをあててください。毛先はカールアイロンでワンカールさせると、スタイルに華やかさが生まれます」(二階堂さん)

スタイリング前

■1:髪の根元を立ち上げるようにドライヤーをあてる

毛先ではなく根元に

■2:カールアイロンで毛先だけひと巻きさせる

毛束をとって巻く

■3:手のひらにワックスを広げたら、毛先だけ揉み込むようになじませる

内側や根元にはつけない

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■ボリュームを上につくったら襟足を軽くしてメリハリをつける
  2. ■弱点のうねりを味方にして、そのクセを生かす
  3. ■毛先のワンカールで大人のかわいらしさを演出

「前髪をつくっておくと、生え際の白髪が目立ちにくいメリットがあります。染めるときも1色ではなくハイライトを入れると立体感も出るため、おすすめですね」(二階堂さん)

Rougy ヘアデザイナー・二階堂雪さん。バッグには常に本が2冊入っている読書好き。「いつも図書館で10冊は借りてます。読み終わったら、すぐ次の本が読みたくなるほど活字中毒です」

問い合わせ先

  • Rougy 
  • 住所/東京都港区南青山3-10-32 Aoyama Morita bldg1F
  • TEL:03-6804-6082
  • 営業時間:火~木11:00~20:00 金12:00~21:00 土・日祝10:00~19:00
  • 定休日:月曜、第1・3火曜(月曜が祝日の場合は火曜に振り替え)
ひとりひとりの髪質や個性を生かしたスタイリングを提案してくれる大人の隠れ家的サロン

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑