一年中、つい頼りがちなのが黒。
でも黒ほど難しい色もないな…とよく思います。
黒一色でコーディネートしてしまうと
どうしても怖いオンナに見えてしまったり、
べったりと重苦しい印象になってしまったり。
そこで、ほかの色と合わせることを試みるのですが
黒×白や黒×赤など、コントラストの高い配色は
体を分断してしまうので、小柄な私の場合
バランス悪く見えてしまう危険性大。
いい配色法はないものか? と模索していたところ
昨年の冬くらいから、黒に紺を合わせると
ダークカラー同士がなじんで
全身がスラリと見えるだけでなく、
洗練された雰囲気になることに気づきました。

迷彩柄のパンツは、キッズラインのもの。背が低いため、いわゆるSサイズコーナーも、子供服売り場もよくチェックします。どちらも10㎝刻みなどでサイズがそろっていたりするのがありがたい限り。キッズはガールズよりボーイズのほうが、大人でも着やすいシンプルデザインが見つかるようです。ニット/ジル・サンダー Tシャツ/プチバトー 時計/シャネル 靴/ジミーチュウ

今年はその理論を応用して、黒×カーキ配色に挑戦。
写真ではわかりづらいのですが、ボトムは
黒とカーキが混ざったような迷彩柄になっていて
コーディネートの表情にもなってくれます。
カーキは数年前から流行色のひとつとして
注目を集めていましたが、
今やアイテムも豊富に登場しているので
似合う一着が見つかりやすくなりましたよね。
さらに、ちょっと“外した”雰囲気が出せて
おしゃれっぽく見える便利な色だと思います。

『セルペンティ ヴァイパー』は、小ぶりだけれど、意外なほど収納力の高い優れもの。内側はオレンジのレザーになっていて、開けるたびに気分が上がるだけでなく、中身を探しやすいのも魅力。3つに分かれたコンパートメントも計算されていて、手帳や長財布など、仕事に必要なものが過不足なく納まります。ショルダーストラップを付ければ、カジュアルに斜め掛けも可能

ちなみに、この日は外出もお客様の予定もない
仕事日。だからこそ迷彩柄のジョグパンという
カジュアルなボトムで出社しましたが、
そうはいっても、ラフすぎるのはNG…と思い
バッグと靴はきちんと感を意識しました。
ブルガリのバッグ『セルペンティ ヴァイパー』は
カーキと黒の配色が、まさに理想的。
しかもトップハンドルのデザインが
クラシカルで女らしいのです。
さらに足元もジミー チュウの
カーキスエードのパンプスで、
辛口のエレガンスを加えたつもり。

ちなみにニットのすそ(首回りは失敗…)に
Tシャツの白をのぞかせ、
さらに時計にも白を選んだのは
黒とカーキという、ややハードな配色に
清潔感が出せるかな? という狙いでした。
この配色の魅力にとりつかれて以来
カーキのスカートやらタートルネックやら
少しずつ、買い足しています。
黒と上手に繋いでくれるバッグと共に
着こなしてみたいと画策中です。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152cmの着こなし】シリーズはこちら

この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。