1989年から25年間運行し、2015年に惜しまれつつその幕を閉じた、日本の豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」。その伝統を受け継ぎ、2017年6月17日にデビューするクルーズトレインが、「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレスみずかぜ)」です。

山陽、山陰沿線のそれぞれ上り、下りの1泊2日の片道タイプと、山陽・山陰を巡る2泊3日タイプの計5コースから選べます。

大自然を空間いっぱいに感じられる展望車 ©JR西日本

心休まる懐かしさを感じさせる「ノスタルジック・モダン」を意識したデザインに、アールデコ調をベースにした上質なインテリア。世代・性別を問わず、落ち着いた旅が楽しめそう。

ツインルームのイメージ ©JR西日本

中国地方5県の木材を用いたドアや、沿線の伝統工芸品があしらわれた室内。ハンガーや茶わん、収納箱に至るまで、沿線の地元で活躍する作家の作品に囲まれて過ごせるとは、楽しみも倍増。ベッドは収納式で、昼間は広々としたリビングルームに。開閉できる窓から風を感じることもできる、究極のリラックス空間です。

緑にゴールドが映える車体の外観イメージ ©JR西日本

大阪・京都駅と下関駅の間を、立ち寄り観光を挟みながら走る「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」。2016年12月5日(月)10:00~予約受付が開始されました。

ちなみに、山陽コース・山陰コースの代表的な宿泊プランは

(1泊2日/2名利用)ロイヤルツイン:¥270,000~¥300,000
(2泊3日/2名利用)ロイヤルツイン:¥500,000~¥550,000

になる様子。気になる方は、早めのご予約を。

TWILIGHT EXPRESS 瑞風

http://twilightexpress-mizukaze.jp/

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.9.1 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
クレジット :
構成/安念美和子