肌の潤いを取り戻すためには、基本のクレンジングこそ見直しを

冬は、肌から無慈悲に潤いを奪い取ってしまう季節。それだけではなく、乾いて隙間だらけになった「冬枯れ肌」に、水分の逃げ道をつくってしまうのです。外からの敵をスルーし、抵抗力や活力がダウンしてしまうと、老化への引き金になってしまうことも。そこで見直すべきは、基本となる毎日のスキンケア。まずは、一日の終わりに必須のクレンジングに注目! 寒さで緊張した肌をほぐしながら、濃厚な美容成分で代謝を助ける、「冬枯れ肌」に最もふさわしいクレンジングをご紹介します。

「冬枯れ肌」のためのクレンジングは、クリームタイプしかありえない!

オイルやミルクなどさまざまなクレンジングがありますが、今の季節に選びたいのは断然クリームタイプ!

どんなタイプのクレンジングを選ぶかは、嗜好によっても大きく分かれるところ。油で脂をスッキリ取り去る「オイルタイプ」、穏やかなタッチで汚れをそっと吸い取る「ミルクタイプ」、スピード感なら並ぶモノなしの「2 in1タイプ」など、それぞれに魅力的なのは確かです。

しかし、潤いを失った冬の枯れた肌を一気によみがえらせるためには、迷わずクリームタイプをセレクトして! 肌が欲する上質な水分と油分を、ベストバランスで配合しているのがクリームタイプのクレンジングだからです。そのなめらかにして豊かな膜でマスクのように肌を密封しながら、汚れや古い角質を浮き上がらせて巧みに絡めとっていくのは、このタイプだからこそできる技。メークを落とす間、一瞬たりとも肌に乾くスキを与えず、それどころか有用な成分を惜しみなく注ぎ続ける。それこそが、何にも代えがたいメリットといえるでしょう。

クリームタイプを選ぶなら、美容成分がたっぷりと配合されたラグジュアリーなものを

ランコム アプソリュ ピュアクリーム クレンジング

事実、クリームという形状だからこそ盛り込める美容成分もあり、高機能クリームのパワーに匹敵するほどのトリートメント力やリペア力を誇るものも存在します。メイクオフという目的を遂行しながら、同時にエイジングケアまでやってのける、それがクリームタイプのすごいところ。そこで選びたいのは、ラグジュアリーラインの上質なクレンジング。もちろん、その理由は先進の美容成分を配合しているからといえますが、もうひとつ、質感が洗練と優雅を極めていることも大きな理由です。

例えば、ランコムの人気エイジングケアシリーズから生まれたクリームタイプのクレンジングは、肌の再活性化を図る、贅を尽くした成分構成。蜜のようにとろけるテクスチャーも、従来のクリームタイプと一線を画す心地よさで、まさに慈しみながら汚れを落とすクレンジングの代表格です。

一日を最良の気分で終えられるかどうかは、明日の肌の活力にもかかってくるもの。クリームタイプのクレンジングなら、替えたその日から潤いが戻り、その成果が必ず「冬枯れ肌」に現れてくるのです。

PHOTO :
戸田嘉昭・辻郷宗平(パイルドライバー)
EDIT&WRITING :
松澤章子、荒川千佳子、五十嵐享子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦