水分をはじきやすく、内部までスカスカになってしまう冬の乾燥肌。そんな「冬枯れ肌」には、細胞のすみずみまで水分を巡らせ、蓄えてくれる、浸透力の高い万能型化粧水を選びましょう。単なる水分補給アイテムという本来の目的を超越した、万能型化粧水のパワーを有効活用するためには、「2度づけ」が必須! 「コットンづけ」と「手のひらづけ」により肌を潤いで満たす、化粧水のつけ方の4ステップをご紹介します。

まずはコットン、さらに手のひらでも!4ステップのつけ方で潤いがアップ

上から順に「額」「毛穴」「頬や手元」「首筋」をケア

コットンに広く行きわたるように化粧水を含ませたら、まずは肌の上を軽く滑らせるように、大きなストロークで水分をなじませていきます。この拭き取り動作により、肌は一段クリアな印象に。さらに、下から上へと毛穴にも潤いを入れ込むイメージでパッティングしていくと、心地よい刺激で血流がアップ。潤いがスムーズに巡り始め、やがて磨き上げたような艶も生まれてきます。

そうして肌全体に水分が行きわたったら、今度は手のひらに化粧水を数滴とり、乾きやすい頬や目元、口元にヒタヒタと重ねづけを。手のひらで軽くプッシュしながら、潤いを肌に移すイメージで行いましょう。「もうこれ以上入らない」と思っていても、手のひらで温められた肌は再び潤いを吸収! 肌がふっくらとよみがえるのを実感することができるはずです。

■1:化粧水を含ませたコットンを額におき、肌をクールダウン

化粧水を含ませたコットンを額におき、肌をクールダウンさせる

額の中央は肌の温度センサー。化粧水を含ませたコットンをここに貼ってひと息おくと、肌が鎮静されてケア効果もアップ! 化粧水をつける前の準備段階となる、ぜひ覚えておきたいステップです。

■2:1度目は、コットンを使って潤いを毛穴へと送り込む

1度目は、コットンを使って化粧水の潤いを毛穴へと送り込む

コットンに化粧水をたっぷり含ませ、優しく拭き取るようになじませます。次に、軽やかなパッティングで、水分を毛穴の奥までしっかりと送り込みましょう。

■3:2度目は、手のひらを使って乾きやすい部分へアプローチ

2度目は、手のひらを使って特に乾きやすい部分を重点的に

化粧水を数滴手のひらになじませたら、その手で頬や口元など乾きやすい部分をプッシュ。目の周り、眉間は指の腹でピタピタとなじませます。

■4:顔全体に化粧水を塗布したら、忘れてしまいがちな首筋もケアしてフィニッシュ

最後は、忘れがちな首筋のケアも行って終了

本当は乾いているのに、つい忘れてしまいがちなのが首筋のケア。手のひらで全体に塗布したら、耳元から鎖骨へとリンパを流すと代謝も上がります!

化粧水の潤いを、しっかりと肌へと送り込むことができる「2度づけ」。普段のスキンケアにひと手間を加えるだけで、そのパワーを余すところなくいただくことができるのです。

PHOTO :
鈴木 宏
HAIR MAKE :
尾花ケイコ
MODEL :
真樹麗子(Precious専属)
EDIT&WRITING :
松澤章子、荒川千佳子、五十嵐享子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦