加齢とともに髪が細くなる…とは言え、もともと毛量が多く髪が太い人は、ボリュームを抑えるために、毎日ブローが欠かせないのではないでしょうか? ボリュームを減らすために髪をすくと、ツヤが出にくくなり、短くし過ぎると余計に広がってしまう…

そんなお悩みにぴったりなスタイルを紹介してもらいました。

【お悩み】毛量が多すぎて広がり&パサつく髪を落ち着かせたい!

ミディアム代表:大川千恵子さん(50歳/主婦)のお悩みを解決するには…

■髪型:膨らみやすい耳の後ろをすき、あとは重さで落ち着かせる

完成
サイド
バック

大川さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬) ★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ(細→太) ★★★
  4. うるおい(乾→潤) ★
  5. 白髪の量(多→少) ★

毛量を抑えるために髪をすきすぎるとツヤが出にくくなるので、一番膨らみやすい部分だけすいているのがポイント。「特に大川さんの髪は内側にクセが出やすいので、耳の後ろをすいて、ツヤが欲しい表面の髪はすいていません。広がりやすい髪を落ち着かせるには、トリートメントでしっかり保湿するだけで落ち着きますよ」(六本木美容室 白金店 スタイリスト 笠原優花さん)

ぱっくりと割れやすく、うねりやすい前髪は、「厚めに、眉上でそろえています。ちょうど眉間のしわや額のしわも隠れるので、しわが気になる方におすすめの長さです」(笠原さん)

■スタイリング:引っ張りながら内巻きにして広がりをセーブ

毛量が多いとアイロンを当てる時間も回数も長くなりがち。「高温のアイロンをずっと当てていると、髪へのダメージが心配です。130℃くらいの低め温度でスタイリングをしてください。毛量の多い人はアイロンにブラシがついたホットロールブラシやクルクルドライヤーだと、多い毛束を一気に伸ばせるので使いやすいかもしれません」(笠原さん)

スタイリング前

■1:前髪の根元までしっかり濡らし、ドライヤーを根元に当てながら指で地肌を擦るように乾かす

 

■2:ホットロールブラシで毛束の真ん中あたりから、引っ張りながら内巻きにする

 

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■眉間や額のしわを隠すためにも前髪を作る
  2. ■前髪のクセは、根元から伸ばす
  3. ■ツヤを出すためにすきすぎは厳禁

前髪は真っ直ぐに伸ばすというよりは、サイドに流すのがポイント。「人の視線は毛先の流れる方向に集まるので、目元のしわやクマが目立たなくなります。しわを隠すには前髪をつくるのが一番です」(笠原さん)

六本木美容室 白金店スタイリスト・笠原優花さん。「口紅を集めるのが大好き。面白い色やドギツイ色を見つけるとついつい買っちゃいますね。今はボルドー系の色にハマっています」

問い合わせ先

芸能人やセレブたちがお忍びで通う、居心地のいいサロン

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑