京都にしっとり溶け込むように楽しむ、大人かわいい「街歩きカジュアル」

今や、世界中の旅行者が雅な美しさを求め殺到する京都。しっとりと落ち着いた「本来の京都」を味わいたいならば、「冬」という季節を選ぶのが正解です。重厚な雰囲気に、思わず襟を正してしまいたくなるほどの歴史ある古都ですが、自由気ままな「街歩き」も旅慣れた大人の女性ならではの楽しみのひとつ。そんなときは、クラシカルな街の雰囲気を意識した、きちんと感の漂う端正なカジュアルがおすすめです。

ベースになるのはシンプルに徹した上質素材のアウターやニット。「地味」と思うくらいのシックな色調に、きれいな色や小物でひと匙の甘さを加えるのが「街歩きカジュアル」の基本。そして、足元は軽やかなフラットシューズを。身も心もワクワク弾むおしゃれをして、いざ冬の京都へ!

■1:ミンクコート×フラットシューズで、軽やかに暖かく街歩きを楽しむ

コート(アディアム 東京ミッドタウン店〈アディアム〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(Theory)、バッグ(STEP inc.〈モワナ〉)、靴(FUN Inc.〈CHEMBUR〉)

グレージュからオフホワイトへ…気品が漂う淡い色調のグラデーションが、しなやかな存在感を発揮。ダークトーンの京都の街並みに優しく映えます。カシミヤとミンクファーを組み合わせたリッチなコートは、細身のシルエットと軽さが旅先のアウターとしても秀逸。防寒も兼ねたラグジュアリーなアウターは、フラットシューズと組み合わせることで、寒さの厳しい京都の街歩きも軽やかに楽しめます。

■2:定番のトレンチには黒小物を組み合わせ、辛口配色で都会的なスタイルに

コート・パンツ・サングラス・バングル・ストール・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)

トレンチコートにタートルニット、 ダブルモンクストラップの男靴…。 メンズライクな着こなしも、ウエストをきゅっとマークした、タイトなシルエットに全体をまとめているから、モード感あふれる大人の女を印象づけてくれます。さらに、歩きやすさを考慮した靴選びも、京都の街では重要なポイントに。かっちりとした黒のフラットシューズで、颯爽と石畳を闊歩しましょう。

■3:いつもより少し「攻め」の気分で。ワントーンの着こなしに鮮やかな赤が映える!

コート(アストラット 青山店〈アストラット〉)、ニット(FUN Inc.〈VONDEL〉)、パンツ(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ステディ スタディ〈パコ・ラバンヌ〉)、靴(JIMMY CHOO)

旅先では、ほんの少しだけ攻めの気分で臨みたいもの。そこで、ダブルフェースのチェスター×濃いめのデニムという定番のネイビースタイルには、鮮やかな赤のバッグを投入してみましょう。ウインドーに映った自分の姿に、「わっ、かわいい!」と思わず口にしてしまいそうです。

■4:ラグジュアリーなファーケープは、シックにまとめて女性らしく知的な印象に

ケープ・ニット・パンツ・グローブ・バッグ(ロロ・ピアーナ)

ベージュやグレーなど、ベーシックな淡色だけでまとめたコーディネートは、品のよさを狙う「きれいめカジュアル」の理想形です。主役となるのは、襟元にたっぷりとチンチラファ-をあしらった、ベビーカシミヤ100%のケープ。ともすれば老けて見えがちなファー付きアウターですが、合わせるものをタートルや細身テーパードなど、トラッドを意識したアイテムに限定すれば、難なく回避することができます。ラグジュアリーなファーに辛口のかっこよさが加わり、知的な印象の着こなしが完成します。

■5:シャープな薄軽ムートンコートは、ひんやりと寒い朝の散策にもぴったり

コート(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ネックレス【90cm】・【120cm※2連にして使用】(チェルキ〈ミッレ〉)、グローブ(リーミルズ エージェンシー〈デンツ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店)

ボリューミーなシルエットで、ラグジュアリーな印象を与えてくれるムートンコート。膨張して見えないよう、シェアリング(毛刈り)が施されているもの、チェスターなどのシャープなデザインを選ぶのが正解です。薄くて軽いムートンコートは、ひんやりとした寒い朝の散策にもぴったり。

■6:体を包み込む上質なカシミヤマントは、寒さが厳しい街での強い味方に

マント(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、ニット(スローン)、パンツ(Theory)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン〈ゼニス〉)、グローブ(showroom SESSION〈コース〉)、バッグ(ステディ スタディ〈パコ・ラバンヌ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)

スコットランドを代表するカシミアブランド、ジョンストンズ。地厚で大判のマントは、上質なカシミヤ100%だから、寒さが厳しい冬の京都でも強い味方となります。体をすっぽりと包み込むボリュームシルエットには、細身のパンツを合わせ、すっきりとまとめることがポイントです。

■7:お座敷には断然スカート!端正な着こなしで和食を堪能

ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スヌード(wb)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO)、タイツ/スタイリスト私物

京都を訪れる楽しみのひとつは、本格的な和食を堪能できること。たとえば、格式ある料亭に出かけるときは、靴を脱ぐことを想定して、パンツより断然スカートがおすすめです。深みのあるベリーカラーのスカートには、黒のフェミニンなニットを合わせ、きれい色を引き立てましょう。

■8:冬こそきれい色が映える!ドライピンクのコートを主役に、甘さを抑えかっこよく

コート(REYC)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)

地味になりがちな冬旅スタイルを新鮮に着映えさせるのは、きれい色=ドライピンクのコート。形は辛口に徹したチェスタータイプを選び、ほかはモノトーンにすることで、ほんのりかわいく、そしてかっこいい都会派スタイルが完成します。合わせる小物には、クリーミーな色調のワンハンドルバッグや、斬新なデザインと清潔感が融合したパールアクセサリーをチョイス。優しい色使いが、ピンクの鮮やかさをさらに引き立てます。

■9:オールブラックの着こなしもラグジュアリーに。女性らしく知的なトラッドスタイル

コート・ニット・パンツ(イヴ・サンローラン〈サンローラン〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン〈ゼニス〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(リエート〈サントーニ〉)

ブラックデニム×厚手メルトンのピーコート…という、洒落男好みの本格トラッドも、リッチなファーバッグをプラスすることで、女らしさがさりげなく加わった鮮度の高いカジュアルスタイルに! そこに1点だけ投入したキャメルのニットが、オールブラックの装いに抜け感を与えてくれます。インナー以外は徹底的に黒で統一した知性あふれる着こなしは、旅先のアートスポット巡りにもふさわしいスタイルです。

古都・京都のクラシカルな街並みにもしっくりとなじむ、上品なカジュアルスタイル。きちんと感のある端正な着こなしは、京都以外の観光地での散策にもぴったり。旅先での街歩きを、より一層楽しむことができそうです。

PHOTO :
熊澤 透(人物)、佐藤 彩(静物)
STYLIST :
髙橋リタ
HAIR MAKE :
川原文洋(UM)
MODEL :
生方ななえ
COOPERATION :
真宗大谷派 大谷祖庿、大本山 東福寺、芬陀院
EDIT&WRITING :
矢野絵梨佳(HATSU)、喜多容子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦