【目次】

【黒】との暗色コンビなら大人顔に


ブラウンと黒はどちらも暗色なので、相性がとても良いです。暗色と言えど、ブラウンは暖色に分類されるためコーディネートが沈んで見える心配もありません。挑戦しやすい色合わせなので、まずは黒を掛け合わせてみてはいかがでしょうか。

さらっとシンプルが様になるブラウンシャツ×黒パンツ

 

リラックス感のあるシャツとゆったりパンツの組み合わせも、大人らしいブラウンと黒の組み合わせならカジュアルに傾かずシックに着こなせます。潔いノーアクセサリーのエフォートレスな装いは、アイグラスで知的さをプラス。

レザージャケット×スウェードパンツでメリハリ高く

 

定番配色のシンプルルックは、レザーとスウェードの異素材を組み合わせることで立体感が楽しめます。すっきりしたジャケットなので、ボトムスはフレアで流れるようなラインを形成。

色味の違うブラウンを重ねて

 

ブラウンのタートルネックニットトップスに、赤茶色のジャケットとブーツを合わせて奥行きをつけた着こなし。締め色の黒を投入すれば、大人カジュアルなコーディネートが完成です。

赤みブラウンのスカートでレディに魅せて

 

淑女のような気品が漂う、黒のタートルネックニットTとフレアスカートの組み合わせ。赤みを含んだブラウンを選ぶことで、よりエレガントな印象へ。

ブーツで重厚感を足せば今っぽいバランスに

 

ブラウンのジャケットと黒スキニーパンツを合わせた綺麗めコーディネートに、筒型のブーツを合わせて重厚感をプラス。足元に重みを置くこのバランスが、今っぽく導くための鍵です。

【白】でコントラストしっかりのメリハリコーディネートへ


ブラウンもぱっと明るくなる白を組み合わせることで、メリハリがしっかり効いたリズミカルな装いになります。清潔感のある色合わせなので、好印象に導きたい時にもぴったり。

下半身に明るい白を置いて軽やかに

 

ダークブラウンのケーブルニットトップスは、白のデニムパンツ合わせで軽快に。黒のベルトを加えることで、引き締め効果だけでなくきちんとした印象も宿ります。

ブラウン投入で奥行きを作って

 

シャープな白の上下にオフホワイトのアウターを重ねたホワイトコーディネートは、間にくすみブラウンを忍ばせることで奥行きを作っています。マニッシュな装いにマッチするよう、ピタッとまとめたタイトヘアがスタイリッシュ。

白パンツで抜け感たっぷりに

 

秋冬に心地よいブラウンのニットパーカーに、明るいブラウンのチェックジャケットを羽織ってグラデーションスタイルへ。軽やかな白ボトムスとナチュラルなベージュブーツの組み合わせで、抜け感を加えています。

シンプルにきめた大人のエフォートレスルック

 

オーソドックスな白Tシャツに、ゆったりシルエットのブラウンワイドパンツを合わせて気負わないエフォートレススタイルへ。パールネックレスやかごバッグの小物テクを効かせ、シンプルながらも小気味よく。

【グレー】で落ち着きのある上品コーディネートに


あたたかみのあるブラウンに寒色であるグレーを組み合わせると、洗練感のある上品コーディネートに仕上がります。都会的なムードが上がる配色、是非活用してみてください。

配色と素材にこだわったシンプルスタイル

 

トップスとボトムスのワンツーで完結するシンプルコーディネートは、品格漂うグレー×ブラウンの配色と、ケーブルニットとレザースカートの異素材合わせで感度高く仕上がります。その二色が引き立つよう、小物はベージュでミニマルに。

知的なグレー合わせで品よくまとめて

 

穏やかな印象のブラウンコートですが、グレーのプリーツスカートを合わせることでスタイリッシュな装いへと導けます。上下にバランスよく黒を配置して、引き締めているのも参考になります。

ロゴスウェット合わせでカジュアルダウン

 

ハードルが高い印象のレザーパンツも、ブラウンを選ぶことで品よく、そしてグレーロゴスウェット合わせでデイリーに引き寄せています。色のトーンを変えたブラウンジャケットで、統一感を持たせて。

【ベージュ】は同系色なので一体感が作れる


ベージュはブラウンと同じ仲間に分類され、統一感のある着こなしへと導けます。またベージュ×ブラウンは旬の配色なので、今っぽくきまるのも嬉しいポイント。優しい雰囲気で、まとう人も柔らかく見せてくれる効果が。

ベージュ×ブラウンのフェミニンスタイルで品よく

 

レディなダークブラウンのセットアップスタイルに、親しみ慣れたベージュのチェスターコートを合わせて親近感を加味。小物でカラーを取り入れながらも、ほんのりくすんだ色味なら品の良さは損ないません。

チェック柄でぼんやりするのを回避

 

同系色だからこそ、時にはやや無難に見えてしまうブラウンとベージュの組み合わせ。そんな時は、チェック柄のブラウンアウターを主役にすることで地味になりません。ベージュパンツで繋ぎを意識しつつ、黒ではなく白小物合わせでスタイリッシュな雰囲気に。

ベージュで挟んで立体コーディネートへ

 

こげ茶のトレンチコートを軸に、インにはグレージュの上下、アウトにはベージュニットを添えて奥行きスタイルへ。ストールのようにくるっと巻いた薄手のニットトップスが、メリハリ付けに有効です。

明るいブラウン×ピンクベージュでトーンアップ

 

主役になるアウターは明るいブラウンのチェック柄、インにはピンクベージュを取り入れることで落ち着いた配色でも新鮮な表情が楽しめます。トーンの違うベージュパンツと小物が抑揚コーディネートに貢献。

【カーキ】とのアースカラーコーディネートで垢抜けさせて


自然を想わせるカーキとブラウンの組み合わせでアースカラーにすれば、品の良さがありながらも垢抜けた印象が手に入ります。大人にぴったりなこの配色、早速挑戦してみてください。

ハンサムなカーキに上品ブラウンを添えて

 

渋さがあり、大人の魅力たっぷりなカーキのロングコートに、ブラウンのパンツを合わせてシックにきめた着こなし。繋ぎ役の白トップスを投入すれば、暗色同士でも間延びせずメリハリある装いに整います。ゴールドのロングネックレスの重ね付けで、華やぎをプラスすればパーフェクト。

ロング×ロングで手に入れる大人の品格

 

エレガントな佇まいに導けるのは、歩く姿が様になる縦に細長いシルエットのおかげ。カーキのタートルネックニットワンピースに、きゅっとウエストが締まったデザインのブラウンロングコートを足して、女性らしいラインを作っています。

プリーツスカートでニュアンスを宿して

 

しっかりとした生地のブラウンジャケットに、色のトーンを合わせたカーキのプリーツスカートを合わせて揺れを加えれば、表情たっぷりに仕上がります。濃いブラウンのブーツでコーディネートを優しく引き締め。

【ネイビー/ブルー】の寒色×暖色コンビで互いの色を引き立てる


暖色であるネイビーに、寒色のネイビーやブルーを合わせることで互いの印象が引き立ち、メリハリしっかりなコーディネートが出来上がります。チャレンジしやすいデニムパンツコーディネートもピックアップしているので、明日から取り入れてみてはいかがでしょうか。

カジュアル×エレガントのテイストミックスに

 

カジュアルなネイビーのプリントTシャツに、シックなブラウンのチェックスカートを合わせたテイストミックススタイル。難易度が高そうなスカートも、慣れ親しんだTシャツとなら手を伸ばしやすくなりますね。

ノーブルなネイビーで引き締めて

 

トレンチコートとスラックスのシンプルスタイルも、明るいブラウンとネイビーとの組み合わせなら新鮮に着こなせます。定番アイテムの組み合わせは、配色やキャッチーな小物で遊び心を加えて。

きちんと感のあるブラウンでデニムスタイルをクラスアップ

 

カジュアルの代表アイテムであるデニムパンツも、落ち着きのあるブラウンのジャケット合わせなら品のある装いに。赤みブラウンのブーツでモードをひとさじ加えれば、垢抜けて見えること間違いなしです。

定番をブラウンチェックコートでアップデート

 

定番の白カットソーとブルーデニムパンツの組み合わせも、チェック柄のブラウンコートを合わせることで華やぎがアップします。カジュアルがベースなので、真っ赤なルージュも気負いなく取り入れられます。

【赤】は意外と挑戦しやすくお洒落にきまる


ブラウンに合うベーシックカラーをご紹介してきましたが、意外と取り入れやすいのが赤との組み合わせです。暖色同士なので馴染みやすく、その上コーディネートを生き生きと見せてくれます。

赤の差し色でぱっと華やかに

 

ファーアームがブラウンの温度感を引き上げるアウターに、赤ニットを忍ばせて明るい表情に。くすんだ赤のバッグで色をリンクさせ、一体感を作っている点も参考になります。

パワフルな赤でマンネリ打破

 

オーソドックスなブラウンのニットプルオーバーは、真っ赤なパンツを合わせて着映えコーディネートを実践。アクセントになるチェック柄マフラーも、ブラウン統一で赤を引き立たせています。

ボルドーならブラウンとのマッチ度がより高く

 

赤よりもくすんだボルドーなら、中間色のブラウンとの馴染みがより良いです。おまけに上品な色合わせなので、シルバーがかけ合わさったモードなウエスタンブーツも品よくまとまります。

【オールブラウン】でこなれた雰囲気を醸して


アイテムを全てブラウンで統一することで、こなれ感のある着こなしへ。一色のみでコーディネートする場合には、色のトーンを変えることと、素材や柄でメリハリをつけるのが成功させるコツです。

濃いブラウンを全体に散りばめて立体感を

 

薄いブラウンのジャケットに、色味を変えたブラウンパンツを合わせてグラデーションスタイルに。ベルトとバッグ、そしてシューズで濃いブラウンを全体に散りばめ、立体感に繋げています。

スウェードとレザーの異素材で表情をつける

 

ブラウンのオールインワンに、濃いブラウンのバッグを合わせたスタイルは、スウェードとレザーのそれぞれ特徴のある素材を取り入れることで表情たっぷりに仕上がります。

チェック柄×赤みブラウンで華やかに

 

薄いブラウンのチェック柄セットアップに、赤みブラウンのバッグとサンダルを合わせれば華やかにきまります。メリハリラインを形成すべく添えたベルトもアクセントに。

 

 

PHOTO :
Getty Images