ひもを結んで足の甲を固定するのではなく、甲にデザインした革で足を支えるデザインが象徴的なダブルモンクストラップ。ひとつのバックル(尾錠)をデザインしたシングルモンクストラップに比べて、より足元を強調する、重厚感に満ちた表情が魅力である。英国靴の名門靴ブランド「ジョン ロブ」がオーダーメイドで生み出したのがデザインの発祥。既製のダブルモンクストラップが評判になるのは1980年代後半からで、伝統的でありながらもモダンな靴として、多くの紳士を魅了してきた。

気品あるモダンな香りを添えた英国発祥の堅牢なデザイン

黒のダブルモンクストラップ

製法/グッドイヤーウェルト 素材/カーフ 木型/9795 サイズ展開/5E~9.5 ¥180,000(ジョン ロブ ジャパン)

 1866年、オーダーメイドの靴店として、イギリス・ロンドンで創業したジョン ロブは、数々の傑作靴をつくり続けている。1942年、ウィンザー公の注文を機に、ジョン ロブ2代目当主のウィリアム・ロブが、飛行士の靴をヒントにつくり出したのが、ダブルモンクストラップの靴だ。ボリュームのあるつま先とダブルモンクが、美しいバランスを保つ傑作である。すべてのダブルモンクストラップは、この靴が礎だ。

ダブルモンクの靴に合わせるならダブルスーツに合わせるのが正解

スーツ¥170,000(ビームスF 新宿〈パイデア〉) シャツ¥33,000(バインド ピーアール〈ルイジ ボレッリ〉)チーフ¥4,000(ビームスF 新宿〈ブリューワー〉) タイ¥18,000(ボリオリ 東京)

 存在感のある黒のダブルモンクストラップと、絶妙な組み合わせとなるスーツが、ネイビーのダブル6ボタン。リネン素材を使ったネイビースーツは、軽やかなラインで、美しいドレープを描き、靴との色合わせも完璧。ライトブルーのシャツにジャカード織りのストライプタイをなじませて、ダブルモンクストラップで正統的なスタイルを仕上げる。

 いかがだろう。ダブルモンクはあらゆるスタイルに合わせられる便利な靴だが、一番映えるのは、やはりスーツ。ダブルブレストスーツをお持ちなら、ぜひお試しいただきたい。

※価格はすべて税抜です。

この記事の執筆者
TEXT :
矢部克已 エグゼクティブファッションエディター
BY :
MEN'S Precious2017年春号「背広の美」が宿る本格7足の結論
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/戸田嘉昭・唐澤光也(パイルドライバー)スタイリスト/大西陽一(RESPECT)構成・文/矢部克已(UFFIZI MEDIA)