グラフは1960年の創業以来、大粒で極上のダイヤモンドのみを手がけ、現在までに100を優に超える歴史的なダイヤモンドを、この世に送り出し続けてきました。

そんな格式高い宝石商のグラフが今秋、カラット数の記録を更新!

118.78カラットの完全無傷無色、ピュアなハートシェイプダイヤモンド、その名も「ザ・グラフ ヴィーナス」が発表されたのです。

世界でいちばん美しく輝き、瑞々しく透き通ったハートシェイプダイヤモンド…素敵すぎますよね。

この「ザ・グラフ ヴィーナス」は、世界最大のハートシェイプダイヤモンドで118.8カラットというだけでなく、「Dカラーフローレス、タイプlla、蛍光性なし、ポリッシュとシンメトリーがエクセレント」という、ダイヤモンドとして究極の品質を確保しています。

■ダイヤモンドのカラットとは?

カラットはダイヤモンドの大きさ(重量)のことを言います。

1ct=0.2gが世界標準となっており、カラットが大きくなればなるほど希少で、輝きも強くなると言われています。

ダイアモンドの評価はカラットだけでなく、4Cと呼ばれる4つの評価基準で決まります。

4Cとはカラットのほかに、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(プロポーション)の4つの要素のこと。

ダイヤモンドは無色に近いほど高評価がつけられ、「ザ・グラフ ヴィーナス」のDカラーは、もっとも無色に近い、最高の評価とされています。

2015年にレソト王国のレツェング鉱山で発見された357カラットの原石を、18か月もの歳月をかけて分析、カット、研磨した「ザ・グラフ ヴィーナス」。

特別な道具を開発し、世界最高の技術と経験を持つ精鋭クラフツマンが、かつて試みたことのないプロセスでカットして完成したものだそう。

理想的なシルエットときらめきを備えたハートシェイプダイヤモンドを形作るには、完璧なファセット(切子面)のカットと、完全な対称性が欠かせません。

まさに「誰も観たことのない芸術作品」を生み出してしまったグラフ。

その匠の技術を有した宝石商が生み出すダイヤモンドに、今後も注目です!

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.10.31 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
クレジット :
文/渋谷香菜子