ほかのどんなアイテムより雄弁に、その人のセンスや生き方を映し出す腕時計。

近年はムーブメントにもこだわる女性が世界的に増え、名門マニュファクチュールもフェミニン&リッチな女性用時計に注力しています。そのなかでもひと際存在感を放っているのが、ムーンフェイズやオープンワークによって、機械式時計の魅力をエレガントなデザインへと昇華させている、ゼニス。

その数あるアイテムのなかから、大人の女性の洗練を物語るウォッチを3つ、ご紹介します。

<ITEM1>
贅沢なダイヤモンドセッティングが女心をくすぐるELITE ULTRA THIN LADY MOONPHASEエリート ウルトラシン レディ ムーンフェイズ)

マニュファクチュール・ゼニスが誇る薄型ムーブメント『エリート』を搭載している時計が、こちら(ムーブメント=時計を動かす動力機構部分のこと。機械式腕時計の場合、手巻きと自動巻きがある)。ムーンフェイズ表示を備えながら8.65㎜というケースの薄さを実現し、女性の華奢な手首にも馴染むエレガントなフォルムに。

時計『エリート ウルトラシン レディ ムーンフェイズ 33㎜』〔ケース:RG×ダイヤモンド ケース径:33㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥1,620,000

マザー・オブ・パールやダイヤモンドの輝きによって、ジュエリーウォッチとしての華やぎも宿した、女性らしいムーンフェイズ。6時位置のムーンフェイズ表示と、9時位置のスモールセコンドの美しいバランスにも、名門マニュファクチュールならではの矜持が漂います。

着こなしの洗練度を高める、ローズゴールドの魔法

艶やかなローズゴールドのケースと、チョコブラウンのダイヤル&ストラップは、冬のリッチカジュアルに華やぎを添えてくれます。

時計『エリート ウルトラシン レディ ムーンフェイズ』〔ケース:RG×ダイヤモンド ケース径:33㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥1,350,000(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス<ゼニス>)ジレ¥170,000(showroom SESSION<カール ドノヒュー>) ニット¥13,000(ピルグリム サーフ+サプライ<ピルグリム サーフ+サプライ>) ハット¥62,000(ボルサリーノ ジャパン<ボルサリーノ>) ブレスレット¥690,000・リング¥590,000(フレッドブティック 銀座本店<フレッド>)

詩的なムーンフェイズと、華やかなダイヤモンドセッティング――知性と美を兼ね備えた、女性のための機械式時計



左から:時計『エリート ウルトラシン レディ ムーンフェイズ 』〔ケース:RG×ダイヤモンド ケース径:33㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥1,620,000・〔ケース:SS×ダイヤモンド ケース径:33㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥800,000・〔ケース:SS×ダイヤモンド ケース径:33㎜ ストラップ:SSブレスレット 自動巻き〕¥940,000(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス<ゼニス>)

<ITEM2>
絶妙なサイズ感が魅力のELITE LADY MOONPHASE(エリート レディ ムーンフェイズ)

2016年に新たにコレクションに加わった、ケース径36㎜の『エリート レディ ムーンフェイズ』。

文字盤にマザー・オブ・パールを用い、「女性らしさ」と「粋」を、絶妙なバランスで表現するこのサイズ感は、機械式レディスウォッチのトレンドを牽引する“ゼニス”ならではのもの! 内包しているムーブメントは、もちろん薄型ムーブメントの名品『エリート』。9.1㎜という薄いケースが、極上の装着感をかなえてくれます。

時計『エリート レディ ムーンフェイズ』左/ダイヤモンドをあしらったローズゴールドケースが、ストラップのブラウンと響きあい、エレガントなリッチ感が加速!〔ケース:RG×ダイヤモンド ケース径:36㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥1,470,000・右/ローマ数字インデックスのクラシカルな表情と、36㎜というケース径のモダンな雰囲気が調和し、静謐な迫力を醸し出す。〔ケース:SS ケース径:36㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥630,000(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス<ゼニス>)

シンプルを格上げする、本格機械式時計のオーラ

ムーブメントの内側からも漂うオーラが、シンプルなニットにラグジュアリーなインパクトを添えてくれます。

時計『エリート レディ ムーンフェイズ』〔ケース:SS×ダイヤモンド ケース径:36㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥850,000(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス<ゼニス>) ニット¥40,000(サザビーリーグ<エキップモン>) サングラス¥29,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー<オリバーピープルズ>) ピアス¥285,000・ネックレス¥755,000・リング¥370,000(フレッドブティック 銀座本店<フレッド>)

華奢すぎないサイズ感のケースに、マザー・オブ・パール文字盤が美しく映えて

左から:『エリート レディ ムーンフェイズ』〔ケース:SS ケース径:36㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥630,000・〔ケース:RG ケース径:36㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥1,250,000・〔ケース:SS×ダイヤ ケース径:36㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥850,000(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス<ゼニス>)

<ITEM3>
女性的なきらめきと、男性的なクロノグラフが融合したEL PRIMERO CHRONOMASTER LADY(エル・プリメロ クロノマスター レディ)

前出の『エリート』とともに、“ゼニス”の二大名品ムーブメントとして、時計愛好家から憧憬を集め続けている『エル・プリメロ』を搭載。高い技術力によって精度を極めた、クロノグラフムーブメントの動きを堪能できる文字盤の小窓は、マニファクチュールのプライドをデザインに昇華させた、唯一無二のアイコンです。

時計『エル・プリメロ クロノマスター レディ』左/〔ケース:RG×ダイヤモンド ケース径:38㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥2,362,500・右/〔ケース:SS×ダイヤモンド ケース径:38㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥1,150,000(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス<ゼニス>)

ムーブメントの一部という、本来男性的なディテールを、マザー・オブ・パールの文字盤やダイヤモンドベゼルと優しく調和させ、まるでジュエリーのような華やかさに! 個性が際立ちながらも上品な雰囲気へと仕上げる…そんなデザイン力も、名門マニュファクチュールの強み。

至高のグラマラスウォッチで、ベーシックアイテムを刺激

ローズゴールド、しかもこのグラマラスなボリューム感だからこそ、あふれ出すリッチインパクトが、着こなしに程よい意外性を与えてくれます。

時計『エル・プリメロ クロノマスター レディ 38㎜』〔ケース:RG×ダイヤモンド ケース径:38㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥2,362,500(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス<ゼニス>) ブラウス¥65,000(三喜商事<イレブンティ>) ピアス¥1,690,000・リング¥1,845,000(デビアス ダイヤモンドジュエラーズ ジャパン<デビアス>)

ムーブメントの美しさを主役に据えた大胆なデザインが、ドラマティックに時を刻む

左から:『エル・プリメロ クロノマスター レディ』〔ケース:SS×ダイヤモンド ケース径:38㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥1,150,000・〔ケース:RG×ダイヤモンド ケース径:38㎜ ストラップ:アリゲーター 自動巻き〕¥2,362,500(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス<ゼニス>)

時計の真価を希求する、女性の美貌の機械式ウォッチ

ムーブメントにまでこだわってこそ、真のエレガンス――時計に対する意識が高い女性たちの間では、もうそれは当たり前の共通認識となった昨今。ムーブメントの部品ひとつから、自社内で一貫製造している稀有なマニュファクチュールとして、“ゼニス”は世界中のラグジュアリーを愛する人々から、熱い視線を集め続けています。

1865年、スイスの時計産業の聖地であるル・ロックルで創業。以来150年以上もの間、ウォッチメイキングひと筋に、その歴史を真摯に紡ぎ続けてきました。『エリート』、『エル・プリメロ』のように、ムーブメントそのものの名前が世界に知られ、憧憬を集め続けているのは“ゼニス”だけと言い切っていいでしょう。

そのふたつの名品ムーブメントを、フェミニンでリッチなディテールでエレガントに開花させた、女性のための機械式時計。大人の女性が妥協なく選ぶ運命の一本、そのひとつの結論がここにあります。

 

※文中の表記は、RG=ローズゴールド、SS=ステンレススチールの略です。※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
東京都出身。大学在学中から雑誌『JJ』などで執筆活動を開始。女性向け本格時計のムックに携わったことから、機械式時計に開眼。『Precious』などの女性誌において、本格時計の魅力を啓蒙した第一人者として知られる。SIHHとバーゼルワールドの取材歴は、女性ジャーナリストとしては屈指のキャリアの持ち主。「時計界の裏探偵ファイル」(WWD JAPAN)、「岡村佳代のおしゃべりトゥールビヨン」(クロノス ファム)などを連載中。 好きなもの:海、ハワイ(特にハワイ島)、伊豆(特に下田)、桑田佳佑様、白い花、シャンパン、純米大吟醸酒、炊きたてのご飯、たまご、“芽乃舎”の野菜だし、“エルメス”のバッグと“シャネル”の靴、グレーのパーカー、温泉、スパ、素敵旅館、村上春樹、宇野千代先生、神社、日本の陶器(特に唐津焼)、朝ドラ、ドラミちゃん、長文のインタビュー原稿
クレジット :
撮影/石倉和夫(人物)、唐澤光也(静物/パイルドライバー) スタイリスト/髙橋リタ ヘア&メーク/野田智子 モデル/立野リカ(Precious専属) 構成/岡村佳代、安村 徹(Precious)