気温20度の日におすすめのコーディネートをまとめました。最低気温20度と最高気温20度で大きく変わってくるコーディネートをそれぞれ紹介しています。

【目次】

最高気温20度の日におすすめのレディースコーデ


ブルーのカーディガン&ニット×黒パンツ

ブルーのカーディガン&ニット×黒パンツ
パンツ(REYC)、カーディガン・ニット(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(SUPER A MARKET〈CULT GAIA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

センタープレス入りのパンツは、シルクシャンタンを思わせる光沢が美しい、ベーシックでもニュアンスのある一着。万能の黒パンツは、きれい色と相思相愛だから、鮮やか色でもシックに楽しめます。

ブルゾン×ノースリーブワンピース

ブルゾン×ノースリーブワンピース
ブルゾン・ワンピース・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろはラムレザースエード、後ろ身ごろはジャージー素材と、異素材を組み合わせたジップアップブルゾンは、スポーティーアイテムならではの、快適な着心地と軽快なフォルムをもちながら、端正で上品な印象。その理由は、澄んだアイスグレーに染め上げたしなやかなスエードが、リッチ感を演出してくれるから。同仕様のワンピースとセットアップで着こなして、繊細な女性らしさをアピールしましょう。

クリスチャン ディオールのシルクワンピース

クリスチャン ディオールのシルクワンピース
スカーフ『鞭・ブロック』(エルメスジャポン)、ワンピース・スカーフ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

まるで羽根のように自由気ままに翻るスカーフ『カレ・ジェアン』。ハリ感のあるスカーフよりも軽やかなシルク素材のため、体を覆うまでの大きさでも、宙に浮くほどのふわりとした質感が魅力です。女性の曲線美を生かすよう、シャーリングやプリーツをアシメトリーに施したワンピースに、リボンスカーフを首にそっとひと巻きすれば、風が吹くたび、ドラマティックな余韻が生まれます。

ベージュのジャケット×白インナー×スカート

ベージュのジャケット×白インナー×スカート
ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、トップス(三喜商事〈アリュード〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット六本木〈シトラス〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

大切な打ち合わせがある日は、きちんと感のあるジャケットが必須。やわらかなジャージー素材のジャケットは、ストレッチがきいているので着心地も快適です。インナーには白を合わせて、清潔感のある品のよさを極めましょう。

ヴァレンティノのシルクワンピース

ヴァレンティノのシルクワンピース
ヴァレンティノのシルクワンピース・ヴァレンティノガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

前身ごろはシンプル、後ろ身ごろだけ、ウエスト周りにドレープを寄せたフレアドレスは、無防備な後ろ姿にも自信がもてる一着。遠目にも際立つフューシャピンクの愛らしさと、目の前で揺らめく美しさで、「わっ、かわいい!」と賞賛されそうです。

クリケット風ニット×ピンクのストレッチパンツ

クリケット風ニット×ピンクのストレッチパンツ
ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、イヤリング・バングル(ヴァン クリーフ&アーペル)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン・ゼニス)、バッグ(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

細身ながら、ボディーラインを拾わない少し地厚のウールストレッチパンツ。着こなしはパンツと同色のコーラルピンクを部分的に配したクリケット風ニットとの、セットアップ感覚の組み合わせが正解です。甘く優しい配色だからこそ、大ぶり時計とローファーでメンズライクに引き締めましょう。

ライトグレーのジャケット×トップス×グリーンのフレアスカート

ライトグレーのジャケット×トップス×グリーンのフレアスカート
ライトグレーのジャケット(クルチアーニ銀座店)、ネイビーのVネック半袖コットントップス(コロネット〈アバティ〉)、グリーンのフレアスカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ネックレスチャーム・ネックレスチェーン(ウノアエレ ジャパン)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ミラノリブジャケットは、程よい地厚加減によるサポート力と、ニットの軽やかさが相まって、気負わない今の気分にぴったり。短め丈に、春色のふんわりスカートがバランスよく映えます。

イヴ・サンローランのジャケット×シャツ×デニムパンツ

イヴ・サンローランのジャケット×シャツ×デニムパンツ
バッグ・ジャケット・シルクシャツ・デニム・靴・イヤリング・ブローチ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

新作のショルダーバッグ『シャーロット』を、モダンな光沢を放つ黒のパテントで取り入れて。上品なトラッド感があるので、スモーキングジャケットをデニムでドレスダウンするような、絶妙なバランス感覚の装いにマッチします。

黒のカーディガン&ニット×ピンクのテーパードパンツ

黒のカーディガン&ニット×ピンクのテーパードパンツ
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、カーディガン・ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ネックレス(エミリオ・プッチ ジャパン)、バングル(showroom SESSION〈マリア ブラック〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ボディーにつかず離れずでフィットするノータックのテーパードパンツ。素材はシワになりにくいポリエステル・レーヨンです。パッと目に飛び込んでくる鮮やかなコーラルピンクのパンツを、引き締め役の黒ニットと白の小物でメリハリをつけて着こなしましょう。

ジョルジオ アルマーニのジャケット×スカート

ジョルジオ アルマーニのジャケット×スカート
ジャケット・スカート・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ銀座タワー)、インナー/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットのきちんと感とブラウスのたおやかさが調和したオーガンジー×シルクサテン仕立て。グレーと白のツイードスカートやミントグリーンのバッグ…と淡色でまとめた着こなしに投入して、ラグジュアリーかつクールな印象に仕上げましょう。

最低気温20度の日におすすめのレディースコーデ


デニムジャケット×ブラウス×デニムパンツ

デニムジャケット×ブラウス×デニムパンツ
デニムジャケット・デニムパンツ・ブラウス(ロロ・ピアーナ)、ブレスレット・イヤリング・リング(ミキモト) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

2連パールをクロスさせて楽しむブレスレットで、デニムジャケットの手元にフレッシュな品格を添えましょう。

白シャツ×ミントグリーンのパンツ

白シャツ×ミントグリーンのパンツ
パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、シャツ(エーピー ストゥディオ・ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉)、ネックレス(ボン マジック)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン・ゼニス)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915 〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

パンツは艶のあるシルクウール。ミントグリーンの爽やかな色が新鮮です。背中にボリュームをもたせた白シャツは、フロントのみボトムインして、もたつきを解消。靴とバッグは淡いベージュトーンで品よくまとめましょう。

ピンクのAラインワンピース×カーディガン

ピンクのAラインワンピース×カーディガン
ワンピース(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ネックレス(ADORE 六本木ヒルズ店〈アントン ヒューニス〉)、ブレスレット・リング(ボン マジック)、バッグ(ロンハーマン〈ラドロー〉)、靴(ベイジュ〈PIPPICHIC〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

レディーライクなAラインのワンピース×肩かけニットのコンサバな組み合わせに、鮮やかな色の要素が加わると、こんなにも新鮮な表情に仕上がります。ノースリーブとミニ丈からのぞく、肌の露出も計算のうち。

ブルゾン×ノースリーブワンピース

ブルゾン×ノースリーブワンピース
ブルゾン(クルチアーニ銀座店)、ノースリーブニットワンピース(三崎商事〈マロ〉)、リング(TASAKI〈M/G TASAKI 〉)、2連使いしたネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、スカーフ(バーニーズ ニューヨーク〈バーニーズ ニューヨーク〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ネイビーのナイロンブルゾンは、控えめな光沢が上品。裾に絞りがないぶん、タイトなワンピースやボトムがきれいに決まります。エレガントなコーディネートのスパイスとして取り入れましょう。

ブルネロ クチネリのカーディガン×カットソー×パンツ

ブルネロ クチネリのカーディガン×カットソー×パンツ
カーディガン・カットソー・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

クリケットのユニフォームをイメージしたというゆったりシルエットながら、着やせ効果も備えた革新的なニットカーディガン。黒×キャメルのストライプ柄が縦のラインを強調するため、スタイルアップは確実。黒ボトムに白のカットソーを合わせたシンプルコンビにふわりとはおるだけで、肩の力の抜けたリッチカジュアルが完成します。

ピンクのパフスリーブブラウス×スカート

ピンクのパフスリーブブラウス×スカート
ブラウス・スカート(ステラ マッカートニー ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

女性ならだれもが心惹かれるピンク。甘いのは苦手…と思っていても、この季節になるとなぜか心がときめいてしまいます。ボリュームのあるパフスリーブが愛らしいピンクのブラウスは、咲き誇る花のように華やか。大人だから似合うピンクで、女性に生まれた喜びをまといましょう。

イエローのジャケット×ノースリーブニット×クロップドパンツ

イエローのジャケット×ノースリーブニット×クロップドパンツ
ジャケット(ebure)、ノースリーブニット(エストネーション〈エストネーション〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)ピアス・ブレスレット(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

明るい陽差しが心地よい日は、イエローのジャケットに挑戦する好機。ドロップショルダーのシルエットやカーキのパイピングが、ノーカラージャケットを新鮮な印象に。繊細なラメが光るニットとクロップドパンツを、トップベージュでつなげれば、ワークシーンにもふさわしい、品のよさが生まれます。

オレンジのカーディガン&ニット×チェック柄パンツ

オレンジのカーディガン&ニット×チェック柄パンツ
パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、カーディガン・ニット(エストネーション〈エストネーション〉)、ピアス・バングル(フレッド)、バッグ(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツは一見無地、よく見るとベージュにラメ糸を織り込んだグレンチェック柄。日本人体型に合うようにつくられた定番の細身シルエットです。くつろぐ時間には、アンサンブルニットも活躍。きれい色の甘さをたたえた上品配色が魅力です。

半袖ニット×サーモンピンクのパンツ

半袖ニット×サーモンピンクのパンツ
パンツ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉)、ニット(デミルクス ビームス新宿〈チノ〉)、帽子(タア トウキョウ〈タア〉)、ドナテラ・ペリーニのネックレス・ブレスレット・ペリーニのバングル(ドレスアンレーヴ)、バッグ(ロンハーマン〈サラ ロペス〉)靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

きれい色はトップスよりも、顔周りから離れたボトムスで取り入れるほうが簡単。しかもきちんとした印象がもち味の「スティックパンツ」なら、いつもはシックな色合わせを好む大人の女性も抵抗なく挑戦できそうです。それでも鮮やかな発色に戸惑うならば、サーモンピンクやマスタードイエローなど肌なじみのいい色を選択しましょう。さらにその色に小物もリンクさせて、全体になじませつつ、きれい色の分量を増やしていくのが、こなれて見せるテクニック。最後に、着こなしのどこかに、引き締め色を加えることも忘れずに! スティックパンツはシワになりにくい薄手のポリエステル・ストレッチ素材。フロントは普通のジップ仕様。サイドから後ろ側にかけては、黒いゴムが施され、きちんと見えつつはき心地はリラックス!

インディゴブルーのボーダーワンピース

インディゴブルーのボーダーワンピース
ワンピース(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス・ブレスレット(エディション・デコ 阪急百貨店 阪急うめだ本店〈ミリアム・ハスケル〉) 撮影/YUJI TAKEUHI(BALLPARK) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

濃淡のインディゴブルーでボーダーを描いた爽やかなデニムドレス。グログランテープ使いの肩デザインにも注目です。デニム特有のこなれ感がありつつも、程よく甘いスカートシルエットで優しい印象に仕上げましょう。