ネイビー色を取り入れたコーディネートのまとめです。ダークトーンでもネイビーなら重くなりすぎないので、大人コーデに是非取り入れてください。

【目次】

春夏レディースネイビーコーデ


【1】ネイビーパンツ×ニット×ジャケット

【1】ネイビーパンツ×ニット×ジャケット
ジャケット(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ニット(エンフォルド)、パンツ(Theory luxe)、ストール(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ベルト(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND〉)、サングラス(バーバリー アイウェア)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

成熟した女性のジャケットスタイルは、一歩間違えると相手を圧倒してしまう威圧感が悩みの種。むしろ女らしさを意識したほうが好印象を与えます。しなやかなラインをつくるよう、ジャケットもボトムも、とろみのある素材や、流れるようなシルエットを選ぶと効果的。足元は女度を上げるヒールがお約束です。

【2】ネイビージャケット×ニット×パンツ

【2】ネイビージャケット×ニット×パンツ
ジャケット(三喜商事〈ストラネス〉)、ニット(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス( シャンテクレール東京店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろの縦シーム、ビッグポケット、高めの位置に配されたダブルボタンなど、スタイルアップのための工夫が随所に散りばめられたジャケット。イタリア産のコットン混ナイロン生地は、しなやかでストレッチ性の高い着心地が魅力です。とろみのあるオフ白のワイドボトムが軽快さをもたらしてくれます。

【3】ネイビーコート×カーディガン×シャツ×パンツ

【3】ネイビーコート×カーディガン×シャツ×パンツ
ブルゾン・カーディガン・Tシャツ・パンツ・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈トーマス・マイヤー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ナイロンシルクタフタで仕立てたコートは、控えめな光沢が上品。グレーのジャージー生地を配した袖口や、ドローストリングでシルエットを自在に調節可能など、ひとひねりあるデザインも魅力です。シャカシャカした質感のブルゾンに、ローゲージのメランジェニットで、ネイビーでも異素材をかけ合わせれば、こんなにも新鮮になります。

【4】ネイビーモッズコート×ニット×パンツ

【4】ネイビーモッズコート×ニット×パンツ
コート(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(三喜商事〈ストラネス〉)、サングラス(ファブ〈ティエリー ラスリー〉)、ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(IWC)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

カジュアル巧者の女性たちの間で、いつも話題になるのは、イタリア「伊達男」たちの着こなしセンス。特に「スポーツアウター」は、洒脱な彼らの真骨頂。肩の力の抜けた着くずしや、シックな色を印象的に見せる配色の巧さは、ぜひお手本にしたいところです。、例えば、フード付き「モッズコート」なら、そのままでは地味で武骨な印象。そこで鮮やかなグリーンを投入。派手かな? と思うくらいの差し色が、ジュエリー以上の効果をもたらし、軽妙さを演出します。「ミリタリーブルゾン」は、あえてまじめなスーツやジャケットの上に重ね、そのギャップを狙うのが、彼らの重ね着ルール。女性の場合は、堅くなりすぎないよう、白シャツ×カーディガンで、上品なレイヤードを実践してみましょう。

【5】ネイビートレンチコート×ニット×パンツ

【5】ネイビートレンチコート×ニット×パンツ
コート・ニット・パンツ・バッグ・ネックレス・ブレスレット・靴(ランバン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

クリーンな配色で着こなす優美なネイビートレンチネイビー×白の清潔感あふれるカラーリングをベースに、ペールピンクのハイゲージニットで春らしいムードを感じさせて。胸元のVゾーンに添えたコスチュームパールのネックレスが、着こなしを盛り上げてくれます。

【6】ネイビーコート×白ニット×白スカート

【6】ネイビーコート×白ニット×白スカート
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット・スカート(アキコオガワ インターナショナル〈アキコオガワ ランジェリー〉)、バッグ(ADORE)、サングラス(ミラリ ジャパン〈マイケル・コース〉)、ネックレス(ピアジェ)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

色清潔感のある配色とフェミニンテイストの掛け合わせは好感度大。紺をリンクさせたバッグと靴は、チェーン付きやポインテッドトウを選ぶと、大人っぽくキレ味よくまとまります。

【7】ネイビーワンピース×ストール×バッグ

【7】ネイビーワンピース×ストール×バッグ
ディオールのワンピース・バッグ・ストール・靴・ディオール タイムピーシズの時計・ディオールファイン ジュエリーのリング(クリスチャン ディオール) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ネイビーのタンクドレスは、程よい艶とハリがあり、構築的なカッティングで女らしさが香り立つ一着。裾にフリルをあしらった、クチュールブランドならではのクラス感のある愛らしさに、大人は安心して身を委ねられます。

【8】ネイビージャケット×カットソー×パンツ

【8】ネイビージャケット×カットソー×パンツ
パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ジャケット(コロネット〈ボリオリ〉)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン・ゼニス)、バッグ(アニヤ・ハインドマーチ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

主役のパンツは、レーヨン×コットン混の緻密に織られたストレッチ素材。程よいテーパードラインに、発色のいい黒が上品。黒で統一したトップス&パンツに、深いネイビーのタキシード風ジャケットを肩がけ!男前なジャケットスタイルに、ロングパールとパテントローファーでパリジェンヌのような小粋さを演出しましょう。

【9】ネイビージャケット×シャツ×スカート

【9】ネイビージャケット×シャツ×スカート
ラルフ ローレン コレクションのジャケット・シャツ・スカート・ラルフローレンのバッグ(ラルフ ローレン)、ピアス・ネックレス(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

トラディショナルな紺ブレ風のテーラードジャケット。すっきりした細身ながら、ストレッチが程よくきいたウール素材で着心地がよく、フィット感も抜群です。袖まくりをして、軽やかに着こなしましょう。キャメルのスエードスカートで、王道配色の上品なインパクトを味方に!

【10】ネイビーパンツ×ストライプシャツ

【10】ネイビーパンツ×ストライプシャツ
コットンのシャツ・パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、バッグ(ドゥロワー 丸の内店〈イニス〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ピッチの異なるストライプが今年らしいシャツ。一見シンプルでメンズライクなシルエットなのに、袖口に向かって広がるボリュームスリーブが、これまでにはない新鮮さ。白く大きなカフスがエレガンスを強調してくれます。ネイビーのパンツに合わせて、爽やかな知的美人を演出しましょう。

ネイビーカーディガンコーデ


【1】ネイビーカーディガン×ニット×パンツ×ストール

【1】ネイビーカーディガン×ニット×パンツ×ストール
コート¥230,000(ヘルノ プレスルーム)、ニット¥44,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ¥47,000(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ストール(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

スパンコール付きニットやシルバーバッグで、コットンリネンのデニムに華やかさをプラスしましょう。

【2】ネイビーカーディガン×白ブラウス×パンツ

【2】ネイビーカーディガン×白ブラウス×パンツ
エルミダのジャケット・ボルボネーゼのバッグ(三崎商事)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(MOGA WASHABLE)、帽子(ザ シークレットクロゼット六本木〈メゾンミシェル〉)、エディー ボルゴのバングル・フィリップ オーディベールのブレスレット(アストラット 青山店)、スカーフ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ドゥロワー 丸の内店〈スパールワート〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

リラックスしたい海岸ドライブには、爽やかなネイビーと白のトリコロール配色にこなれ感のあるカーキのパンツを合わせて、リッチ・カジュアルな休日コーディネートに。カジュアルベーシックにカーキアイテムをプラスするだけで定番コーデの鮮度を上げるシックな大人配色に仕上がります。

【3】ショートネイビーカーディガン×ワンピース

【3】ショートネイビーカーディガン×ワンピース
ウール、シルクのカーディガン・コットンのノースリーブワンピース(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious6月号』小学館、2017年

会食や予定がある日の華やかなワンピースには、さっとはおれるネイビーカーディガンが便利。露出具合を調整しつつ、装いにメリハリを与えます。コンパクトなショート丈はワンピースの装いにグッと新鮮味を与え、美人シルエットに仕上がります

ネイビーブルゾンコーデ


【1】ネイビーブルゾン×ニット×タイトスカート

【1】ネイビーブルゾン×ニット×タイトスカート
ブルゾン(ボウルズ〈ハイク〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈エンリスト〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、時計(IWC)、バッグ(CPR TOKYO〈フリン〉)、靴(ebure〈スペルガ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

主役のアウターは’60年代に一世を風靡した「US ARMY M51フィールドジャケット」のディテールを踏襲したメンズライクな一着。地厚なコットンを裏地なしで仕立てることで、軽やかさを追求しています。深いネイビーのブルゾンに、春色のボーダースカートが小粋に映える着こなしに。

【2】ネイビーブルゾン×プルオーバー×パンツ

【2】ネイビーブルゾン×プルオーバー×パンツ
コート(ヘルノ プレスルーム)、トモウミ オノのプルオーバー・パンツ・ミッレのピアス・ネックレス(チェルキ)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

シルクのような光沢感が美しい新素材「モノストレッチ」を使用したスポーティーな一着。高めのスタンドカラーには、フードが内蔵されており、ふっくらとした丸みを帯びたボリュームフォルムが、顔周りに華やぎを添えてくれます。裾にあしらわれたドローストリングの紐をキュッと締めると、ふんわりと優しいシルエットが生まれ、大人顔のエレガンスブルゾンに。リラックスした着こなしも、パールネックレスやパイソンバッグを加えることで、都会的な雰囲気に仕上がります。

【3】ネイビーブルゾン×レザースカート

【3】ネイビーブルゾン×レザースカート
傘(ヴァルカナイズ・ロンドン〈フォックス・アンブレラ〉)、レザーブルゾン・レザースカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ピアス・バングル(ブシュロン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

赤みを抑えたネイビーのレザージャケットにゴールドのカフバングルといった、大人のニュアンスが漂う着こなしを。そこに、まるでギャップを楽しむかのようにピンクの傘を差せば、こんなにもチャーミングに! ヴィクトリア女王の時代から変わらず、職人の手仕事によりつくり続けられている細巻きの傘が、女性をよりいっそう美しく照らしてくれます。

【4】ネイビーブルゾン×ベージュワンピース

【4】ネイビーブルゾン×ベージュワンピース
ブルゾン(クルチアーニ銀座店)、ノースリーブニットワンピース(三崎商事〈マロ〉)、M/G TASAKI のリング・TASAKIのネックレス(TASAKI)、スカーフ(バーニーズ ニューヨーク〈バーニーズ ニューヨーク〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ネイビーのナイロンブルゾンは、控えめな光沢が上品。裾に絞りがないぶん、タイトなワンピースやボトムがきれいに決まります。エレガントなコーディネートのスパイスとして一着はワードローブに備えておきたいアイテムです。

ネイビーにネイビーを合わせたコーデ


【1】ネイビーニット×ネイビーパンツ×ジャケット

【1】ネイビーニット×ネイビーパンツ×ジャケット
ジャケット(三喜商事〈アニオナ〉)、ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、眼鏡(バーバリー アイウェア)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ(ヴァレクストラジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは春の陽差しが透ける、極薄ウールのダブルフェース。身ごろにつながる襟は、高めに立てると華やかな表情に。春には少々重めなネイビートーンをクリアな白がワントーン明るく見せてくれます。あえて細身のスティックパンツに合わせてジャケットをゆったりとはおるのも、ボディーラインを華奢に見せるテクニックです。

【2】ネイビーコート×ネイビーニット×パンツ

【2】ネイビーコート×ネイビーニット×パンツ
コート・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

むだな装飾をいっさい施さず、シンプルを極めたラップコートは、アニオナの定番素材ともいうべきウールのダブルフェースで、軽やかな仕上がりに。サイドスリットを深く入れているため、歩くたびに裾が翻り、春のウキウキした気分を後押ししてくれそう。鮮やかなグリーンとネイビーとの配色も爽快です。

【3】ネイビーコート×ネイビートップス×ネイビーパンツ

【3】ネイビーコート×ネイビートップス×ネイビーパンツ
コットンストレッチのトレンチコート・トップス・パンツ・靴(コロネット〈ザ ロウ〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈キョーコ ホンダ ニューヨーク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

人気のトレンチコートは、迫力のロング丈で最旬の美人オーラを漂わせましょう。全体には細身ながら、程よいハリと、たっぷりとしたロング丈による贅沢な布さばきが魅力の一着。インに着たのは、上質なジャージー素材の深Vトップスとパンツのセットアップ。ネイビーでまとめると表情も引き締まって、凛としたかっこよさがアップします。

【4】ネイビーパンツ×ネイビーストライプシャツ

【4】ネイビーパンツ×ネイビーストライプシャツ
シャツ・パンツ・ベルト・バッグ(マイケル・コース ジャパン〈マイケル・コース コレクション〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

襟とカフスの白が目にまぶしい、クラシックなクレリックシャツ。トラッドはいつの時代も、清潔感や初々しさを表現できるもの。特にネイビーに注目が集まるこの夏は、大人のマリンスタイルのアップデートをおしゃれの優先課題にしてみては? ドレスシャツにワイドパンツをゆったりと合わせれば、はっきりとした配色のかわいさに、しなやかな女らしさが加わって、とびきり好感度がアップします。

【5】ネイビーコート×ネイビーニット×スカート

【5】ネイビーコート×ネイビーニット×スカート
靴(JIMMY CHOO)、コート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダスポート〉)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカーフ(デルヴォー・ジャパン)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/唐澤光也・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

好感度の高いネイビー×白の着こなしを、パープルの靴で外してより印象的な着こなしに。

【6】ネイビージャケット×ネイビーニット×スカート

【6】ネイビージャケット×ネイビーニット×スカート
ジャケット(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネイビーのVニット(三喜商事〈アリュード〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ネックレス(チェルキ〈ルーナ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

タイトスカートでシャープな女らしさを。ネイビー×ブルーはこの春、知的なキャリアにおすすめの配色です。ウォーミーなスエード素材なら、着こなしが一気にこなれて見えます。

【7】ネイビージャケット×ネイビーパンツ×カットソー

【7】ネイビージャケット×ネイビーパンツ×カットソー
パンツ(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、ジャケット(三崎商事〈マロ〉)、トップス(アストラット 青山店〈アストラット〉)、バッグ・ショルダーストラップ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ペンダント・リング・時計・ストラップ(ピアジェ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

バッグのストラップの鮮やかなイエローを差し色に効かせた、きれいめパンツスタイルはお散歩に最適です。

【8】ネイビーニット×ネイビーパンツ

【8】ネイビーニット×ネイビーパンツ
ネックレス・ブレスレット・ネックレス・ブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ニット・パンツ(ステラ マッカートニー ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

シンプルで知的に映るネイビーニットは、大人の定番。けれど今日は華やぎたいという日には、物足りないことも…。そんなとき加えたいのが、ゴールドジュエリーの洗練オーラ。ゴールドの煌きらめきを重ねることで、ドキッとさせるほどの美人オーラが生まれるのです。ゴールドジュエリーは1点だけ身につけるより、組み合わせの相乗効果で華やぎ感やこなれ感を生むもの。だから地金の色は、1色だけでまとめるより、ミックスさせたほうが効果的です。