ベージュのパンツを使ったコーディネートのまとめです。春の装いにぴったりの着こなし術をご紹介します。

【目次】

春夏ベージュパンツコーデ


【1】ベージュパンツ×ロングジレ×白ニット

【1】ベージュパンツ×ロングジレ×白ニット
ロングジレ・ハイウエストパンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ニット(トラデュイール)、時計(ソーウインドジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、ネックレス・ブレスレット・リング(ポメラート・ジャパン)、その他/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

流行のデザインを気負いなく着こなせるナチュラルなリネン素材。端正なスーツだけでは飽き足りない大人の女性らしい進化形セットアップ。ひと目で上質とわかる光沢と風合いを備えたウール素材です。アウターインや一枚で、長い期間愛用できるクルーネックの長袖。大ぶりな時計とジュエリーを効かせて、印象的な装いに仕上げましょう。

【2】ベージュパンツ×黒カーディガン×白Tシャツ

【2】ベージュパンツ×黒カーディガン×白Tシャツ
Aライン白Tシャツ・カーディガン・パンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

「Aライン白Tシャツ」は、トレンドのボリュームトップスの流れをくんで、ゆったり着られるのが魅力。ワイドクロップドパンツにウエストインすれば、今どきのカジュアルシルエットが生まれ、大人の余裕ある着こなしが完成します。

【3】ベージュパンツ×白ジャケット×トップス

【3】ベージュパンツ×白ジャケット×トップス
ジャケット・トップス・パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

爽やかな季節を感じる一枚仕立ての白ジャケットは、ごくシンプルなテーラードデザイン。そこに肌に近いヌーディーなベージュゴールドのパンツを合わせただけで、大人の余裕が漂うリッチなカジュアルに。パンツよりワントーン深みのあるベージュのバッグと靴を加えれば、コーディネートが引き締まり、ニュアンスある奥行きが生まれます。

【4】ベージュパンツ×カットソー×ニットベスト×コート

【1】ベージュパンツ×カットソー×ニットベスト×コート
コート・ニットベスト(ヘルノ プレスルーム)、カットソー・パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、バッグ(チェルキ〈A&N〉)、帽子/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

主役のコートは、春になると心惹かれる、明るいアイボリーのフーデットコート。スポーティーな印象になりがちなポリエステル素材も、フードやウエストにあしらわれたアジャスターのグログランテープにより、あくまでもフェミニンな雰囲気に仕上がります。フードを外すと、スタイリッシュなスタンドカラーにデザインチェンジするので、着回し力も抜群。着こなしは、ベージュトーンの絶妙な濃淡でつくる、淡色グラデーションで、リッチ感を高めましょう。

【5】ベージュパンツ×白ブラウス

【2】ベージュパンツ×白ブラウス
ブラウス・パンツ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、リング(インデアン・クラフト) 撮影/Kei Ogata BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ゆったりとしたシルエットのシルクブラウスをさらりとまとい、上品な艶を帯びたシルク地で仕立てたカーゴパンツを合わせれば、リラックスしたなかにも凛とした表情が生まれます。

【6】ベージュパンツ×ストライプポンチョ

【3】ベージュパンツ×ストライプポンチョ
シルクのポンチョ・ラメスエードのパンツ・バッグ・ペンダント(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(ツナカンパニー〈ジル・プラットナー〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

これからの季節の定番、ブルーストライプも、今までにはないエレガントなトップスで楽しみましょう。レジメンタルストライプのもつ清潔感が、しなやかな女らしさと響き合うポンチョなら、清々しさを感じさせる美人になれそう。

【7】ベージュ柄パンツ×ベージュニット

【4】ベージュ柄パンツ×ベージュニット
ニット・パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、イヤリング・時計・ブレスレット・リング(シャネル) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

きれい色とシックカラーのちょうど中間のような、絶妙なオリーブグリーンのバッグがあれば、センスよくベージュを着こなすことが可能になります。ジャカード柄のパンツに着映え力があるぶん、カシミヤシルクのニットは、すっきり見えるVネックを選びましょう。

【8】ベージュパンツ×ピンクニット×ピンクカーディガン

【5】ベージュパンツ×ピンクニット×ピンクカーディガン
パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、カーディガン・ニット(エストネーション〈エストネーション〉)、ピアス・バングル(フレッド)、バッグ(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツは一見無地、よく見るとベージュにラメ糸を織り込んだグレンチェック柄。日本人体型に合うようにつくられた定番の細身シルエットです。きれい色のアンサンブルニットを合わせて、甘さをたたえた上品配色に。

ベージュパンツに合わせたい靴


【1】ベージュパンツ×白スニーカー

【1】ベージュパンツ×白スニーカー
カーディガン・トップス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ(Theor y)、ストール(チェルキ〈アンドレ マウリーチェ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ウールン商会〈ペセリコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

カジュアルなコーディネートをあまりしない人には、日常スタイルの延長として着られる、淡いワントーンの洗練カジュアルがお似合いです。単調にならないように素材選びに気をつければ、簡単に真似できるのもいいところ。ただし足元だけは今風にスニーカーを選びましょう。

【2】ベージュパンツ×ブラウンローファー

【1】ベージュパンツ×ブラウンローファー
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット(トリー バーチ ジャパン)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(TASAKI)、バッグ(エストネーション〈スタウド〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは、ゴム引き素材ならではのマットな発色のオリーブグリーンが上品。袖を折り返すと、レザーテープのトリミングがのぞきます。今年らしいボリューム感をもつロングコートは、インナーとボトムを同系色にまとめ、端正に着こなしましょう。

【3】ベージュパンツ×スニーカー

フーデッドコート・ストール・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(ブラミンク)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)  撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

週末のオフタイムには、自然になじむベージュのスエードアウターをはおれば、リラックス気分もさらに盛り上がります。白Tシャツをインに、淡いベージュを重ねて、春気分も満載。

【4】ベージュパンツ×白ローファー

【3】ベージュパンツ×白ローファー
シャツ・スカート・ベルト(マックスマーラ、ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バングル・リング(ジョージ ジェンセン、ジャパン)、バッグ(ブランドニュース〈メアリ オルターナ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

白のピンストライプが施されたタイトスカートには、サイダーのように爽快なブルーシャツを取り入れて、おしゃれを更新しましょう。比翼シャツはゆったりとしたドルマンスリーブ、スカートにはフロントにラッフルが施され、きちんと感をキープしながらも、ほんのり旬が楽しめるデザインです。

【5】ベージュパンツ×ゴールドパンプス

【4】ベージュパンツ×ゴールドパンプス
ブラウス(VINCE 表参道店)、パンツ(アングローバル〈イレーヴ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ストール(チェルキ〈クラウディオ クトゥーリ〉)、フィリップ オーディベールのピアス・バングル・ランドシヌールのリング(アストラット 新宿店)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY、CHOO) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

肌艶を美しく見せるシルクサテンのブラウスは、ぜひともワードローブに常備しておきたいアイテム。胸元に香るセクシーなシャープ感、ドロップショルダーのリラックス感、上品な素材感に漂うエレガンスを絶妙なバランスで集約した一枚です。トーンを合わせたベージュパンツで、上品にまとめましょう。

レディースベージュワイドパンツコーデ


【1】ベージュワイドパンツ×グリーンジャケット×白カットソー

【1】ベージュワイドパンツ×グリーンジャケット×白カットソー
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、カットソー(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、パンツ(アングローバル〈イレーヴ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈トーマス・マイヤー〉)、ピアス・ペンダント・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

インナーや小物で白を随所に効かせて抜け感をつくると、春夏らしく清々しい着こなしに仕上がります。

【2】ベージュワイドパンツ×ネイビージャケット×黒ブラウス

【2】ベージュワイドパンツ×ネイビージャケット×黒ブラウス
白のローファー『ダブルT ローファー』(トッズ・ジャパン)、レースのブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ジャケット(コロネット〈ボリオリ〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ネックレス(マルコ・ビチェゴ ジャパン)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

シックカラーのコーディネートを白ローファーで鮮やかに、軽快に!

【3】ベージュワイドパンツ×パープルブラウス

【3】ベージュワイドパンツ×パープルブラウス
パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ブラウス(ブラミンク)、ネックレス・ゴールドのトップ(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ウエスト位置を高く見せる、トレンドデザインのパンツは、切りっぱなしのフリンジが着映えポイント。パッと目を引くパープルのブラウスをボトムインすると、上半身をコンパクトに見せてスタイルアップしつつ大人かわいいモードスタイルが完成します。ゴールドの金具が効いた黒小物で華やかな個性をトッピングしましょう。

【4】ベージュワイドパンツ×ニット×コート

【1】ベージュワイドパンツ×ニット×コート
コート(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(三喜商事〈ストラネス〉)、サングラス(ファブ〈ティエリー ラスリー〉)、ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(IWC)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

カジュアル巧者の女性たちの間で、いつも話題になるのは、イタリア「伊達男」たちの着こなしセンス。特に「スポーツアウター」は、洒脱な彼らの真骨頂。肩の力の抜けた着くずしや、シックな色を印象的に見せる配色の巧さは、ぜひお手本にしたいところです。、例えば、フード付き「モッズコート」なら、そのままでは地味で武骨な印象。そこで鮮やかなグリーンを投入。派手かな? と思うくらいの差し色が、ジュエリー以上の効果をもたらし、軽妙さを演出します。「ミリタリーブルゾン」は、あえてまじめなスーツやジャケットの上に重ね、そのギャップを狙うのが、彼らの重ね着ルール。女性の場合は、堅くなりすぎないよう、白シャツ×カーディガンで、上品なレイヤードを実践してみましょう。

【5】ベージュワイドパンツ×ニット×ジャケット

【2】ベージュワイドパンツ×ニット×ジャケット
ボリオリのジャケット・エアロンのパンツ(コロネット)、ニット(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

サンドベージュの背抜きジャケットとクロップド・ワイドパンツでトラッドが香る装いに。インに合わせるニットやバッグは、無難なグレーや黒を合わせて沈んだ印象にならないように注意しましょう。小さな面積だからと油断せずに、白を取り入れ、抜け感を出すのが鉄則です。

【6】ベージュワイドパンツ×イエローブラウス

【3】ベージュワイドパンツ×イエローブラウス
ブラウス・パンツ(ソニア リキエル 青山店)、ペンダント・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈マクリ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(アングローバルショップ 表参道〈ペリーコ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

程よいハリとしなやかさを備えたコットンストレッチに、ギャザーでボリュームを出しながら、ウエストも袖口もキュッと絞ったバルーンスリーブのブラウス。全体にボリューム感がある場合、絞りをきかせたシルエットを選び、首、手首、足首を見せる抜け感でバランスよく仕上げましょう。リラックス感のあるサフランイエローで、大人かわいいカジュアルに。

ベージュパンツに合わせたいコート


【1】ベージュパンツ×ベージュジャケット

【1】ベージュパンツ×ベージュジャケット
ジャケット・バッグ・パンツ(ロエベ ジャパン)、ピアス・リング・バングル(コロネット〈アントニーニ〉)、 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

大きなアウトポケットと、肩の切り替え部分に、明るいベージュを配したキャメルカラーのジャケットは、斜めがけのバッグでアクティブに遊んで。発色のいいオレンジレザー×ラフィアが爽やかなコンビ素材のバッグは、タフなジャケットとも調和して、より上級なカジュアルスタイルを描きます。バッグのオレンジは、ナチュラルなベージュに合わせることで、強い色でありながらも目立ちすぎず、大人のリッチ感を香らせます。

【2】ベージュパンツ×ベージュトレンチコート

【1】ベージュパンツ×ベージュトレンチコート
コート・パンツ(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、バッグ(ラピーヌ〈エム・ゼロ・エイト・ファイブ・ワン〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

トレンドのイエローやオレンジを差せば、「ベージュ」がフレッシュに生まれ変わります。こっくりとしたベージュと、肌に吸い付くなめらかなラムレザーがリッチな雰囲気を醸し出すレザーコート。そのスリムなシルエットを生かすように、ベルトを締めて凛と着こなしましょう。センタープレス入りのパンツもベージュを選び、品よくまとめたぶん、レザーのバックパックは可憐な色を効かせて、溌剌と!

【3】ベージュパンツ×チャコールグレージャケット

【2】ベージュパンツ×チャコールグレージャケット
ジャケット・ボウにボールチェーンの付いたノースリーブのブラウス・パンツ・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(ウノアエレジャパン)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

コンパクトなチャコールグレーのジャージージャケットは、胸ポケットの縁どりに繊細なボールチェーンがあしらわれ、大人のゆとりを印象づける、こなれた一着。チノ風のベージュパンツでマニッシュに装いながら、ボウブラウスで甘さを添えましょう。

【4】ベージュパンツ×イエロージャケット

【3】ベージュパンツ×イエロージャケット
ジャケット(ebure)、ノースリーブニット(エストネーション〈エストネーション〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)ピアス・ブレスレット(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

イエローのジャケットに挑戦するなら、ドロップショルダーのシルエットやカーキのパイピングが鮮度をもたらす、ノーカラージャケットを選択して。繊細なラメが光るニットとクロップドパンツを、トップベージュでつなげれば、ワークシーンにもふさわしい、品のよさが生まれます。

【5】ベージュパンツ×白コート

【4】ベージュパンツ×白コート
コート(ヘルノ プレスルーム)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、靴/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

60年代風のクチュールコートを思わせる白いコートは、ボートネック風に横に開いたスタンドカラーがポイントに。目の詰まったコットン地を使用しているので、程よくハリがあり、美しいAラインシルエットが実現します。まるでドレスのように気品漂う白コートには、シルエットの美しさを際立たせる細身のベージュパンツを合わせて。心浮き立つきれい色のビジューネックレスで華やぎを添えましょう。