【目次】

ピンクパンツに合わせたい「トップス、アウターの色」


ピンクそのものが主張のある色なので、合わせやすい色は限られている… そう思いがちですが、どんなベーシックカラーにもマッチさせやすい上に、ピンクのおかげで新鮮なお洒落を楽しむことができます。ピンクに合わせたい7つのベーシックカラーと、おすすめの2つのカラーをご紹介します。

まずは万能な「白」を合わせて

 

まずは、どんなカラーにもマッチする、万能な「白」合わせにトライしてみてはいかがでしょうか。見本のような淡いピンクパンツとなら、柔らかでフェミニンな雰囲気を醸せます。もちろん、濃いピンクパンツ×白もお似合い。

「黒」でピンクをモードに着る

 

きりっとかっこいい黒の力を借りれば、ピンクの甘さが中和され、たちまちモード顔にシフトされます。黒×濃いピンクでコントラストを強め、映える着こなしを叶えて。

スタイリッシュにきまる「グレー」

 

ピンクパンツをモダンに導いてくれる、洗練された印象の「グレー」。センスを感じる色合わせなので、トップスとパンツのワンツーだけでもどこかこなれた表情にまとまります。

「ブラウン」との暖色同士でまとまりよく

 

ピンクとブラウンはいずれも暖色なので、相性がよくまとまりの良い着こなしに整います。穏やかな配色で、ピンクを品よく見せることができるのもポイント。

「ベージュ」で優しげな雰囲気を醸して

 

ピンクの主張を和らげる、ニュートラルなベージュ。薄いピンクも濃いピンクも、ベージュとの組み合わせなら優しげな雰囲気に着地します。

「ネイビー/ブルー」で爽やかに着こなして

 

品の良いネイビーやクリーンなブルーを合わせることで、爽やかにそして好印象にまとめることができます。見本のように色のコントラストを楽しんだり、または同じトーンでまとめて一体感を作るのもおすすめ。

「カーキ/グリーン」の真逆な組み合わせがマッチ

 

カーキやグリーンは、ピンクと真逆な印象のカラーですが、だからこそそれぞれの持ち味が引き立ち、メリハリしっかりな着こなしが出来上がります。意外性のある色合わせで、垢抜けた雰囲気を手に入れて。

「赤/ボルドー」でキャッチーなスタイルへ

 

赤、ボルドーといった赤系のカラーは、定番色以外の応用色として取り入れたいです。薄いピンクとボルドーを組み合わせニュアンスを楽しんだり、ぱきっとした赤を合わせて鮮度を宿してみたりと、映える着こなしを作るのにおすすめの色合わせです。

「ピンク」でまとめて感度の高いワンカラースタイルに

 

時には、コーディネートをピンクでまとめたキャッチーなファッションを楽しむのもおすすめです。ピンクの色味をわずかに変えたり、素材でメリハリをつけて立体感を作って。

くすみピンクなど「薄い」ピンクパンツのコーデ見本


一口にピンクパンツと言えど、その色味は様々。まずは、くすみピンクやベビーピンク、サーモンピンクなどの「薄いピンクパンツ」を使ったコーディネートをお届けします。濃いピンクよりも比較的コーディネートに取り入れやすいので、ピンクパンツに初めて挑戦する場合、まずは薄いピンクを選んでみてはいかがでしょうか。

黒レザー合わせで大人顔に導いて

 

ビッグポケットやワイドシルエット、長いベルトなど、ディテールにこだわった薄いピンクパンツの魅力を引き立てるよう、シックな黒を組み合わせて。かつレザーなら、甘いピンクの糖度が中和され、ぐっと引き締まって見えます。

パステルでまとめてハッピーオーラを放つ

 

ミントグリーンのトップスに、サーモンピンクのパンツ。その二色を拾ったアウターを組み合わせ、ふんわりと柔らかな光を放つパステルカラーコーディネートをメイク。フェミニンな着こなしは、タイトなまとめ髪でスタイリッシュさを添えると好バランスです。

ピンクの上下をグレーでかっこよく

 

ピンクのサテンシャツ、そしてくすみピンクのクロップドワイドパンツのカラーリンクスタイルは、スタイリッシュなグレーを合わせて都会的に。アウターはやや抜き襟、共布ベルトでウエストマークすることで立体的に整えると、こなれた雰囲気にまとまります。

ぬくもり感じるくすみピンクとファーの組み合わせ

 

ふわっとしたファーコートと暖色であるくすみピンクの相乗効果で、ぬくもりを感じるピンクパンツコーディネート。インナーはカジュアルな白のヘンリーネックトップスを合わせ、抜け感を授けています。

ベビーピンクでニュアンスコーディネートを楽しむ

 

淡く柔らかなベビーピンクパンツは、主張が強すぎないので様々なアイテムに合わせやすいのが魅力です。オフホワイトのボアコートと組み合わせ、今っぽいニュアンス使いを楽しんで。

強い黒×薄いピンクでメリハリ付け

 

薄いピンクパンツ合わせもしっくりくる、着回し力抜群の黒タートルニット。ブーツの白を薄いピンクに馴染ませることで、軽快さを演出することができます。コンパクトな黒のボディバッグや、ティアドロップのアイグラスなどの小物技で洒落感アップ。

淡いトーンで作るカラースタイル

 

全体をソフトな色調でまとめた、心が踊るようなカラースタイル。ブルーとピンクを基調にしながら、手元には鮮やかなライトグリーンバッグを迎え、プレイフルにまとめています。

白を効かせたピンクコーディネート

 

ふわっと柔らかそうな色合いのピンクを使って、ワンカラースタイルにトライ。ほんのりくすんだピンクなら、大人でもチャレンジしやすいです。小物やカーディガンで白を投入すれば、優しさは損わずにメリハリを高めることができます。

くすみピンク×鮮やかグリーンで抑揚をつけて

 

鮮やかなグリーンのニットプルオーバーに、くすみピンクを合わせた遊び心ある着こなし。くすみカラーを取り入れることで、色×色も強くなりすぎません。さらにVネックを選んで肌見せすることで、抜け感もクリアできます。

ピンク×ブルーでフレッシュさを呼び込んで

 

パステルピンク×ブルーのキャッチーなチェック柄パンツは、柄と同じカラーのトップスを合わせることでうまくまとまります。ドット柄のワンハンドルバッグやパイソン柄パンプスなど、小物のテイストミックスが感度を引き上げ。

ショッキングピンクなど「濃い」ピンクパンツのコーデ見本


「濃いピンクパンツ」を取り入れる際には、黒や原色のような強い色をぶつけてモードに着こなすか、薄い色を合わせてピンクの濃さを中和する着こなしがあります。濃い色、薄い色を合わせたコーディネート見本をそれぞれピックアップ。

濃いピンクを上下に散らして黒コートを新鮮に

 

オーソドックスな黒のロングコートは、ショッキングピンクのパンツとニットプルオーバーを合わせることで、たちまち鮮度の高い着こなしに。強い色同士の組み合わせなので、インナーとシューズで繋ぎ役の白を取り入れるとバランスよく整います。

モノトーン合わせでシックに着こなす

 

白、黒、グレーのようなモノトーンを合わせれば、濃いピンクパンツもシックな表情に。単調にならないよう、ヘリンボーンのコートやパール付きバッグなどディテールにこだわるとより立体的になります。

濃い色同士でモードに魅せる

 

真っ赤なトップスに、色味の異なるピンクを配置したストライプパンツ。強い色同士を組み合わせることで、モードさを引き出しています。小物は、抜け感を授けるヌーディカラーをセレクト。

白×濃いピンクで大人フェミニンを味わう

 

濃いピンクのストライプパンツは、カジュアルな白Tシャツ合わせで親しみやすく。幼くならないよう、小物はグレーのチェーンバッグや黒のローファーを選ぶと吉。

優しい白とベージュを組み合わせて

 

濃いピンクのチェックパンツに、ベージュのエコファーコートと白カットソーを組み合わせ、70sなムードが薫るヴィンテージスタイルに。穏やかなベージュ×白合わせなら、濃いピンクも優しげな雰囲気にきまります。

ベージュジャケットで品よくまとめる

 

ベージュのショートジャケットとシンプルな白カットソーを合わせ、濃いピンクパンツを品よくまとめた着こなし。サンダルのソール、ヒールカラーをさりげなくパンツとリンクさせているのが粋!

ライトグレーのジャケットでシャープにきめて

 

装いに洗練感を宿すのは、スタイリッシュなライトグレーのジャケット。インナーには、ピンクと繋がりの良いライラックを選んで統一感を作っています。

カジュアルなパーカーを小粋に着こなして

 

カジュアル感の強いパーカーは、濃いピンクのパンツを合わせることで新鮮さをプラス。パンツの黒サイドラインが、スポーティなムードを盛り上げます。足元には白のブーツを合わせ、切れよくまとめて。

PHOTO :
Getty Images
TAGS: