ピンク色のアイテムを取り入れたコーディネートをまとめました。この時期らしい春色を身にまとって出かけましょう。

【目次】

春のレディースピンクコーデ


【1】ピンクコート×白ブラウス×白パンツ×ストール

【1】ピンクコート×白ブラウス×白パンツ×ストール
コート・ブラウス(キートン)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール(アクリスジャパン〈アクリス〉)、時計・左手のブレスレット・右手のバングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

白のスタイリングをどこまでも新鮮にクラスアップさせる艶感のあるペールピンクのコート。シルクならではのシャイニー感が淡いトーンのピンクを優しく見せ、華やぎのオーラを放ちます。

【2】ピンクスカート×イエローニット

【2】ピンクスカート×イエローニット
ニット(オルドス ファッション ジャパン)、スカート(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

いつもなら同じトーンのベージュピンクで無難になじませるところを、今春は瑞々しく明るいイエローを選択して、遊び心あふれる色合わせに。シトラスイエローの爽やかさが際立って、スタイリッシュ。バッグと靴は、全身をつなげる役目のベージュが正解です。

【3】ピンクジャケット×黒ニット×黒スカート

【3】ピンクジャケット×黒ニット×黒スカート
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット・スカート(キートン)、ピアス・バングル・時計・リング(シャネル)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

装飾を省いた極めてミニマルなデザインながら、大きめテーラードカラーのデザインが豊かで女らしい表情を引き出してくれるジャケット。驚くほど軽いファブリックは触り心地なめらかなカシミヤ100%です。タートルニット×タイトスカートは最愛のブラックでまとめ、小物は知的なスクエア形で統一してクールな印象に。やわらかなピンクとのコントラストが、かえって女らしさを際立ててくれます。

【4】ピンクブルゾン×白Tシャツ×フレアロングスカート

【4】ピンクブルゾン×白Tシャツ×フレアロングスカート
ドゥロワーのブルゾン・ドラゴンのバッグ(ドゥロワー 丸の内店)、アバティのTシャツ・エリザベス アンド ジェームスのスカート(コロネット)、時計(ブライトリング・ジャパン)、靴(ebure〈アルムナエ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

今春、ぜひ取り入れたい大人のスポーツテイスト。ブルゾンはパワフルなピンクを選択。その迫力に負けないようにたっぷりしたフレアスカートで女力ある華やぎを加味しましょう。端正なアイボリーカラーとなら、軽快さも十分です。

【5】ピンクコート×イエローシャツ×スカート

【5】ピンクコート×イエローシャツ×スカート
コート・バッグ・シャツ・スカート・ネックレス(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

注目すべきは、肩の部分に手作業で染料をスプレーし、オフホワイトからピンクへとニュアンスをつけた美しいグラデーションのコート。さらに、裾と袖にメタルアイレットなどの装飾を配し、個性あふれる一着に。しなやかなカーフスエードならではの素材感を生かして、さっとはおる感覚で着こなしましょう。バッグは、イエローグリーンのパイソンで、全体を春らしいカラーパレットに!

【6】ピンクレースカットソー×ピンクスカート

【6】ピンクレースカットソー×ピンクスカート
トップス・スカート(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

どこまでも続く花畑に囲まれているような、夢見心地へと誘う、上質なピンクのレース。ヴァレンティノが誇る定番の「ヘビーレース」は、網目を多くもたず、花々のモチーフの輪郭を繊細につなげているのが特徴です。イタリアの伝統的な製法により紡ぎ出されたレースならば、淡いピンクの色調でも甘いだけに終わらず、特別な存在感を放ってくれます。

【7】ピンクスカート×黒ニット

【7】ピンクスカート×黒ニット
ニット・スカート(ブラミンク)、ネックレス・チャーム(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サングラス(ザ ライト〈マックス ピティオン〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

フューシャピンクのスカートは、優雅に揺れる流麗なシルエットが特徴。そんなフェミニンなボトムには、黒のシンプルニットで、スポーツテイストをプラスしましょう。サングラスや斜めがけバッグなどの黒を効かせた辛口小物も効果的です。

【8】ピンクコート×ピンクニット×ピンクスカート

【8】ピンクコート×ピンクニット×ピンクスカート
レザーコート・ニット・レザースカート・バングル・バッグ・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

光沢感のあるラムレザーのコートに、透かし模様の入ったコットンカーディガン、そしてイントレチャートのバッグ…。異なる素材が奏でる、繊細なピンクのハーモニーは、桜舞い散る、春の街並みにしっとりとなじみます。ややオレンジを帯びた落ち着いたトーンでそろえれば、ピンクでもここまで小粋な表情に仕上がります。

【9】ピンクロングカーディガン×Tシャツ×パンツ

【9】ピンクロングカーディガン×Tシャツ×パンツ
カーディガン・Tシャツ・ストール(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

上質なカシミヤウールのやわらかさを表現するのに最適なペールピンク。麻と綿のシャリ感のあるパンツを合わせ、今春のリラックスした雰囲気に。甘いピンク×涼しげなブルーで色味とテイストをミックスさせて、こなれた余裕を感じさせましょう。

【10】ピンクロングスカート×白Tシャツ

【10】ピンクロングスカート×白Tシャツ

トレンディなTシャツ×ロングスカートの好バランスを独自のセンスで色付けた上級者コーデ。チャーミングなピュアピンクとヴィンテージの刺しゅうバッグの絶妙なコラボレーションが、大人の余裕を感じさせます。シンプル服が着映えるテクニックは今すぐ習得して!

春のピンクトップスコーデ


【1】ピンクブラウス×ベージュロングスカート

【1】ピンクブラウス×ベージュロングスカート
ブラウス(ブラミンク)、スカート(アマン〈アンスクリア〉)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、帽子(ドゥロワー 丸の内店〈アルバータス・スワンポエル〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

身につけると気分が高まる鮮やかピンクなら美人度が上昇。今季新鮮さが漂うピンクの筆頭は、目の覚めるようなフューシャピンクです。顔映りもよく若々しい色のパワーを味方につけて、クラス感を演出しましょう。

【2】ピンクブラウス×デニムパンツ

【2】ピンクブラウス×デニムパンツ
ヴァレンティノのブラウス・デニム・ヴァレンティノ ガラヴァーニのスニーカー(ヴァレンティノジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア〈ボッテガ・ヴェネタ〉) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

繊細なフラワー柄をあしらったレースのトップスは、デニムとスニーカーでテイストをミックスさせてラフに仕上げましょう。品のいいフェミニンな旬のカジュアルが完成します。

【3】ピンクニット×白ジャケット×白スカート

【3】ピンクニット×白ジャケット×白スカート
靴『ジャンヴィト』(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(キートン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

春らしいピンクニット×ホワイトスカートのスタイルに寄り添うヌードベージュのスエードパンプス。軽やかなポインテッドトウとすらりと伸びたヒールが、着こなしをフレッシュに彩ってくれます。

【4】ピンクブラウス×黒スカート

【4】ピンクブラウス×黒スカート
ブラウス・スカート・バッグ(ジバンシィ表参道店〈ジバンシィ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

女心がときめく、フェミニンなペールピンクのブラウス。クリンクル加工が施された、シワ状に縮れた素材が空気をはらんで揺れ、大胆なフリルを大げさに見せることなく、こなれ感を生み出します。黒のボトムとクラッチで引き締め、スタイリッシュに仕上げましょう。

【5】ピンクブラウス×デニムスカート

【5】ピンクブラウス×デニムスカート
ブラウス・スカート(ステラ マッカートニー ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

女性ならだれもが心惹かれるピンク。甘いのは苦手…と思っていても、この季節になるとなぜか心がときめいてしまいます。ボリュームのあるパフスリーブが愛らしいピンクのブラウスは、咲き誇る花のように華やか。大人だから似合うピンクで、女性に生まれた喜びをまといましょう。

【6】ピンクニット×ピンクパンツ×ベージュコート

【6】ピンクニット×ピンクパンツ×ベージュコート
コート(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ニット・パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

大人が選ぶべきピンクは、ベージュに溶け込む淡いパウダートーン。ワントーンにも見える、繊細な色使いが洗練された着こなしへと導いてくれます。グレージュのバッグや時計で品を備えながらも、スカーフや靴で白をちりばめることで、すっきりと春らしい着こなしが完成します。

春のピンクパンツコーデ


【1】ピンクパンツ×ネイビーニット

【1】ピンクパンツ×ネイビーニット
スカーフ・ピアス・ブレスレット(エルメスジャポン)、ニット(ブラミンク)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、サングラス(ケリングアイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ピンクをリズミカルに重ねてつくる軽快さの際立ったパンツスタイル。90㎝四方のカレを首元にあしらえば、装いがとたんにドラマティックに変化します。エルメスのカレの記念すべき第1号の柄がグラフィカルにアップデートされた新作は、ピンクでも辛口な仕上がりに。黒ニットでなく、ネイビーとの合わせにシフトすると爽やかさが高まって春らしい印象になります。

【2】ピンクパンツ×ボーダーニット

【2】ピンクパンツ×ボーダーニット
パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、スニーカー(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

インパクトがあるボーダートップスには鮮やかピンクのパンツを合わせ、強さのバランスをとって。印象的な大人のマリンスタイルを楽しみましょう。

【3】ピンクパンツ×白カットソー×コート

【3】ピンクパンツ×白カットソー×コート
コート・カットソー(マックスマーラ ジャパン〈スポーツマックス〉)、パンツ・サングラス・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

コートは、リネンコットンの織地にレザー風のコーティングを施した素材。そのひと手間で布に陰影が生まれ、趣が出るため、こなれた着こなしがかなう白トレンチスタイルが完成します。コーラルピンクをさりげなくボトムに取り入れて、鮮やかな春の装いに仕上げましょう。

【4】ピンクパンツ×白ニット×コート

【4】ピンクパンツ×白ニット×コート
エス マックスマーラのコート・マックスマーラのニット・パンツ・バッグ(マックスマーラ ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

コートのピンクみをつなげて、ニット以外のアイテムを、さまざまなピンクカラーでまとめた着こなし。パンツのフューシャピンクがメリハリをプラスしてくれます。ニットで白を差して、さわやかな抜け感を演出しましょう。

【5】ピンクパンツ×白カットソー×コート

【5】ピンクパンツ×白カットソー×コート
コート・レーストップス(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

上品な艶のあるピンクベージュ、丸みのある襟のライン、軽やかな着丈…と王道のきちんと感がありつつどこか優しい雰囲気のコートを主役に。レースのブラウスとピンクの細身パンツを合わせて、繊細な淡色コーディネートを完成させましょう。シルバーのバッグとベージュのパテント靴が、すっきり感を後押ししてくれます。

【6】ピンクパンツ×グレーニット

【6】ピンクパンツ×グレーニット
パンツ・ニット(三喜商事〈アニオナ〉)、イヤリング・バングル・バングル(ヴァン クリーフ&アーペル)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン・ゼニス)、バッグ(STEP inc.〈モワナ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

細身ながら、ボディーラインを拾わない少し地厚のウールストレッチパンツ。着こなしはパンツと同色のコーラルピンクを部分的に配したクリケット風ニットとの、セットアップ感覚の組み合わせ。甘く優しい配色だからこそ、大ぶり時計とローファーでメンズライクに引き締めましょう。

【7】ピンクパンツ×グレーニット×ブルゾン

【7】ピンクパンツ×グレーニット×ブルゾン
ブルゾン(シシ)、グレーのノースリーブニット(クルチアーニ銀座店)、ピアッツァ センピオーネのパンツ・イレブンティのストール(三喜商事)、ピアス・ブレスレット・リング(ウノアエレジャパン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

レザーブルゾンで一歩差をつけるなら、洗いをかけたウォッシュドレザーに注目。ハードな印象のライダースが、しなやかに着こなせます。ヴィンテージの質感で、白ブルゾンが春色のニュアンスカラーとしっくりなじんで。

【8】ピンクパンツ×白ニット

【8】ピンクパンツ×白ニット
リング・ブレスレット(フレッド)、ニット・パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

まるでキャンディのような愛らしいリングは、あえて思いっきりカジュアルなローゲージニットに合わせるのが正解です。

【9】ピンクパンツ×黒ニット×黒カーディガン

【9】ピンクパンツ×黒ニット×黒カーディガン
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、カーディガン・ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ネックレス(エミリオ・プッチ ジャパン)、バングル(showroom SESSION〈マリア ブラック〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ボディーにつかず離れずでフィットするノータックのテーパードパンツは、シワになりにくいポリエステル・レーヨン素材。パッと目に飛び込んでくる鮮やかなコーラルピンクのパンツは、引き締め役の黒ニットと白の小物でメリハリをつけましょう。

【10】ピンクパンツ×黒ニット×ハット

【10】ピンクパンツ×黒ニット×ハット
パンツ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉)、ニット(デミルクス ビームス新宿〈チノ〉)、帽子(タア トウキョウ〈タア〉)、ドナテラ・ペリーニのネックレス・ブレスレット・ペリーニのバングル(ドレスアンレーヴ)、バッグ(ロンハーマン〈サラ ロペス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

きれい色はトップスよりも、顔周りから離れたボトムスで取り入れるほうが効果的。しかもきちんとした印象がもち味の「スティックパンツ」なら、いつもはシックな色合わせを好む大人の女性も抵抗なく挑戦できそうです。それでも鮮やかな発色に戸惑うならば、サーモンピンクやマスタードイエローなど肌なじみのいい色を選択しましょう。さらにその色に小物もリンクさせて、全体になじませつつ、きれい色の分量を増やしていくのが、こなれて見せるテクニック。最後に、着こなしのどこかに、引き締め色を加えることも忘れずに!

【11】ピンクパンツ×シルバーニット白×ジャケット

【11】ピンクパンツ×シルバーニット白×ジャケット
ジャケット(アマン〈アンスクリア〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、イヤリング・バングル(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットは爽やかなリネンビスコース素材。センターベント、本開きの袖の本格仕様に、ノーボタンという今らしい遊びで進化しています。ヒップを隠す着丈だから、パステルピンクパンツも脱・膨張! 淡い春配色を堂々と楽しみましょう。

春のピンクワンピースコーデ


【1】ピンクワンピース×ベージュトレンチコート

【1】ピンクワンピース×ベージュトレンチコート
ヴァレンティノのコート・ワンピース・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

トレンチは高めのウエスト位置にたっぷりとタックをとり、スタッズを配した優雅なフィット&フレアシルエット。さりげなく肩がけしたとき腰位置を高く見せ、たっぷりとした着丈が、ピンクワンピースの女らしい迫力を盛り上げてくれます。揺れるラッフル袖と波打つようなスカート部分のドレープが際立つように、あえて袖を通さず軽くはおって。

【2】ピンクワンピース×白ブルゾン×スニーカー

【2】ピンクワンピース×白ブルゾン×スニーカー
ブルゾン(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、シャツワンピース(三喜商事〈アニオナ〉)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(三喜商事〈イレブンティ〉時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

スモーキーピンクのシャツワンピースを、コンパクトブルゾンでカジュアルダウン! 辛口なゴールドパイソンのバッグを合わせると大人っぽさがさらに高まり、こなれた雰囲気に仕上がります。

【3】ピンクワンピース×バッグ

【3】ピンクワンピース×バッグ
ヴァレンティノのワンピース・ヴァレンティノガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

女性ならだれもが無条件に心惹かれるピンク。臆することなく着こなして、おしゃれの高揚感を実感しましょう。前身ごろはシンプル、後ろ身ごろだけ、ウエスト周りにドレープを寄せたフレアドレスは、無防備な後ろ姿にも自信がもてる一着です。遠目にも際立つフューシャピンクの愛らしさと、目の前で揺らめく美しさで可憐に演出。