ファッションコーディネートをテイスト別(系統別)にまとめました。自分好み・自分に似合うコーディネートを数多くのお手本から見つけ出しましょう。

【目次】

カジュアル系


【1】白シャツ×ベージュスカート×スカーフ

【1】白シャツ×ベージュスカート×スカーフ
シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、スカート(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉)、シルクスカーフ『マハラニの庭』・バングル(エルメスジャポン)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ラフに巻いたスカーフや少しビッグサイズへとアップデートした白シャツ…上品なくずしが絶妙な装い。ベーシック派こそ、今っぽさには敏感でありましょう。

【2】ボーダーTシャツ×ジャケット×デニムパンツ

【2】ボーダーTシャツ×ジャケット×デニムパンツ
ジャケット・Tシャツ・デニム・バッグ、靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

大人の春アウターにふさわしい上質なシルクのジャケット。コンパクトなライダース丈は、スカートにもパンツにも似合い、体型を選びません。光沢のある明るめのサンドベージュなので、程よい色落ちのデニムと好相性。シルクの上質感に頼って、かわいいボーダーTシャツを合わせたフレンチシックに仕上げましょう。

【3】白ブラウス×トレンチコート×黒パンツ

【3】白ブラウス×トレンチコート×黒パンツ
コート・シルクのブラウス・パンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベーシックなひざ丈のトレンチは、だれもが着るアイテムだけに、モードブランドのもつ洗練オーラで、圧倒的な違いを印象づけましょう。またスニーカーなどでカジュアルに、ラフに着くずすのは、今や平凡なパターンに陥りがちなので、黒のスティックパンツや細めのデニムにヒールパンプスで、シルエットを引き締めつつ、エレガンスを極めるのが大人の着こなし。袖口からしなやかなブラウスの白をのぞかせるだけでも華やぎます。

【4】柄ニット×白パンツ

【4】柄ニット×白パンツ
ニット・パンツ・バッグ(エミリオ・プッチ ジャパン)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

プリントの美しさで信頼の厚いエミリオ・プッチなら、柄ニットもこんなにエレガント。袖の切り替えがない程よいボリュームシルエットに、デジタルタッチを生かした鮮度の高い柄をあしらい、モダンを極めるニットに。大胆に見えるけれど、黒×白×ブラウンのベーシックカラーだから着こなしやすく、まとうだけで容易に着映えがかないます。

【5】ベージュニット×キャメルスカート

【5】ベージュニット×キャメルスカート
エストネーション、のニット・ペランのバッグ(エストネーション)、スカート(ショールーム リンクス〈セドリック シャルリエ〉)、アルテミス・ジョイエリのペンダント・ネックレス・マッティオリのネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

上品な光沢のラメがぎっしりあしらわれた ミラノリブのニットを主役に。Tシャツ型でどこかカジュアルなところも、今の気分にぴったりです。

【6】ベージュブラウス×デニムパンツ

【6】ベージュブラウス×デニムパンツ
ブラウス・デニム・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

春の陽差しを感じたら、軽やかな透け感ブラウスを主役にして装いをアップデート。ふんわりとしたシルクジョーゼットのブラウスは、ゴールド&シルバーの水玉や大胆なフリル使いまで、女心をくすぐるデザイン。大人が日常に着るなら、デニムなどブラウスの甘さを抑えるアイテムを合わせ、カジュアルに着るのが鉄則です。

【7】カットソー×ストライプカーディガン×黒パンツ

【7】カットソー×ストライプカーディガン×黒パンツ
カーディガン・カットソー・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

クリケットのユニフォームをイメージしたというゆったりシルエットながら、着やせ効果も備えた革新的なニットカーディガン。黒×キャメルのストライプ柄が縦のラインを強調するため、スタイルアップは確実です。黒ボトムに白のカットソーを合わせたシンプルコンビにふわりとはおるだけで、肩の力の抜けたリッチカジュアルが完成します。

【8】イエローブラウス×ベージュパンツ

【8】イエローブラウス×ベージュパンツ
ブラウス・パンツ(ソニア リキエル 青山店)、ペンダント・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈マクリ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(アングローバルショップ 表参道〈ペリーコ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

程よいハリとしなやかさを備えたコットンストレッチに、ギャザーでボリュームを出しながら、ウエストも袖口もキュッと絞ったバルーンスリーブのブラウス。全体にボリューム感がある場合、絞りをきかせたシルエットを選び、首、手首、足首を見せる抜け感でバランスよくまとめましょう。リラックス感のあるサフランイエローで、大人かわいいカジュアルに仕上げて。

【9】赤ニット×赤スカート

【9】赤ニット×赤スカート
トップス・レザースカート・ピアス・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

顔の表情をぱっと明るく見せる鮮やか色のトップスは、素肌がほんのりのぞく、透け感のあるポロ襟ニット。カジュアルなアイテムながら、素材感や襟の開き具合でさりげなく女らしさを感じさせるところが、今の気持ちにぴったりです。ボトムまでワントーンにまとめると華やさが倍増します。

【10】ネイビーシャツ×トレンチコート×パンツ

【10】ネイビーシャツ×トレンチコート×パンツ
スカーフ『ジュ・ドゥ・ポワ』(エルメスジャポン)、コート(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム ホワイトレーベル〉)、バンフォードのニット・イレブンティのシャツ・パンツ(三喜商事)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ピアス・ブレスレット (ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ヴァシック〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

シャツ+ニットのレイヤードにしなやかなベージュトレンチを合わせた上品カジュアルな着こなし。シャツの胸元を埋めるように70㎝角スカーフを配して顔周りに華やぎを添えつつ、リッチな印象に仕上げましょう。

【11】イエローカーディガン×トレンチコート×パンツ

【11】イエローカーディガン×トレンチコート×パンツ
コート(SANYO SHOKAI〈SANYO〉)、カーディガン(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、ネックレス・ピアス(チェルキ〈ルーナ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

前立てのボタンが縦ラインを強調して端正なシルエットが際立つコート。やわらかなコットンが着くずしたときにしなやかな表情を演出してくれます。ニット+パンツの端正スタイルを非凡に仕上げているのが、流行のブライトイエローのニットの見せ方。コートの袖をラフにロールアップしてニットをのぞかせるひと技で、カジュアルを極めた大人のセンスを香らせましょう。

【12】ニット×ブルゾン×白ロングスカート

【12】ニット×ブルゾン×白ロングスカート
ブルゾン・ニット・スカート・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、バッグ/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

さらりと肌を滑る感触が心地よいコットンナイロン素材を使用したMA-1タイプのブルゾン。ラムスエードを配した袖口のカフスには、ブランドアイコンのシルバービジュー『ルーチェ』がさりげなくあしらわれており、大人好みのラグジュアリーを表現してくれます。リラックス感のある白のロングスカートを合わせ、春らしい装いに。

【13】カーディガン×シャツ×ブルゾン×タイトスカート

【13】カーディガン×シャツ×ブルゾン×タイトスカート
コート(アングローバル〈イレーヴ〉)、アリュードのカーディガン・イレブンティのスカーフ(三喜商事)、シャツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ウィッスルズ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス(GALERIE VIE 丸の内店〈MODERN WEAVING〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ビシッと決めたジャケパンにあえてラフなミリタリーブルゾンを重ねるところがオシャレです。程よくボディーにフィットするニットのタイトスカートを合わせて、きちんと感とキレのある女らしさをアピール。白シャツの襟でキリッと引き締め、小紋柄スカーフとの合わせワザでかっこよさが実現します。色はシックトーンに抑えつつ、ボトムと小物で女らしい華やぎをプラスしましょう。

【14】グリーンニット×コート×パンツ

【14】グリーンニット×コート×パンツ
コート(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(三喜商事〈ストラネス〉)、サングラス(ファブ〈ティエリー ラスリー〉)、ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(IWC)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

カジュアル巧者の女性たちの間で、いつも話題になるのは、イタリア「伊達男」たちの着こなしセンス。特に「スポーツアウター」は、洒脱な彼らの真骨頂。肩の力の抜けた着くずしや、シックな色を印象的に見せる配色の巧さは、ぜひお手本にしたいところです。、例えば、フード付き「モッズコート」なら、そのままでは地味で武骨な印象。そこで鮮やかなグリーンを投入。派手かな? と思うくらいの差し色が、ジュエリー以上の効果をもたらし、軽妙さを演出します。「ミリタリーブルゾン」は、あえてまじめなスーツやジャケットの上に重ね、そのギャップを狙うのが、彼らの重ね着ルール。女性の場合は、堅くなりすぎないよう、白シャツ×カーディガンで、上品なレイヤードを実践してみましょう。

【15】ニット×マスタードコート×白パンツ

【15】ニット×マスタードコート×白パンツ
コート・ニット・パンツ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス・リング(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

独自の手法で防水加工を施したテクノ・スエードのアウターは、スペイン産のラムスキンを使用。極上素材を惜しみなく使っているから、若々しいフード付きも余裕が漂います。コクのあるマスタードイエロー×きりっとした白パンツ、そしてインナーは迷わずネイビーニットを! イタリア男さながらの配色センスで、鮮度の高い週末スタイルが完成します。

【16】ブルゾン×白ロングスカート

【16】ブルゾン×白ロングスカート
ブルゾン(三喜商事〈イレブンティ〉)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

わずか3㎜と紙のように薄くなめされたゴートスエードのフーデッドブルゾン。驚くほど軽いうえ、まるでベルベットのようなソフトな肌触りも魅力です。淡色グラデーションにまとめたスタイルに、爽やかなブルーのシルクスカーフをひと巻き。顔周りがパッと華やぎ、女性らしい優しさが生まれます。

【17】ニット×ジャケット×白パンツ

【17】ニット×ジャケット×白パンツ
ジャケット(トム ブラウン 青山)、ニット(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、パンツ(三喜商事〈アルト〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(パテックフィリップ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

やや長めの着丈のオーバーシルエットに、足首まできゅっと強調するスティックパンツの組み合わせは、今シーズンの最強コンビ! フォルムが上品なぶん、素材やきれい色を取り入れれば、おしゃれの幅もぐんと広がります。アウターはツイード地が華やかなテーラード。袖ぐり、ラペル幅が細身のため、着てみると想像以上にスマート。カジュアルを目指すなら、小物をメンズライクにまとめるのがこなれるコツです。

【18】ニット×ネイビージャケット×白パンツ

【18】ニット×ネイビージャケット×白パンツ
ジャケット(三喜商事〈ストラネス〉)、ニット(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス( シャンテクレール東京店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) 撮影/水田学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろの縦シーム、ビッグポケット、高めの位置に配されたダブルボタンなど、スタイルアップのための工夫が随所に散りばめられたジャケット。イタリア産のコットン混ナイロン生地は、しなやかでストレッチ性の高い着心地が魅力です。とろみのあるオフ白のワイドボトムが軽快さをもたらしてくれます。

【19】ピンクブラウス×デニムパンツ

【19】ピンクブラウス×デニムパンツ
ヴァレンティノのブラウス・デニム・ヴァレンティノ ガラヴァーニのスニーカー(ヴァレンティノジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア〈ボッテガ・ヴェネタ〉) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

繊細なフラワー柄をあしらったレースのトップスは、デニムとスニーカーでテイストをミックスさせてラフに仕上げましょう。品のいいフェミニンな旬のカジュアルが完成します。

きれいめ系


【1】ベージュブラウス×ベージュパンツ

【1】ベージュブラウス×ベージュパンツ
ブラウス(VINCE 表参道店)、パンツ(アングローバル〈イレーヴ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ストール(チェルキ〈クラウディオ クトゥーリ〉)、フィリップ オーディベールのピアス・バングル・ランドシヌールのリング(アストラット 新宿店)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

肌艶を美しく見せるシルクサテンのブラウスは、ぜひともワードローブに常備しておきたいアイテム。ボウ付きのデザインがおなじみですが、今季、ヴィンスから登場したのは、ありそうでなかったVネックデザイン。胸元に香るセクシーなシャープ感、ドロップショルダーのリラックス感、上品な素材感に漂うエレガンスを絶妙なバランスで集約した一枚です。ドレープが波打つ、とろみのあるストレッチシルクに、ゴールドのような艶をもつベージュが優美な陰影を描きます。

【2】白シャツ×ベージュタイトスカート

【2】白シャツ×ベージュタイトスカート
靴(セルジオ ロッシ)、シャツ(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、スカート(エストネーション)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、時計(オメガ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

働く女性が信頼を寄せるセルジオ ロッシのスティレットヒールパンプス。人気の7.5㎝ヒールに昨年仲間入りしたポインテッドトウパンプスが、すでに新名品との呼び声高く、ファッションの目利きたちの熱い視線を集めています。絶対的な美しいフォルムと履き心地のよさに加えて、『sr1』コレクションの特徴である、フロントのシルバープレートが、足元にエッジの効いたセンスを光らせます。しっとりとなめらかで、透きとおった肌のような、ラムナッパレザーのヌードベージュなら、春の明るい色の装いにも自然になじみ、つま先までブライトアップして、全身の透明感がぐっと高まります。

【3】水色ニット×ベージュコート×タイトスカート

【3】水色ニット×ベージュコート×タイトスカート
コート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(エストネーション〈エストネーション〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ、アルマーニ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

上品なベージュのノーカラーコートに、ピュアなブルーのニットが映えて。ゴールドラメが光る白のツイードスカートで、快活な印象に仕上げましょう。

【4】紫ニット×デニムパンツ

【4】紫ニット×デニムパンツ
靴・バッグ(JIMMY CHOO)、ザ ハイアリンのニット・トゥルー ロイヤルのデニム・スティーブン デュエックのネックレス・ハムのブレスレット(ストラスブルゴ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ラウンドトウの新作『ブリジット』を、スモーキーなピンクスエードで足元から気品漂う春カジュアルに。

【5】白ブラウス×赤パンツ

【5】白ブラウス×赤パンツ
シルクのブラウス・パンツ・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ピアス・バングル(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フェミニンな白ブラウスはたくさんあるけれど、こんなに上品で心ときめく花柄プリントは、ありそうでなかった逸品。コンサバティブなのに、際立つ美しさを、艶やかな赤いボトムが強く後押ししてくれます。かわいいストロー素材のバッグや、ゴールドメッシュのサンダルを軽やかに差して。

【6】白レースブラウス×白スカート

【6】白レースブラウス×白スカート
プルオーバーブラウス(ウールン商会〈フィロソフィ ディ ロレンツォセラフィニ〉)、山羊革のスカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ペンダント・リング(ナガホリ〈ロビンソン ペラム〉)、バッグ(ストラスブルゴ〈ザネラート〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フルレースの優雅さを、匂い立つ色気ではなく、楚々とした愛らしさで取り入れるのが、今年らしい着こなしの秘訣。オフホワイトでまとめて、上品なインパクトを演出しましょう。

【7】ベージュプルオーバー×白スカート

【7】ベージュプルオーバー×白スカート
トップス(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、コットンリネンのスカート(ebure)、ネックレス・リング(MBJ〈マルコ・ビチェゴ〉)、バッグ(バリー 銀座店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

パーティーで、グラスを持つ手が映えるような、袖の深いスリットで魅せるプルオーバートップス。ケープをまとうようにエレガントな一着を、オフ白~ベージュにパールでまとめて、圧倒的な気品を醸し出しましょう。長めのボリュームスリーブ×コンパクト丈のシルエットは、スタイルアップして見えるところもおすすめです。

【8】グレーブラウス×オレンジスカート

【8】グレーブラウス×オレンジスカート
バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(JIMMY CHOO)、スカート(コロネット〈エアロン〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

久しぶりに女友達と会うときは、明るくハッピーな女性を印象づけたい。そこで、気分を弾ませるオレンジのスカートを取り入れてみると…。いつもならシックな黒やベージュに合わせていたグレージュのシルクブラウスも、ボトムをきれい色に変えるだけで、表情まで生き生きと新鮮になります。合わせたきれい色はしっとりとやわらかな質感を生かしたミモレ丈のフレアスカート。深みのあるオレンジだから華美になりすぎず上品です。トップスをインして、共布のベルトでウエストマークすれば、スタイルアップ効果も狙えます。

【9】白ニット×ジレ×トレンチコート×白パンツ

【9】白ニット×ジレ×トレンチコート×白パンツ
コート(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、スカーフ『ジュ・ドゥ・ポワ』(エルメスジャポン)、バンフォードのジレ・ピアッツァ センピオーネのパンツ(三喜商事)、ニット(ADORE)、バングル(ファンエンパイヤ)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

白トップスに白いパンツ、白いジレ…とホワイトトーンでまとめた着こなしに、ベージュのコートをはおって品よく引き締めて。上品だけれどおとなしい印象にならないように、顔周りにペールトーンのスカーフを小さく効かせて小粋に演出しましょう。

【10】白レースカットソー×コート×ピンクパンツ

【10】白レースカットソー×コート×ピンクパンツ
コート・レーストップス(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

上品な艶のあるピンクベージュ、丸みのある襟のライン、軽やかな着丈…と王道のきちんと感がありつつどこか優しい雰囲気のコート。レースのブラウスとピンクの細身パンツを合わせて、繊細な淡色コーディネートを完成させましょう。シルバーのバッグとベージュのパテント靴でなじませつつ、すっきりとまとめるのもポイントです。

【11】ニット×グレーコート×パンツ

【11】ニット×グレーコート×パンツ
コート・パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ネックレス・リング(シャンテクレール 東京店)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

布帛のロングカーディガンのようなライトな感覚で着られる、ひざ下丈のシンプルトレンチ。リブニットとクロップドパンツで上品カジュアルに仕上げると、洗練度がぐっとアップします。

【12】グレーワンピース×グレーブルゾン

【12】グレーワンピース×グレーブルゾン
ブルゾン・ワンピース・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろはラムレザースエード、後ろ身ごろはジャージー素材と、異素材を組み合わせたジップアップブルゾンは、スポーティーアイテムならではの、快適な着心地と軽快なフォルムをもちながら、端正で上品な印象。その理由は、澄んだアイスグレーに染め上げたしなやかなスエードが、リッチ感を演出してくれるから。同仕様のワンピースとセットアップで着こなして、繊細な女性らしさをアピールしましょう。

【13】カットソー×ネイビージャケット×パンツ

【13】カットソー×ネイビージャケット×パンツ
パンツ(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、ジャケット(三崎商事〈マロ〉)、トップス(アストラット 青山店〈アストラット〉)、バッグ・ショルダーストラップ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ペンダント・リング・時計・ストラップ(ピアジェ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

バッグのストラップの鮮やかなイエローを差し色に効かせた、きれいめパンツスタイル。

【14】ニット×白ブルゾン×ピンクパンツ

【14】ニット×白ブルゾン×ピンクパンツ
ブルゾン(シシ)、グレーのノースリーブニット(クルチアーニ銀座店)、コーラルピンクのパンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ストール(三喜商事〈イレブンティ〉)、ピアス・ブレスレット・リング(ウノアエレジャパン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

レザーブルゾンで一歩差をつけるなら、洗いをかけたウォッシュドレザーに注目。ハードな印象のライダースでも、しなやかに着こなせます。ヴィンテージの質感で、白ブルゾンが春色のニュアンスカラーとしっくりとなじみます。

【15】黒ワンピース×ヒールパンプス

【15】黒ワンピース×ヒールパンプス
ワンピース・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオアルマーニ〉)、リング・時計( ピアジェ)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

一日中着ていても美しく快適にいられるのがジャージーワンピース。ダイヤモンド時計やクラッチバッグ、ポインテッドトウパンプスなど、エレガントな小物を合わせると気品あふれる装いが完成します。

モード系


【1】白ブラウス×黒パンツ

【1】白ブラウス×黒パンツ
ブラウス・パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、アイウエア(ミラリ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス・リング・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ノーカラーブラウスとストレートパンツを組み合わせて、シンプルエレガントな装いに。シルエットの美しさもさることながら、漂う上質感は、シルクやヴァージンウールなど最高級素材だからこそなせるワザです。 

【2】白シャツ×黒パンツ

【2】白シャツ×黒パンツ
シャツ・シルクのスカーフ・パンツ・イヤリング・リング(イヴ•サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

しなやかなシルククレープデシンの白シャツに、シャープな黒パンツという、凛として、研ぎ澄まされたミニマルモードな着こなし。繊細かつ個性的なモチーフジュエリーを重ねづけして、大人かわいいスタイルを演出しましょう。

【3】黒水玉ワンピース×ベルト

【3】黒水玉ワンピース×ベルト
ワンピース・ベルト(マイケル・コース ジャパン〈マイケル・コース コレクション〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

レトロな気分が投影されたマイケル・コースのシャツワンピース。気品が漂う小さな水玉プリントで、モノトーンの威圧感を封印しながらも、襟やカフスなど部分的にあしらわれた黒が、クールな引き締め効果を発揮してくれます。加えてふんわりとしたシルク特有のとろみが、ひざ丈プリーツに流れるような優しい表情を与えて。清楚なワンピースの雰囲気に、程よいモード感で刺激を与える、バイカラーの太ベルトがポイントです。

【4】黒ブラウス×白パンツ

【4】黒ブラウス×白パンツ
ブラウス(ニール バレット)、パンツ(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(バーニーズ ニューヨーク〈バーニーズ ニューヨーク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

重い印象になりがちな黒は、肌を見せる分量を計算するのも効果的。胸元のレースアップからのぞく肌、華奢な足首が、さりげなく女らしさを香らせます。リラックス感漂うプルオーバータイプは、ハリのあるコットン混生地にダブルカフスと、キレのある小粋な仕立てが魅力です。

【5】黒ブラウス×タイトスカート

【5】黒ブラウス×タイトスカート
ブラウス・スカート・バッグ・靴(ジバンシィ表参道店〈ジバンシィ バイ リカルド ティッシ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

モノトーンの美しさを極めたブラウスの身ごろは、袖に透け感のあるオールブラック。比翼仕立てのシンプルな前立てから伸びる、黒×白のリボンを裾で結べば、肩の力の抜けたモノトーンスタイルが完成します。ジップアップのタイトスカートを合わせて、まじめなスーツにはない女らしさを楽しんで。端正な配色に妖艶なシルエットが際立つ、新鮮なコンビネーションです。

【6】黒ブルゾン×白パンツ

【6】黒ブルゾン×白パンツ
ブルゾン・パンツ・バッグ(トム フォード ジャパン)、バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

甘さを排除した黒×白のメリハリ配色には、小物もモノトーンを合わせるのが常。でもここにキャメルをプラスすると…その華やぎ効果は抜群です! リネン混キャンバス地のショートブルゾンにワイドボトムを合わせたスポーティーな着こなしも、キャメルレザーのコクによって、ゴージャスなリッチ感が生まれます。

【7】黒ブラウス×ジャケット×白パンツ

【7】黒ブラウス×ジャケット×白パンツ
ジャケット(ディースクエアード 東京〈ディースクエアード〉)、ブラウス(アパルトモン青山店〈ティビ〉)、パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ベルト・バッグ(バリー 銀座店〈バリー〉)、ネックレス・ブレスレット・バングル(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フォーマル感を重視するなら、モノトーンをベースにするのがおすすめ。キャメル色の小物が、辛口配色に女らしさと軽やかさを授けてくれます。

【8】ツイードワンピース×黒カーディガン

【8】ツイードワンピース×黒カーディガン
ワンピース(アオイ〈ポール カ〉)、カーディガン(アオイ〈ポール カ〉)、サングラス(オリバーピープルズ東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉) 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ワンピースはツイードのトップ部分×ニット地のフレアスカート。上下で表情の異なる組み合わせは、セットアップのような楽しさときちんと感が同時に味わえます。温度調節にコンパクトなカーディガンを加味して。

【9】ベージュトレンチコート

【9】ベージュトレンチコート
コート(ヴァレンティノ ジャパン〈ヴァレンティノ〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

モードな雰囲気のコートは、よく見ると最愛ベージュのグラデーションが広がり、大人の心を魅了します。艶やかなミルクティーベージュのボディーに、ヌーディーなベージュのパッチポケットをオン。さらに、袖やウエストのベルトにはグリーンがかったベージュを採用。ベージュが奏でる繊細な色のハーモニーに夢中にならずにはいられません!

【10】イエローコート×ヒールパンプス

【10】イエローコート×ヒールパンプス
コート・バッグ『ラナウェイ』・ピアス・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

トレンチのマスキュリンな要素とドレスのような艶やかさを併せもったモードなコート。艶やかなイエローのチェック柄は、シルク×ポリエステルの混紡素材です。フロントを閉め、ウエストをきゅっと結べば、タップ部分がケープのように張り出して、立体的なフォルムを強調してくれます。バッグは、ナチュラルパイソンを黒のカーフレザーが引き締めるクールなコンビネーション。機能性抜群のトート型です。

【11】ストライプブラウス×千鳥格子コート

【11】ストライプブラウス×千鳥格子コート
コットンシルクのコート・シルクのブラウス・シルクのスカート・バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

鋭角的なピークドラペルに、縦ラインを強調するシームなど、研ぎ澄まされたモード感あふれるデザインを、英国調の千鳥格子で包んだコート。ブラウス&スカートやワンピースが醸し出す女らしさに、ピリリと洗練のスパイスを効かせて。チェック×ストライプの柄ミックスが幾何学的ハーモニーを奏で、鮮度の高い着こなしに仕上がります。

【12】白ブラウス×トレンチコート×黒パンツ

【12】白ブラウス×トレンチコート×黒パンツ
コート・ブラウス・パンツ・スカーフ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

計算し尽くされた細身シルエットがボディーラインを華奢に見せ、品格とモード感が両立した立ち姿をかなえるトレンチ。前を開けても広がりすぎず、さりげない着こなしをスタイリッシュに演出してくれます。シルクシャツにシルクの幅広ボウをさらりと巻いてやわらかなリッチ感を表現。辛口シンプルな着こなしが一気にこなれた雰囲気になります。

【13】黒ブラウス×トレンチコート×ワイドパンツ

【13】黒ブラウス×トレンチコート×ワイドパンツ
コート(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、スカーフ『パスマントリー・カドリ』(エルメスジャポン)、ブラウス・パンツ(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア〈シンクロ クロッシングズ〉)、時計(DKSH ジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ワイドパンツにトレンチをはおって迫力モードに。大きく効かせるスカーフですっきり感を強調しましょう。

【14】カーキワンピース×ヒールパンプス

【14】カーキワンピース×ヒールパンプス
ワンピース(ステラ マッカートニー ジャパン)、バッグ・靴(ステラ マッカートニー ジャパン)、ピアス(TASAKI)、時計(IWC) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ふっくらとボリュームのある袖と、ボディーに心地よくフィットするシルエットの対比が、今年らしいモード感を演出。小さなボタンをずらりと並べた前立てのデザインがポイントとなり、個性的な表情も感じられます。ミリタリーテイストのカーキは、カジュアル感が高くなるので、チェーンバッグやピンヒールの靴を合わせて、エレガントに昇華。全身をニュアンスカラーでまとめれば、着こなしに奥行きが生まれ、クラス感のある美しさが漂います。

【15】ノースリーブ×黒ブルゾン×パンツ

【15】ノースリーブ×黒ブルゾン×パンツ
ブルゾン・ノースリーブトップス・パンツ・バッグ(ジバンシィ表参道店)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

人気が復活したMA-1やボンバー風のディテールをベースに、クチュール感あふれるビジュー使いが贅沢なジップアップブルゾン。一見ハードな流行も、モードブランドの黒で取り入れれば、大人のカジュアルがグンとあか抜けます。また、ワンピースなどの女らしい着こなしに合わせるのも、上級センスの見せ場です。

【16】黒ドットブラウス×グリーンパンツ

【16】黒ドットブラウス×グリーンパンツ
ブラウス・パンツ・バッグ・リング(グッチ ジャパン)、インに着たキャミソール/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

上質なシルクジョーゼットで仕立てたドット柄のボウブラウス。ビビッドなブライトグリーンのパンツと合わせて、遠目から見てもハッとするほど新鮮な、おしゃれの冒険を楽しみましょう。スタッズでオリエンタルな文様を描いたチェーンバッグ『ディオニュソス』、ベルベットとクリスタルの異素材ミックスが楽しげなボリュームリングなど、小物使いも攻めの気分で。

【17】黒コート×赤スカート

【17】黒コート×赤スカート
コート・スカート・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

コートは「バー ジャケット」からインスパイアされたもの。そしてプリーツスカートは、メゾン創設時からコレクションに登場するアイコンアイテムです。コートの端正なシルエット、プリーツの流れるような動き…。最旬モードに息づくのは、メゾンで受け継がれる職人技術。エレガンスを紡ぐブランドゆえの物語を感じる着こなしが完成します。