カーディガンを取り入れたコーディネートをまとめました。寒暖差が大きいこの時期に便利なのが脱ぎ着しやすいカーディガン。そのカーディガンをおしゃれに着こなすテクニックをご紹介します。

【目次】

春のレディースカーディガン着こなしコーデ


【1】ロングカーディガン×フレアワンピース

【1】ロングカーディガン×フレアワンピース
ワンピース・カーディガン(三喜商事〈アニオナ〉)、ペンダント・時計・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ほのかに艶めくピンクベージュと、しなやかな落ち感がつくるドレープが、柔和な女らしさを印象づけるフレアワンピース。軽やかにはおったカシミヤのロングカーディガンとともに、体を美しく包み込む、流れるようなシルエットが、大人の女性のたおやかな色香を表現してくれます。

【2】ピンクカーディガン×ピンクニット×パンツ

【2】ピンクカーディガン×ピンクニット×パンツ
パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、カーディガン・ニット(エストネーション〈エストネーション〉)、ピアス・バングル(フレッド)、バッグ(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツは一見無地、よく見るとベージュにラメ糸を織り込んだグレンチェック柄。日本人体型に合うようにつくられた定番の細身シルエットです。休日のくつろぐ時間には、アンサンブルニットが活躍。甘さをたたえた上品配色も魅力です。

【3】ベージュカーディガン×白シャツ×白パンツ

【3】ベージュカーディガン×白シャツ×白パンツ
靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉)、イレブンティのカーディガン・パンツ・ストラネスの白シャツ(三喜商事)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フロントを埋め尽くしたクリスタルが足元にドラマを生んで。華奢なピンヒールではなく、パテントレザーで覆われたブロックヒールだからこそ、力の抜けたおしゃれがかないます。端正なホワイトスタイルは、ニュアンスのあるベージュカーディガンをはおって引き締め、洗練へと導きましょう。

【4】ツイードカーディガン×白Tシャツ×デニムパンツ

【4】ツイードカーディガン×白Tシャツ×デニムパンツ
カーディガン・Tシャツ・デニム・靴(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

グッチの伝統的なアイコン、ウェブ ストライプのトリミングが目を引くツイードカーディガン。たっぷりとしたオーバーサイズが鮮度の高い装いへと導いてくれます。1980年代に誕生したグッチ ロゴをアップデートしたプリントTシャツとブリーチデニムで、懐かしくも新鮮な着こなしに。足元の仕上げは、おしゃれ通に人気を博すホースビット付きスリッパサンダルで決まりです!

【5】ストライプカーディガン×カットソー×黒パンツ

【5】ストライプカーディガン×カットソー×黒パンツ
カーディガン・カットソー・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

クリケットのユニフォームをイメージしたというゆったりシルエットながら、着やせ効果も備えた革新的なニットカーディガン。黒×キャメルのストライプ柄が縦のラインを強調するため、スタイルアップは確実です。黒ボトムに白のカットソーを合わせたシンプルコンビにふわりとはおるだけで、肩の力の抜けたリッチカジュアルが完成します。

【6】キャメルカーディガン×キャメルニット×白ワイドパンツ

【6】キャメルカーディガン×キャメルニット×白ワイドパンツ
ラルフ ローレンコレクションのカーディガン・ニット・パンツ・ラルフ ローレンのバッグ(ラルフ ローレン)、ピアス・パールネックレス(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ファッションアイコンたちが時代を超えて愛してきたアンサンブルニットやパールネックレス。コンサバティブだからこその安心感も、多くの人に親しまれる理由のひとつです。そんな王道名品を退屈に見せず、絶えず旬を感じさせるのが、おしゃれの楽しさ。長めでゆったりとしたカーディガンに、ロングネックレスで、今年らしい着こなしに仕上げましょう。

【7】白カーディガン×スカーフ

【7】白カーディガン×スカーフ
カーディガン(三喜商事〈アニオナ〉)、トップス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、スカーフ(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ブレスレット(ボン マジック)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

優しいミルキーベージュが、大人の余裕あるスタイルへと導いてくれるカーディガン。首元には、洋服の色味とリンクをさせたベージュとネイビーのスカーフを2枚重ねてひと巻き。さりげないセンスのよさが光る着こなしへと昇華されます。

【8】イエローカーディガン×コート×パンツ

【8】イエローカーディガン×コート×パンツ
コート(SANYO SHOKAI〈SANYO〉)、カーディガン(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、ネックレス(チェルキ〈ルーナ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ニット+パンツの端正スタイルを非凡に仕上げているのが、流行のブライトイエローのニットカーディガンの見せ方。コートの袖をラフにロールアップしてニットをのぞかせるひと技で、カジュアルを極めた大人のセンスを香らせましょう。

【9】ターコイズブルーカーディガン×ニット×黒パンツ

【9】ターコイズブルーカーディガン×ニット×黒パンツ
パンツ(REYC)、カーディガン・ニット(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(SUPER A MARKET〈CULT GAIA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

センタープレス入りのパンツは、シルクシャンタンを思わせる光沢が美しい、ベーシックでもニュアンスのある一着。万能の黒パンツは、きれい色と相思相愛。鮮やか色のカーディガンともマッチして、美しくまとまります。

黒カーディガン着こなしコーデ


【1】黒カーディガン×黒シャツ×黒パンツ

【1】黒カーディガン×黒シャツ×黒パンツ
バッグ(STEP inc.〈モワナ〉)、カーディガン(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ノースリーブシャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バングル(ピエールアルディ 東京)、パンツ(ブラミンク〈ブラミンク〉)、帽子(ロンハーマン〈ロンハーマン〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロブラニク〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

カーディガンを主役に、キリッと潔い黒を重ねた着こなしに、小さなピンクを効かせて。存在感を放つ立方体のバッグは、縫い目が表に見えない「アングルステッチ」という、モワナでもたったひとりの職人だけに許された縫製が施された逸品です。

【2】黒カーディガン×黒ニット×スカート

【2】黒カーディガン×黒ニット×スカート
スカート・カーディガン・ニット(クルチアーニ 銀座店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)ピアス・ネックレス・右手のカフ・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

クルチアーニといえば、上質なニットウエアで名高いブランドですが、実は、ニットに合わせるコーディネートアイテムにも隠れ名品がひそんでいます。今季は、着こなしに女らしいこなれ感を生み出す、ベージュのスエードスカートを発見! 旬のタイトシルエットで仕立てたスカートは、ラップデザインで足さばきもよく、快適な着心地です。タイト&フィットが基本のクルチアーニのニットスタイルにはもちろん、オンオフを問わず、さまざまな装いで活躍必至のアイテムです。

【3】黒カーディガン×ツイードワンピース

【3】黒カーディガン×ツイードワンピース
ワンピース・カーディガン(アオイ〈ポール カ〉)、サングラス(オリバーピープルズ東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉) 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ワンピースはツイードのトップ部分×ニット地のフレアスカート。上下で表情の異なる組み合わせは、セットアップのような楽しさときちんと感が同時に味わえます。温度調節にコンパクトなカーディガンを加えて、シックにまとめましょう。

【4】黒カーディガン×イエロースカート

【4】黒カーディガン×イエロースカート
カーディガン(ビームス ハウス 丸の内〈ルトロワ×デミルクス ビームス〉)、スカート( Essence of ANAYI〈NADYA DZYAK〉)、ネックレス・ブレスレット(エディション・デコ 阪急百貨店 阪急うめだ本店〈ミリアム・ハスケル〉)、バッグ(アオイ〈カパフ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

黄色は身につけるだけで元気になれるビタミンカラー。ただし、膨張色であるために、着こなしにメリハリをつけることが大切です。トップスは黒のVカーディガンをあえてコンパクトにまとめ、ふんわりとしたスカートとの絶妙なバランスで、大人のかわいさを実現させましょう。

【5】黒カーディガン×赤ワンピース

【5】黒カーディガン×赤ワンピース
ワンピース(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ネックレス(ADORE 六本木ヒルズ店〈アントン ヒューニス〉)、ブレスレット・リング(ボン マジック)、バッグ(ロンハーマン〈ラドロー〉)、靴(ベイジュ〈PIPPICHIC〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

レディライクなAラインのワンピース×肩かけカーディガン。ジャッキーを連想させるコンサバな組み合わせに、鮮やかな色の要素が加わると、こんなにも新鮮な表情になります。

【6】黒カーディガン×キャメルブラウス×パンツ

【6】黒カーディガン×キャメルブラウス×パンツ
カーディガン(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ブラウス・パンツ(アパルトモン 青山店〈アテア オセアニア〉)、ネックレス・バングル(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(バリー 銀座店〈バリー〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

こっくりと深みのあるキャメルを上下で重ねてコンビネゾン風に。ゆったりとしたシルエットにリラックスムードが漂うなか、シルク生地ならではの光沢が気品を感じさせます。ロング丈の黒ニットカーディガン、インパクトのある白小物で、メリハリのある配色バランスを楽しみましょう。

【7】黒カーディガン×白シャツ×黒パンツ

【7】黒カーディガン×白シャツ×黒パンツ
シャツ・カーディガン(アリクアム)、パンツ(サポート サーフェス)、ピアス・チョーカー(ソフィー ブハイ)、リング(スティーブン デュエック)、パンプス(ストラスブルゴ<マノロ ブラニク>)

シャツの中に着たキャミソールが少し見えるくらいの黄金バランスを意識しながら、ボタンは上から3つを目安に、深めに開けましょう。自然なツヤ感のあるシャツの上には、シルキーな素材感のカーディガンを重ねます。光沢のある素材同士をレイヤーすることで、お互いの良さを引き立たせることができます。上半身はコンパクトに、ボトムスにはタックの入った立体感のあるパンツを合わせて、マニッシュにまとめましょう。

【8】黒カーディガン×白ワンピース

【8】黒カーディガン×白ワンピース
カシミヤのカーディガン(VINCE 表参道店)、ノースリーブワンピース(コロネット〈エアロン〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious6月号』小学館、2017年

リュクスなムードが漂うロング丈カーディガンは、ウエストマークして旬なエッセンスをプラス。最愛の黒だから、白を基調としたリラックス感のある装いもキリッと引き締まります。

【9】黒カーディガン×ニットワンピース

【9】黒カーディガン×ニットワンピース
ワンピース・カーディガン・ネックレス・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、バングル(ファンエンパイヤ〈ファンエンパイヤ〉)

自分だけの時間に着たいのは、リネン×シルクのサマーニットワンピース。どんな体勢でも体にフィットするゆるやかな着心地が、穏やかな時間へと誘います。

グレーカーディガン着こなしコーデ


【1】グレーカーディガン×コート×グレーパンツ

【1】グレーカーディガン×コート×グレーパンツ
ブルゾン・カーディガン・Tシャツ・パンツ・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈トーマス・マイヤー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ナイロンシルクタフタで仕立てたコートは、控えめな光沢が上品。グレーのジャージー生地を配した袖口や、ドローストリングでシルエットを自在に調節可能など、ひとひねりあるデザインも魅力です。メランジェニットのカーディガンで異素材をかけ合わせれば、こんなにも新鮮です。

【2】グレーカーディガン×白ワンピース

【2】グレーカーディガン×白ワンピース
ミラノリブのコットンカーディガン(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、コットンベースのストレッチワンピース(アオイ〈マントゥ〉)、ピアス・リング(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行 BY :『Precious6月号』小学館、2017年

今どきな着こなしが楽しめるロングカーディガンは、お仕事シーンでカジュアルになりすぎないよう、端正なジュエリーでアップグレードするのがおすすめです。白とグレーの配色は清潔感があるため、お仕事スタイルに最適です。

【3】グレーカーディガン×タンクワンピース

【3】グレーカーディガン×タンクワンピース
ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、カーディガン(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネックレス・時計『・リング(ピアジェ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious7月号』小学館、2017年

艶やかなイタリア製シルククレープストレッチを使用し、むだを省いたデザインと立体裁断がボディーラインをすっきり整えてくれるタンクワンピースが主役。端正なカーディガンを合わせたグレーコーディネートには、存在感を放つブレスレットウォッチが光ります。

ネイビーカーディガン着こなしコーデ


【1】ネイビーカーディガン×白ブラウス×カーキパンツ

【1】ネイビーカーディガン×白ブラウスカーキ×パンツ
エルミダのジャケット・ボルボネーゼのバッグ(三崎商事)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(MOGA WASHABLE)、帽子(ザ シークレットクロゼット六本木〈メゾンミシェル〉)、エディー ボルゴのバングル・フィリップ オーディベールのブレスレット(アストラット 青山店)、スカーフ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ドゥロワー 丸の内店〈スパールワート〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

爽やかなネイビーと白のトリコロール配色にこなれ感のあるカーキのパンツを合わせて、リッチ・カジュアルな休日コーディネートに。カジュアルベーシックにカーキアイテムをプラスするだけで定番コーデの鮮度を上げるシックな大人配色に仕上がります。

【2】ネイビーカーディガン×ワンピース

【2】ネイビーカーディガン×ワンピース
シルクのカーディガン・コットンのノースリーブワンピース(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious6月号』小学館、2017年

華やかなワンピースには、さっとはおれるカーディガンが便利。露出具合を調整しつつ、装いにメリハリを与えます。コンパクトなショート丈はワンピースの装いにグッと新鮮味を与え、美人シルエットに仕上がります。

【3】ネイビーカーディガン×白ワンピース×ハット

【3】ネイビーカーディガン×白ワンピース×ハット
ペンダント(プレインピープル丸の内〈イムカ ティムカ〉)、帽子(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー〉)、バッグ(八木通商〈ジェロームドレフュス〉)、靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、極薄ロングカーディガン(マック スマーラ ジャパン〈エス マックスマーラ〉) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious8月号』小学館、2017年

緑豊かな自然のなかではシンプルな白がひときわ素敵に輝きます。朝のうちはまだ空気もひんやりとしているので、肌寒いときには極薄ロングカーディガンが活躍してくれます。