白髪が伸びてくると、「早く染めたい」けれど、「頻繁に染めると髪が傷みそう」とか「サロンへ行く時間がなかなか取れない」という葛藤がありませんか?

そんな葛藤を解決してくれるのが、生え際を見せないヘアスタイル。しかも、このスタイルには頭頂部のボリューム不足まで解決するメリットもあるのだそうです。

【お悩み】髪のためにも白髪を染める回数を少しでも減らしたい!

ショート代表:大塚直子さん(44歳/会社員)のお悩みを解決するには…

■髪型:前髪を下ろすようにサイドへ流すスタイルで生え際を見せない!

完成
サイド
バック

大塚さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ(細→太)★★
  4. うるおい(乾→潤)★★★
  5. 白髪の量(多→少)★★

「大塚さんの髪はやわらかく、ボリュームが出にくいので、トップを短めにしました。少し短くすることでトップにボリュームが生まれ、かつ根元の白髪が目立ちにくくなるので、一石二鳥です」(FIX-UP スタイリスト・幡矢智之さん)

白髪は量に関係なく生え際が目立つもの。前髪を下におろすように横へ流して根元を隠してしまえば生え際の白髪が目立たなくなります。

■スタイリング:クセの出やすい内側の髪をアイロンで伸ばす

1本1本が細くてやわらかい髪はクセが出やすく、せっかく横に流しても、うねってしまいがち。

「しっかり伸ばしたいのは、前髪の内側にあたる生え際。ピンで前髪の外側にあたる毛束を留め、内側だけアイロンで伸ばしてください。前髪の表面にアイロンをかけるとツヤは出るのですが、ペタッとなってしまうので、ボリュームが欲しい髪には不向きです。前髪の表面にはアイロンはあてないようにしてください」(幡矢さん) 

スタイリング前

■1:両耳の延長線上の髪を3~5分、カーラーで外巻きにする

頭頂部の立ち上げは必須

■2:前髪の表面の毛束をピンで留め、内側の髪を140℃(くせが強ければ180℃)ほどのストレートアイロンで伸ばす

前髪の内側にあたる生え際をしっかり伸ばす

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. 前髪の表面にかかる毛束にはアイロンをあてない
  2. トップにレイヤーを入れてボリュームをプラス
  3. 根元は濃いめのアッシュ系、毛先は明るいアッシュ系で染め分けて立体感を

「アイロンをあてるとき、真っ直ぐ伸ばさないでください。毛先をちょっとだけ内巻きになるようにすると、女性らしさが出ます」(幡矢さん)

FIX-UP スタイリスト・幡矢智之さん。お気に入りのレストランが魚卵専門店。「みんなとワイワイ楽しく食事をするのが大好きです」

問い合わせ先

  • GINZA FIX-UP
    住所/東京都中央区銀座4-2-2 第一弥生ビル6F
    TEL:03-6228-7277
    営業時間:平日11:00~21:00 土・日祝10:00~20:00(ただし第二日曜は18:30まで)
    定休日:火曜(祝祭日の場合は営業)
綿密なカウンセリングで、その人ならではの個性を引き出してくれる居心地のいいサロン。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑