年を重ねると髪も肌もカッサカサに。うねった髪を束ねても、パサパサ状態は変わらないので、老けて見えてしまう印象は払拭できません。まずはパサつきを抑え、ツヤ髪に仕上げることがポイント。その秘策は毎日のスタイリングにあるようです。

【お悩み】パサパサして広がる髪にツヤが欲しい!

ミディアム代表:柳沢あかりさん(48歳/主婦)のお悩みを解決するには…

■髪型:レイヤーを低い位置に入れ、髪の重さでうねりを抑える

完成
サイド
バック

柳沢さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ (細→太)★
  4. うるおい (潤→乾)★
  5. 白髪の量 (多→少)★★

「柳沢さんの髪は1本1本が細いのですが、ボリュームがあります。レイヤーを入れて毛量を調整するとスッキリ見えるのですが、ツヤが出にくくなるデメリットが」(AFLOAT JAPAN店長・矢ヶ崎健さん)

ツヤを出すには、髪の長さを均一にするのがポイント。「レイヤーは低い位置で入れ、毛量は髪の内側で調整しています。そうすると、長さを残した髪の表面は重みでうねりが抑えられると同時にツヤ感が出て、内側で毛量を調整しているため、広がりが抑えられます」(矢ヶ崎さん)

■スタイリング:ブローでツヤ、アイロンでうねりをのばして軽やかヘアに

「カールアイロンで毛先を巻くだけでは、頭頂部にツヤは生まれません。まず髪全体をドライヤーでブローしてうねりを伸ばし、それからカールアイロンを使うとツヤ感に差が出ます」(矢ヶ崎さん)

またパサパサ髪でお悩みなら、スタイリング剤の選び方にも工夫が必要とか。「パサつきを抑えたい人はオイルを選びがちですが、オイルは髪の表面をコーディングするだけ。ミルクタイプのトリートメントなら、髪の内側から補修してくれるので、1日中ツヤ髪がキープできますよ」(矢ヶ崎さん)

矢ヶ崎さんのおすすめは、ナプラの『Nスタイリングセラム』(¥1,860)。スタイリングの仕上げに重宝しそう。

スタイリング前

■1:髪の根元から毛先へ、ブラシで撫でるようにブローしてツヤを出す

髪全体をブローしてうねりを伸ばしてから

■2:カールアイロンでサイドの髪を指2本分ずつ、中間から毛先を外巻きに

サイドの髪を巻く

■3:ミルク系のスタイリング剤を両手のひらに広げる

ミルクタイプのトリートメントを

■4:毛先を握るようにして、スタイリング剤をなじませる

両手でクリームをなじませる

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. スタイリングの前に髪を真っ直ぐに伸ばしてツヤを出す
  2. スタイリング剤はオイルではなくミルクタイプを選ぶ
  3. 顔まわりの毛先は外巻きにして引き上げ効果を狙う

「顔まわりの毛先が上向きになっていると、目尻や口角、頬のラインも引き上がって見えます」(矢ヶ崎さん)

AFLOAT JAPAN店長・矢ヶ崎健さん。3歳の女の子と1歳になる男の子の優しいパパ。「子どもが2人になると、育児が楽しくなりますね」

問い合わせ先

  • AFLOAT JAPAN
    住所/東京都中央区銀座2-5-14 銀座マロニエビル10F
    TEL:03-5524-0701
    営業時間:火11:00~21:00 水・金11:00~22:00 土10:00~20:30 日10:00~18:30 祝日10:00~19:00 
    定休日:月曜(祝日の場合は火曜に振り替え)
大人の女性が楽しめるカジュアルで上質な空間が広がる。AFLOATのフラッグシップ店。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑