白いジャケットを取り入れたコーディネートをまとめました。かっこいい大人の女性を演出するための白いジャケットに合わせるべきアイテムをご紹介いたします。

【目次】

レディース白ジャケットコーデ


【1】白ジャケット×ネイビーニット×ネイビーパンツ

【1】白ジャケット×ネイビーニット×ネイビーパンツ
ジャケット・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、眼鏡(バーバリー アイウェア)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ(ヴァレクストラジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは春の陽差しが透ける、極薄ウールのダブルフェース。身ごろにつながる襟は、高めに立てると華やかな表情に。春には少々重めなネイビートーンをクリアな白がワントーン明るく見せてくれます。あえて細身のスティックパンツに合わせてジャケットをゆったりとはおるのも、ボディーラインを華奢に見せるテクニックです。

【2】白ジャケット×黒ニット×ネイビーパンツ

【2】白ジャケット×黒ニット×ネイビーパンツ
ジャケット(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ニット(エンフォルド)、パンツ(Theory luxe)、ストール(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ベルト(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND〉)、サングラス(バーバリー アイウェア)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

成熟した女性のジャケットスタイルは、一歩間違えると相手を圧倒してしまう威圧感が悩みの種。むしろ女らしさを意識したほうが好印象を与えます。しなやかなラインをつくるよう、ジャケットもボトムも、とろみのある素材や、流れるようなシルエットを選ぶと効果的。足元は女度を上げるヒールがお約束です。ジャケットは、襟元から前立てにかけて、黒×白のステッチがアクセントになった端正な一着。小物までモノトーンでまとめた辛口スタイルが着こなしのポイントです。

【3】白ジャケット×白Tシャツ×黒スカート

【3】白ジャケット×白Tシャツ×黒スカート
ジャケット・Tシャツ・スカート・ネックレス(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

Tシャツをインに合わせ、美しいシェイプのジャケットをオープンに。軽やかなチュールのスカートを合わせた着こなしは、「ニュー ルック」の新解釈です。カジュアルな遊び心で表現したかしこまらないエレガンスは、まさに今の気分! これこそが、女性の精神性をリアルにとらえたマリア・グラツィア・キウリの視点です。

【4】白ジャケット×白インナー×黒スカート

【4】白ジャケット×白インナー×黒スカート
ジャケット・インナー(三喜商事〈イレブンティ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、和光のポケットチーフ・ネックレス・メゾン ルーバスのバングル(和光)、バッグ(ビームス ハウス 丸の内〈エマニュエラ ペトロガリ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

メンズのテーラリング技術を取り入れた着心地、控えめなディテールと素材選びに定評のあるイレブンティのジャケット。織り模様で表情豊かに仕上げたコットン素材は春のおしゃれに最適です。

【5】白ジャケット×白ワンピース

【5】白ジャケット×白ワンピース
ジャケット・ワンピース・ベルト・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

まとうだけで絵になるオールホワイトのコーディネート。細身のコットンワンピースは、スカートの裾のレースアップのディテールがアクセントに。ビッグシルエットの麻ジャケットを軽やかにはおって、どこまでも辛口のかっこよさが際立ったスタイリングを完成させましょう。

【6】白ジャケット×ベージュニット×黒パンツ

【6】白ジャケット×ベージュニット×黒パンツ
パンツ(Theory)、ユナイテッドアローズのジャケット・スタブス&ウートンの靴(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、ニット(スローン)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(TOMORROWLAND〈CULT GAIA〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツはTheoryの一番人気。二重織り生地を採用した細身ストレートです。ハリもあるので、直線的なラインを強調し、美脚効果も抜群。凛とした白ジャケットも、休日には力を抜いた余裕が欲しいもの。色数を絞り、シンプルに徹するのが正解です。

【7】白ジャケット×白シャツ×レオパード柄パンツ

【7】白ジャケット×白シャツ×レオパード柄パンツ
ジャケット・シャツ・パンツ・ピアス・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

構築的なシェイプシルエットは、屈指の名品「バー」ジャケットがベース。白のコットンシルクオットマン素材で、春の日差しに映えるクリーンな一着です。上半身は白いシャツで品よく、ボトムはレオパード柄のひざ下丈ワイドパンツで遊ぶ。この意外性が、こなれ感の決め手になります。

【8】白ジャケット×黒ビスチェ×黒パンツ

【8】白ジャケット×黒ビスチェ×黒パンツ
ジャケット(エストネーション〈パラス〉)、ビスチェ(コロネット〈エアロン〉)、パンツ(MOGA)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットは下襟とポケット口に配したサテンビスコース素材が特別感の決め手。幅広サッシュベルトで女らしくスタイルアップしましょう。黒のトップス+パンツに、ネックレスやバッグ、靴で煌きらめく縦ラインを演出し、スタイルのよさと洗練を両立。

【9】白ジャケット×シルバーニット×ピンクパンツ

【9】白ジャケット×シルバーニット×ピンクパンツ
ジャケット(アマン〈アンスクリア〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、イヤリング・バングル(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットは爽やかなリネンビスコース素材。センターベント、本開きの袖の本格仕様に、ノーボタンという今らしい遊びで進化させて。ヒップを隠す着丈だから、パステルピンクパンツも脱・膨張! 淡い春配色を堂々と楽しみましょう。

【10】白ジャケット×白ブラウス×黒ガウチョパンツ

【10】白ジャケット×白ブラウス×黒ガウチョパンツ
ジャケット(キートン)、ブラウス(三喜商事〈マレーラ〉)、ガウチョパンツ(REYC)、ピアス・ネックレス(ヴァンドーム、ヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ1915〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはダブルクレープ一枚仕立て。高い位置のポケットと後ろベルトで、全方位的にスタイルアップを狙えます。インナーをジャケットの裾からのぞかせるレイヤードで、いきいきとしたエレガンスを演出。

レディース白ジャケットコーデ【ノーカラー】


【1】白ノーカラージャケット×イエローブラウス×白パンツ

【1】白ノーカラージャケット×イエローブラウス×白パンツ
エス マックスマーラのジャケット・マックスマーラのブラウス・パンツ・バッグ・ストラップ(マックスマーラ ジャパン)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレスとして使用したブレスレット・ネックレス・チェーンブレスレット・バングル・リング(ティファニー·アンド·カンパニー·ジャパン·インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アンゴラ混ウール地のダブルフェースの、低めのスタンドカラーがスタイリッシュな主役のジャケット。着丈が長いぶん、ハイウエストを意識した着こなしでスタイルよく仕上げましょう。

【2】白ノーカラージャケット×白ニット×ブラウンパンツ

【2】白ノーカラージャケット×白ニット×ブラウンパンツ
靴(アマン〈ペリーコ〉)、ジャケット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ニット・パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ネックレスチェーン・チャーム(シャンテクレール東京店)、バングル(ADORE 六本木ヒルズ店〈ADORE〉)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/唐澤光也・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

上品なナチュラル配色のジャケットスタイルは、小物でこなれた遊び心をトッピングするのがセンスアップのポイントです。

【3】白ノーカラージャケット×黒ニット×グレーロングスカート

【3】白ノーカラージャケット×黒ニット×グレーロングスカート
ジャケット(Theory luxe)、ニット(八木通商〈ルトロワ〉)、スカート(三喜商事〈イレブンティ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、スカーフ(MOGA)、ピアス・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ〉)バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはノーボタン、センターベントで動きやすくて、今らしい一着。カーディガン感覚でふんわりスカートに合わせ、リラックスした女らしさを表現しましょう。