インテリア、特に北欧デザイナーズ家具の愛好家の方、必見です!
近代北欧デザインの代表作とも言われるセブンチェアの限定モデルが、2017年5月より販売中です。

フリッツ・ハンセンチョイス2017は北欧家具の名品の「セブンチェア」セブンチェア¥82,000(税抜)
※販売期間:2017年5月から年内受注分まで

フリッツ・ハンセン社はデンマークで1872年に創業して以来、ハンス・J・ウェグナー、アルネ・ヤコブセン、ポール・ケアホルムなど国際的なデザイナーと組むことで優れた北欧家具を生み出してきました。

クラシックな名品が連なる同社のアーカイヴから毎年1製品を選び出し、カラーやファブリックに現代的なエッセンスを加えた限定モデルを発表するのが、「フリッツ・ハンセンチョイス」シリーズ。2014年のエッグチェアを皮切りに、2015年のスワンチェア、2016年のアリンコチェア……と、インテリアが好きな人たちに、大きな話題を呼んでいます。

そして。4作目となる2017年、フリッツ・ハンセン社の名を一躍世界に知らしめたアルネ・ヤコブセンの代表作セブンチェアが、ついに登場しました!

フリッツ・ハンセンチョイス2017は北欧家具の名品の「セブンチェア」

フリッツ・ハンセンとは? セブンチェアとは?

建築家アルネ・ヤコブセンは、同社を代表するプロダクトを数多く生み出したデザイナーのひとり。建築のみならず、家具、照明、テキスタイルなどあらゆるものをトータルデザインし続けた、デンマークデザインの第一人者です。

フリッツ・ハンセン社においては、当時の画期的技術だったプライウッド(成形合板)やスチールを取り入れたモダンかつ機能的なプロダクトを次々と発表しました。

1955年に発表されたセブンチェアは、アルネ・ヤコブセン特有の有機的な曲線美が目を引く、アリンコチェアの後続モデル。フリッツ・ハンセン社が誇る成形合板技術やコンパクトにスタッキングできる機能性に加え、背の部分を大きく広げて耐久性を増したアイコニックなデザインは世界中を魅了し、現在までに700万台以上も販売製造されています。

今回の限定モデルも、オリジナルデザインと製造工程を忠実に踏まえた上で、アップデートされたもの。

フリッツ・ハンセンチョイス2017は北欧家具の名品の「セブンチェア」メルロー
シェル(座る部分)のカラーは深い色合いで固く結んだ桜のつぼみを表す「メルロー」と、桜の花びらのような繊細な華やぎを感じる「ヌード」の2色。

合わせた4本脚のベースもまた、このたび新しく採用された22金のローズゴールドメッキで、やわらかな雰囲気を醸しています。

日本の春景色から生まれた優しい色合いと、デンマークらしいミニマルなフォームのマッチング。私たちの暮らしの風景にすっと馴染む、新たなる名品が完成しました。

リビング、ダイニング、書斎、オフィス…と、どの空間においても絵になるセブンチェアは、単体で取り入れるほか、何脚かそろえたり、ほかの家具とコーディネートするのも醍醐味のひとつ。

テーブルトップを新たなラミネート材でリニューアルしたばかりの「テーブルシリーズ」

フリッツ・ハンセンのテーブルシリーズはセブンチェアと好相性

また、このセブンチェアとの相性No.1とされる「テーブルシリーズ」は、2017年2月1日から仕様変更が行われ、コーディネートの幅が広がりました。

テーブルトップを、耐傷性のある新たなラミネート材にリニューアルし、ピンクコロラドなど新色5色を含む8色展開へ。また、ホワイト、ブラック、グレーの天板は、同色に粉体塗装された脚を選べるようになりました。

フリッツ・ハンセンのテーブルシリーズはセブンチェアと好相性
※「テーブルシリーズ」を含む写真2点内のセブンチェアは、「フリッツ・ハンセンチョイス2017」ではありません。

フリック・ハンセンチョイス2017モデルのセブンチェアと、テーブルと、あなたの部屋や気分と。今最も旬なプロダクトの競演による、スペシャルなインテリアコーディネートを完成させるのも楽しいですね!

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.7.8 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。