クラッチバッグを取り入れたコーディネートをまとめました。クラッチバッグの色やブランドごとにおすすめのコーディネートをご紹介します。

春におすすめのクラッチバッグコーディネート


白のクラッチバッグ×黒セットアップ

白のクラッチバッグ×黒セットアップ
ジャケット・パンツ(マディソンブルー)、カットソー(スローン)、ピアス・ネックレス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ウエスト位置を高めで絞ったジャケット、ヒップラインを美しく見せるパンツ…。こんなさりげない女らしさを感じさせる、シルエットのきれいな黒のセットアップにはミニマムなクラッチバッグが好相性です。

黒のクラッチバッグ×カットソー×ワイドパンツ

黒のクラッチバッグ×カットソー×ワイドパンツ
トップス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ピアス・ネックレス(エム&アソシエイツ〈ロドリゴ ニューヨーク バイロドリゴ オタズ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンドコー〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)  撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

爽やかな印象の杢グレーのワイドパンツには、女らしいやわらかさを添えるネイビーのシルクブラウスが好相性。艶のある黒のクラッチバッグを添えて、上品にまとめましょう。

黒のクラッチバッグ×ワンピース

黒のクラッチバッグ×ワンピース
ワンピース・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオアルマーニ〉)、リング・時計( ピアジェ)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

一日中着ていても美しく快適にいられるジャージーワンピース。ダイヤモンド時計やクラッチバッグ、ポインテッドトウパンプスなど、エレガントな小物を合わせると気品あふれる装いに仕上がります。

白のクラッチバッグ×オールインワン

白のクラッチバッグ×オールインワン
コンビネゾン(YOKO CHAN)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、バングル(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ひらりとしたスリーブラインが大ぶりの花弁を連想させる、黒でも華やかな印象のコンビネゾン。一枚でも着映え効果抜群なので、必要以上に甘く着飾らず、ほかはあえてシンプルなものを合わせましょう。スクエア形のクラッチバッグ、ゴールドのインパクトジュエリーなど、シャープな小物使いがオールインワンのエレガントな曲線美を際立たせてくれます。

黒のクラッチバッグ×ニット×スカート

黒のクラッチバッグ×ニット×スカート
スカート(オールウェイズ〈M・Fil〉)、ニット(スローン)、マリハのネックレス・ヒロタカのバングル(showroom SESSION)、バッグ(クリスチャン ルブタン ジャパン)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

シンプルニット×ハイウエストのふんわりスカートは、大人かわいい着こなしの基本形。丈に前後差をつけたデザインと大胆に施されたタックによるボリューム感で、佇む姿さえも愛らしい印象に。フィット&フレアのシルエットを極めれば、クラッチバッグまで黒でそろえた着こなしでも、シャープすぎず、好感度も高い装いに仕上がります。

黒のクラッチバッグ×ブラウス×スカート

黒のクラッチバッグ×ブラウス×スカート
ブラウス・スカート・バッグ(ジバンシィ表参道店〈ジバンシィ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

女心がときめく、フェミニンなペールピンクのブラウス。クリンクル加工が施された、シワ状に縮れた素材が空気をはらんで揺れ、大胆なフリルを大げさに見せることなく、こなれ感を生み出します。黒のボトムとクラッチで引き締め、スタイリッシュに仕上げましょう。

メタリックのクラッチバッグ×ブラウス×パンツ

メタリックのクラッチバッグ×ブラウス×パンツ
シルクのブラウス・パンツ・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

研ぎ澄まされたモードな黒に、カフスだけ甘さを添えて。ほんの少しだけなのに、フリルレースのドレスアップ感に圧倒されます。この見事な甘辛バランスの華やぎは、大人の女だからこそ生かせるもの。手元を強調するメタリックな輝きをミニバッグでプラスしましょう。

ベージュのクラッチバッグ×ジャケット×パンツ

ベージュのクラッチバッグ×ジャケット×パンツ
ボリオリのジャケット・パンツ、シャツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ポケットチーフ・バッグ(和光)、メガネ(ファブ〈セリマ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

カジュアルなコットンのニットジャケットは、高密度で編まれているため形くずれもせず、きちんと感も◎。インナーの滑りを助けるため、袖のみ裏地を採用するうれしい配慮もこなれています。大きめのクラッチバッグでメンズライクな仕上がりに。

ベージュのクラッチバッグ×ブラウス×パンツ

ベージュのクラッチバッグ×ブラウス×パンツ
ブラウス・パンツ・バッグ(ドリス ヴァン ノッテン)、インナー/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

袖を通すだけでワクワクするような、美しい透け感のモカベージュのブラウス。端正なシルエットでありながら、肌にヴェールをまとったようなニュアンスを与える繊細なシルクオーガンジー素材と、襟元の精緻なビジューによって、ぐっと華やかなニュアンスに。同系色のバッグとチェックのパンツを合わせ、シックにリズミカルに春のベージュのおしゃれを楽しみましょう。

ベージュのクラッチバッグ×ニット×スカート

ベージュのクラッチバッグ×ニット×スカート
エストネーションのニット・ペランのバッグ(エストネーション)、スカート(ショールーム リンクス〈セドリック、シャルリエ〉)、アルテミス・ジョイエリのペンダント・ネックレス・マッティオリのネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

上品な光沢のラメがぎっしりあしらわれた ミラノリブのニットを主役に。Tシャツ型でどこかカジュアルなところも、今の気分にぴったり。手元には女性らしいクラッチバッグを合わせて、上品にまとめましょう。

メタリックのクラッチバッグ×ブラウス×タイトスカート

メタリックのクラッチバッグ×ブラウス×タイトスカート
靴(セルジオ ロッシ)、シャツ(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、スカート(エストネーション)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、時計(オメガ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

働く女性が信頼を寄せるセルジオ ロッシのスティレットヒールパンプス。人気の7.5㎝ヒールに昨年仲間入りしたポインテッドトウパンプスが、すでに新名品との呼び声高く、ファッションの目利きたちの熱い視線を集めています。絶『sr1』コレクションの特徴である、フロントのシルバープレートとメタリックなクラッチバッグで、エッジの効いたセンスを光らせましょう。

ベージュのクラッチバッグ×ブラウス×ワイドパンツ

ベージュのクラッチバッグ×ブラウス×ワイドパンツ
ブラウス(VINCE 表参道店)、パンツ(アングローバル〈イレーヴ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ストール(チェルキ〈クラウディオ クトゥーリ〉)、フィリップ、オーディベールのピアス・バングル・ランドシヌールのリング(アストラット 新宿店)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

肌艶を美しく見せるシルクサテンのブラウスは、ぜひともワードローブに常備しておきたいアイテム。ボウ付きのデザインがおなじみですが、今季、ヴィンスから登場したのは、ありそうでなかったVネックデザイン。胸元に香るセクシーなシャープ感、ドロップショルダーのリラックス感、上品な素材感に漂うエレガンスを絶妙なバランスで集約した一枚です。バッグやストールまで同系色でまとめて、優美な陰影を強調しましょう。

黒のクラッチバッグ×ジャケット×タイトスカート

黒のクラッチバッグ×ジャケット×タイトスカート
ジャケット・シャツ・パンツ・ピアス・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットの構築的なシェイプシルエットは、屈指の名品「バー」ジャケットがベース。白のコットンシルクオットマン素材で、春の日差しに映えるクリーンな一着が登場。アイコニックなクラッチバッグ、ボトムはレオパード柄のひざ下丈ワイドパンツで遊ぶ。この意外性が、こなれ感の決め手です。

黒のクラッチバッグ×ジャケット×ブラウス×スカート

黒のクラッチバッグ×ジャケット×ブラウス×スカート
ジャケット(ebure)、ブラウス(ルック〈スキャパ〉)、スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダスポート〉)、ピアス(ヴァンドームヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ・靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはネイビー×白のバーズアイ(ごく小さなドット)を黒のレザートリミングが引き締めて。ゆったりとした身ごろと袖でノーカラージャケットをモードに更新。端正なブラウス+タイトスカートにはおって、こなれたきちんと感を演出しましょう。華奢なバッグを合わせれば、仕事の後にエレガントな予定がある日にも向く装いに。

グリーンのクラッチバッグ×ジャケット×スカート

グリーンのクラッチバッグ×ジャケット×スカート
ジャケット・スカート(ebure)、ニット(Theory luxe)、ピアス(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉)、バングル(ヴァンドームヤマダ〈ロバートリー、モーリス〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットは軽く爽やかなリネン素材。フロントや袖口のジップが辛口のモード感を醸す一方、ウエストにはハンドワーク風ステッチをあしらって高級感をトッピング。クールな印象になりすぎないように配色バッグやインパクトパンプスでモードな彩りを添えましょう。

黒のクラッチバッグ×ワンピース

黒のクラッチバッグ×ワンピース
ワンピース・バッグ(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バングル(ビジューラウンジ 新宿髙島屋店〈ビジューラウンジ〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ワンピースは体にフィットするリブニットと布帛のスカート。ポール カの定番人気=コンビワンピースは、フィット&フレアの絶妙なバランスが魅力です。手元にはクラッチバッグを添えて、品よくまとめて。

エルメスの白クラッチバッグ

エルメスの白クラッチバッグ
バッグ『アルザン』・シルクスカーフ・シルバーのブレスレット『シェーヌ・ダンクル』(エルメスジャポン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

長さが調節できるストラップは、ショート、ロング、クロスと3段階のショルダー使いが楽しめるうえ、外せば、クラッチバッグ、トート式のハンドバッグにも。そんな万能バッグを、マットなチョークホワイトで小さく差せば、アクセサリーの魅力も引き出しながら、洗練のスパイスになります。

ボッテガ・ヴェネタのクラッチバッグ

ボッテガ・ヴェネタのクラッチバッグ
バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

1978年発表の原型をさらに洗練させて、トーマス・マイヤーが2002年の自身のデビューコレクションで誕生させたクラッチ。ブルーフラワーが可憐です。

プラダのパステルグリーンクラッチバッグ

プラダのパステルグリーンクラッチバッグ
バッグ『プラダ カイエバッグ』(プラダ カスタマーサービス) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

艶やかなスムースカーフにシルバーの金具が涼しげ。チェーンストラップも付いているので、クラッチ、ショルダーとふたつの顔が楽しめます。