夏のきれいめコーデまとめ。スニーカーでつくるきれいめコーデ、パンツでつくるきれいめコーデ、スカートでつくるきれいめコーデなど、夏にピッタリな上品スタイルをご紹介します。

【目次】

夏のきれいめコーデ【スニーカー】


【1】スニーカー×黒ニット×白パンツ

【1】スニーカー×黒ニット×白パンツ
バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈カパフ〉)、ニット(Theory luxe)、パンツ(トレメッツォ〈モモニ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スニーカー(三喜商事〈イレブンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

夏のドライビングカジュアルはシックカラー×白がおすすめ。自然に囲まれた郊外の景色に溶け込みます。小物で大人の品格と深みを添えて。

【2】スニーカー×白ニット×白パンツ

【2】スニーカー×白ニット×白パンツ
ニット(ラグ & ボーン 表参道)、パンツ(コロネット〈ラディアンス ド シセ〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スニーカー(ゴールデン グース デラックス ブランド 青山〈ゴールデン グース デラックス ブランド〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

心地いい休日のために欲しいのは、ゆったりとしたシルエットのニット。前身ごろと左袖にあしらわれたストライプがポイントのニットは、深めのVネックからほんのりと女らしさが漂います。

【3】スニーカー×白ブラウス×ブルーパンツ×黒ジレ

【3】スニーカー×白ブラウス×ブルーパンツ×黒ジレ
ジレ(MOGA)、トップス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、パンツ(ウィム ガゼット 青山店〈ベルウィッチ〉)、ヘッドフォン(アユート〈マスター・アンド・ダイナミック〉)、傘(エストネーション〈ワカオ〉)、バッグ(GALERIE VIE 丸の内店〈HEREU〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

きれい色パンツ×白ブラウスも素敵だけれど、そこに黒のジレでこなれ感をプラスしましょう。

夏のきれいめコーデ【パンツ】


【1】白パンツ×グレーブラウス

【1】白パンツ×グレーブラウス
パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ブラウス(MOGA)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

新しい定番ボトムを、という想いで開発したという「ストラスブルゴ」渾身の一本。足首のスリットでひねりを加えたパンツは、オールシーズン対応のストレッチ素材を使用。きれいめな印象をつくるなめらかな質感が、装いのテイストの幅を広げてくれます。

【2】白パンツ×黒ブラウス

【2】白パンツ×黒ブラウス
パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブラウス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ブレスレット(ドゥロワー 丸の内店〈ゼーファー〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

フロントに2本ずつタックを入れたサイドジップパンツ。ワンタック仕様よりも、ももからヒップにかけて、さらにゆとりをもたせているので楽ちんな着心地です。軽やかな肌触りのドレープ性の高い素材が、きれいめな印象をしっかりキープしてくれます。

【3】白パンツ×ネイビーブラウス

【3】白パンツ×ネイビーブラウス
ブラウス・パンツ・サッシュベルト(ebure〈ebure〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ネックレス・キーチャーム・キーチャーム・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ネイビー×白×キャメルの上品配色は、色使いの名人、ピッティの伊達男たちをお手本に。旬のサッシュベルトで新鮮さをプラスしましょう。

【4】白パンツ×ライトブラウンシャツ×ハット

【4】白パンツ×ライトブラウンシャツ×ハット
靴『シグニチャーローファー』(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉)、シャツ(ビームス ハウス 丸の内〈フィナモレ〉)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、ピアス・ネックレス・バングル指先側から/(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(プレインピープル丸の内〈ドラゴン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

エクスクルーシブなスエード素材の白のローファーを選んだら、カジュアルな着こなしがグレードアップ。フィット感抜群で足に吸いつくような、フレンチクラシックなシューズを厳選しましょう。

【5】白パンツ×黒ブラウス

【5】白パンツ×黒ブラウス
パンツ(三喜商事〈マレーラ〉)、ブラウス(wb)、ピアス・ブレスレット(デペッシュモード恵比寿本店〈ラ・キアーヴェ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

マレーラのカプセルコレクション『ART.365』のシグネチャー素材、ビスコースレーヨンのパンツ。ドライタッチの生地はシワになりづらく、かつ、ウォッシャブル。365日着回せるシーズンレスな素材使いと、タックの折り目から続くセンタープレス入りで、シーンレスに活躍する上品なデザインです。

【6】ネイビーパンツ×ネイビーブラウス

【6】ネイビーパンツ×ネイビーブラウス
ブラウス・パンツ(コロネット〈エアロン〉)、ピアス・ネックレス・リング(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

客室や個室など、自分たちだけの空間となる場所では、心も体もくつろげる装いをしたいもの。さりげなく女らしいセットアップできちんとしつつもリラックして。

【7】デニムパンツ×黒ニット×黒カーディガン

【7】デニムパンツ×黒ニット×黒カーディガン
バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈カパフ〉)、カーディガン・ニット(スローン)、デニム(ゲストリスト〈Yoshiko Tomioka For RED CARD〉)、バングル(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス表参道店〈キャッツ〉)、靴(J.M.WESTON 青山店〈J.M.WESTON〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

オーソドックスな着こなしをセンスよく印象づけるのは、遊び心のあるかごバッグと上質なローファー。手元のバングルで、女らしさを添えましょう。

【8】ネイビーパンツ×ストライプシャツ

【8】ネイビーパンツ×ストライプシャツ
時計『セルペンティ スピガ』・リング『セルペンティ』・イヤリング『ビー・ゼロワン』・バングル(ブルガリ ジャパン)、シャツ(キートン)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

エレガントで力強い美しさをたたえるヘビのモチーフのブレスレットウォッチ。白ならネイビーのストライプシャツの華やぎと清潔感はそのままに、個性的で迫力のある女らしさが演出できます。

【9】白パンツ×白チュニック

【9】白パンツ×白チュニック
チュニック(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、バッグ(NobukoNishida)、ペンダント(プレインピープル丸の内〈オルネ〉)、ベルト(キートン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

リラクシーな白をさらに格上げするのは、シルバー箔にスクラッチ加工が施された、深みのある色合いが上品なレザートート。手荷物の整理に最適なミニバッグも合わせ、コンビで2個持ちすれば、華やぎはさらにアップします。

【10】ベージュパンツ×白Tシャツ

【10】ベージュパンツ×白Tシャツ
Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、ストール(キートン)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

リッチなベージュに切れ味のいい白を効かせることにより、ベーシックカラー同士が生み出す、気負わないラグジュアリーが実現。マットな配色のアクセントとなるメタリック小物は、盛りすぎず、スパイス程度に少量を効かせるのが上品に仕上げるコツです。

【11】白パンツ×赤プルオーバー×ネイビーカーディガン

【11】白パンツ×赤プルオーバー×ネイビーカーディガン
マックスマーラのパンツ・エス マックスマーラのカーディガン(マックスマーラ ジャパン)、プルオーバー(ストラスブルゴ〈ロベルタ フルラネット〉)、バッグ(エリオポール銀座〈フランシス バレンティーヌ〉)、靴(アマン〈イル サンダロ オブ カプリ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

冷房のきいた場所で一日過ごすときは、カーディガン、ボトムともにロング丈を選んで、長時間過ごしても快適な着心地を優先して。ネイビー×テラコッタのこっくり配色に白を加えれば、上品トリコロールが完成します。

【12】白パンツ×白ブラウス

【12】白パンツ×白ブラウス
ブラウス・パンツ・バッグ・バッグに付けたタッセル(トム フォード ジャパン)、サングラス(トム フォード アイウエア)、ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

クリアな白をどこまでも贅沢に、心地よいシルクのセットアップでまとう。その心意気が着こなしの女っぷりのよさにも表れます。ノースリーブトップスには長いボウがあしらわれ、後ろで結ぶと華やかな女らしさが香り立ちます。存在感のある横長フォルムのバッグで、さらにシャープさを強調しましょう。

【13】黒パンツ×白プルオーバー

【13】黒パンツ×白プルオーバー
シルクコットンのニット・パンツ・バッグ(コロネット〈ザロウ〉)、バングル(デペッシュモード恵比寿本店〈ペリーニ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

夏の定番、チュニック丈トップスよりも、さらに華やかで存在感があるロング丈のプルオーバーニット。前身ごろの打ち合わせの重なりで、巻きスカートのように揺れる裾が、女らしく流れ落ちるすっきりシルエットに。白なら圧倒的なかっこよさが手に入ります。露出した腕には、大ぶりバングルで大胆にインパクトを効かせることも忘れずに。

【14】白パンツ×ベージュノースリーブ

【14】白パンツ×ベージュノースリーブ
コットンのトップス(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バングル(トッズ・ジャパン)、バッグ(アオイ〈ロートル ショーズ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ニュアンスカラーをクリアに引き立てるのがピュア白の効果。夏はすっきりとしたなじませ配色が、ひとつ上の洗練へと導いてくれます。ピンクベージュのトップスは背中のベルト飾りが高い位置で視線を集める着映えの一着。合わせるのは、きれいな白とリッチなゴールドだけで十分です。

夏のきれいめコーデ【スカート】


【1】ネイビースカート×ボーダーニット×カーディガン

【1】ネイビースカート×ボーダーニット×カーディガン
カーディガン・インナーニット・スカート・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)、サングラス(ドルチェ&ガッバーナ アイウェア) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ボーダーなのに上品かつ、女らしい! その理由は、フェミニンポイントを語れるアイテムの選択にあり。アンサンブル風に重ねたハイゲージニットは、透け感のあるシルク素材。濃厚ネイビーのタイトスカートが女らしいボディーラインを強調し、ボーダー特有のカジュアル感を払拭してくれます。足元はピンヒール、ワンハンドルのクラシカルなバッグを携えたら、若者とは一線を画す上級マリンルックの完成です。

【2】エスニックスカート×ネイビーシャツ

【2】エスニックスカート×ネイビーシャツ
シャツ(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、スカート(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、サングラス(ザ ライト〈マックス ピティオン〉)、ウノアエレのネックレス・ワンエーアールバイウノアエレのバングル(ウノアエレ ジャパン)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(アオイ〈ロートル ショーズ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

エスニックなスカートが主役なら、それ以上のカジュアル要素は必要なし。上品なカラーシャツにスクエアのチェーンバッグ、足元はヒールと、きちんと感を意識することで洗練された装いに仕上がります。

【3】白タイトスカート×白ブラウス

【3】白タイトスカート×白ブラウス
バッグ(JIMMY CHOO)、ブラウス・スカート(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス(メゾン・ド・ナディア〈ロビンソン ペラム〉)、時計(IWC) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

前面は、ヘリンボーン状に編み込んだラフィア素材。ナチュラルカラーにシルバーを吹き付けた表情は、軽やかでクールな印象です。服に当たる背面と底面は、ライトモカ色のやわらかなレザーに。ハンドルをライトグレーにした4配色が、装いを上品にまとめます。

【4】オレンジスカート×白Tシャツ

【4】オレンジスカート×白Tシャツ
Tシャツ(レキップ)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、ピアス・ネックレス(マルコ・ビチェゴ ジャパン)、リング(デペッシュモード恵比寿本店〈ペリーニ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

鎖骨をわずかにのぞかせる襟元がフェミニンな雰囲気を醸し出して。まるでブラウスのような上品さは、細番手のコットンが生む光沢感や、袖口をダブルで仕上げることで表現しています。みずみずしいオレンジ色のミモレ丈スカートとクリーンな白Tシャツのコンビネーションが、夏にふさわしい爽快なイメージを演出してくれます。

【5】ネイビースカート×白ノースリーブ

【5】ネイビースカート×白ノースリーブ
トップス・スカート・サングラス・ネックレス・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ネイビー×白でつくるメリハリ配色はあたりまえ。トップスを艶のあるオフベージュにすることで、端正な女らしさが漂います。さらに、ミッドナイトネイビーのタイトスカートに深く入ったスリットが女度をアップ。シンプルな組み合わせなのに、印象に残る着こなしが完成します。

【6】グレースカート×カットソー×レザーブルゾン

【6】グレースカート×カットソー×レザーブルゾン
ブルゾン(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、カットソー(オールウェイズ〈M・fil〉)、スカート・ベルト(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バッグ(ドゥロワー 丸の内店〈イニス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

艶やかなラムレザー×デニム風生地×スエード…。素材が異なることで生まれるネイビーの微差が繊細な女らしさを印象づけてくれます。ふんわりとした袖が特徴的なレザーブルゾンは、紙のような薄さが自慢。カーディガン風に肩がけするのも素敵です。

【7】カーキタイトスカート×ネイビーブラウス

【7】カーキタイトスカート×ネイビーブラウス
ブラウス(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、スカート(ADORE)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

程よいボリューム感が新鮮なネイビーのブラウスには、女らしいカーキのタイトスカートを合わせ都会的に。ピュアホワイトのバッグを足すことで、キレ味のよい夏スタイルが完成。

【8】白タイトスカート×グレーニット

【8】白タイトスカート×グレーニット
ニット(スリードッツ青山店)、スカート(オールウェイズ〈M・fil〉)、ネックレス(TASAKI)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(J & M デヴィッドソン 青山店) 撮影/竹内裕二 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

程よくストレッチのきいたコットンの白いタイトスカートは、清潔感のある女らしさをアピールできる一枚。クリアな白の魅力を損なわない、淡いグレーのニットで、涼感をもたらすハイトーンのベースづくりを。明度の高いなじませ配色には、グレーやシルバーの小物をレイヤード感覚で重ねると、都会的なセンスが漂う着こなしが完成します。

【9】白黒スカート×トップス×ロングジレ

【9】白黒スカート×トップス×ロングジレ
トップス(キートン)、ジャケット(三崎商事〈マロ〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、バングル(ファンエンパイヤ)、バッグ(ウールン商会〈ブルマリン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

辛口なコンサバスタイルは、白と黒の分量を同率にすることで、モノトーン特有の威圧感を払拭し、大人の女性にふさわしい品格が手に入ります。トップス+ボトムの単品コーディネートだけでは心もとないので、この夏のオンシーンに欠かせないロングジレがここでも活躍。かごバッグやヒールなど小物は黒を選び、細部まで気を抜くことなく心地よい緊張感をキープしましょう。

【10】黒スカート×水色ブラウス

【10】黒スカート×水色ブラウス
スカート(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、シルクブラウス(TOMORROWLAND〈BALLSEY〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

上半身の印象が決め手の日は、サックスブルーのブラウスに、パールネックレスを添えて、たおやかな女らしさを。スカートにインしてコンパクトにまとめるのがベストです。