髪のクセやうねりを真っ直ぐに伸ばそうとすると、時間も手間もかかってしまいますよね。朝の時短で済ませたい時間帯には、なかなか現実的ではありません。

そんなお悩みを解決してくれるのが、前髪だけブローで伸ばすスタイル。前髪だけビシッと伸びていると、ヘアスタイルにメリハリが生まれ、サイドやバックのクセやうねりがアクセントに見えてくるから不思議です。

【お悩み】膨らんで膨張する髪を落ち着かせたい!

ショート代表:那須明美さん(50歳/会社員)のお悩みを解決するには…

■髪型:顔周りと襟足をスッキリさせてシルエットにメリハリをつける

完成
サイド
バック

那須さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬) ★★★
  2. ボリューム(少→多) ★★★
  3. 髪の太さ (細→太) ★★★
  4. うるおい (乾→潤) ★
  5. 白髪の量 (多→少) ★

毛の1本1本がしっかりしているうえに、量も多いのでまとまりにくいのが那須さんの髪。

「ショートにすると、髪が広がってしまう…と思いこんでいませんか? そんなことはなく、広がりやすい部分をカットで抑えておけば、実に扱いやすいスタイルになるんです。このスタイルはマッシュルームカットがベースで、頭頂部にボリュームを持たせています。サイドにボリュームが出すぎないようにレイヤーを入れ、襟足、もみあげ部分、顔まわりをスッキリ軽めにカットしているので、サイドやバックの毛がうねっても、それが逆にメリハリ感となって、気にならなくなるはず」(Rougyヘアデザイナー・二階堂 雪さん)

■スタイリング:「前髪だけ真っ直ぐ」に伸ばしてメリハリ感を出す

髪全体にうねりやクセがある場合、そのすべてを真っ直ぐに伸ばすのはかなりの重労働。「ピンポイントでいいんです。前髪だけ真っ直ぐ前に伸ばすようにブローすれば、スタイル全体にメリハリが生まれます」(二階堂さん)

スタイリング前

■1:ロールブラシで前髪を「下側から前に流す」ようにブロー

ロールブラシは前髪の内側に

■2:手のひら全体に広げたワックスを、サイドの髪を揉み込むようになじませる

サイドの髪を上に向かって揉み込む

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. うねりを伸ばすのはポイントになる前髪だけでOK
  2. 顔周りや襟足をスッキリさせた髪型にし、全体的にメリハリを出す
  3. 前髪をブローするときは真っ直ぐ前方向に

「前方向にブローしてから前髪をサイドに流すようにすると、分け目がパッキリ割れないので、白髪が目立ちにくくなります。顔周りや頭頂部に白髪の多い方は、ぜひお試しを」(二階堂さん)

Rougyヘアデザイナー・二階堂 雪さん。部屋に花を飾ることにハマっているとか。「今、多肉植物を集めています」

問い合わせ先

  • Rougy
  • 住所/東京都港区南青山3-10-32Aoyama Morita bldg 1F
    TEL:03-6804-6082
    営業時間:火~木11:00~20:00 金12:00~21:00 土・日祝10:00~19:00
    定休日:月曜、第1・3火曜(月曜が祝日の場合は火曜に振り替え)
ひとりひとりの髪質や個性を生かしたスタイリングを提案してくれる大人の隠れ家的サロン

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑