髪が広がりやすいけれど、ボリュームも足りない…40~50代女性の髪悩みは一筋縄では解決できません。こんな「髪が広がる」「髪が薄い」という相反するお悩みも、目のつけどころを変えるだけで、意外と簡単な方法で解決できるようです。そのやり方を、美容室Rougyのヘアデザイナー二階堂 雪さんにうかがいます。

【お悩み】うねって広がる髪をペタ~っとさせずに、落ち着かせたい!

ミディアム代表:灰渕美亜さん(38歳/主婦)のお悩みを解決するには…

■髪型:横に広がらないように、レイヤーはサイドに入れる

完成
サイド
バック

灰渕さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬) ★
  2. ボリューム(少→多) ★★
  3. 髪の太さ (細→太) ★★
  4. うるおい (乾→潤) ★
  5. 白髪の量 (多→少) ★★★

1本1本がやわらかく、コシのない灰渕さんの髪。「顔周りからサイドはハサミでレイヤーを入れて、広がりを抑えるようにカットしています。後頭部には、髪の重みで広がりを抑えられるように、レイヤーを入れていません。レイヤーを入れて顔の周りを軽くするだけで、フェイスラインが引き締まって見えるため、小顔効果も狙えます」(Rougyヘアデザイナー・二階堂雪さん)

■スタイリング:毛先を指でねじるだけで、うねりがカールに変身!

一定の方向ではなく、あちこちの方向にカールしていると髪が広がって見えるもの。「髪がやわらかく、クセのある髪質だからこそできるスタイルがあります。それは指でクルクルねじる巻き髪。指で巻くと毛束感も出るので、髪の横への広がりも抑えられます」(二階堂さん)

スタイリング前

■1:「地肌を擦る」ように前髪の根元を乾かす

髪ではなく根元を乾かす

■2:ドライヤーを当てながら、髪の中間あたりから人差し指に2~3回巻き付けるようにねじる

手を自然な手ぐしとしてくるくる巻く

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. 分け目をはっきり付けない
  2. 顔周りのカットは軽めに、重たくしない
  3. バックはレイヤーを入れず、髪の重さで広がりを抑える

「頭頂部から前髪は地肌を擦るようにして髪を乾かしてください。そうすると前髪がパックリ割れにくくなるので、薄毛な印象に見られなくなります。白髪の多い人にもオススメのドライヤー技です」(二階堂さん)

Rougyヘアデザイナー・二階堂雪さん。部屋に花を飾ることにハマっているとか。「今、多肉植物を集めています」

問い合わせ先

  • Rougy
  • 住所/東京都港区南青山3-10-32Aoyama Morita bldg 1F
    TEL:03-6804-6082
    営業時間:火~木11:00~20:00 金12:00~21:00 土・日祝10:00~19:00
    定休日:月曜、第1・3火曜(月曜が祝日の場合は火曜に振り替え)
ひとりひとりの髪質や個性を生かしたスタイリングを提案してくれる大人の隠れ家的サロン

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑