発売以来、世の多くの女性を虜にしている、ラ・プレリーの「スキンキャビア」。シャンパンゴールドに輝くその粒状カプセルは、抜群の保湿&引き締め効果など、優れた美容効果を発揮して、輝くように明るく、キメの整った理想のハリ肌に導いてくれるのです。そんな「スキンキャビア」の成分を配合した、スペシャルなクッションファンデーションが誕生しました。

「スキンケア効果と美しい仕上がり」を両立させた、リュクスなクッションファンデ

SC エッセンス-イン-ファンデーション SPF25/PA+++ 15ml×2 ¥22,000

ラ・プレリーの原点である「スキンキャビアコレクション」から、待望のクッションファンデーションが2018年5月11日に誕生します。その名も『SC エッセンス-イン-ファンデーション』。艶肌ブームの到来とともに、ファンデーションに新ジャンルを確立させた“クッションファンデ”のニューフェイスは、スキンケア効果とベースメイク効果を詰め込んだ、ハイブリッドな製品。

スキンキャビアから特殊な方法で抽出したハリと保湿の「スキンキャビアウォーター」をベースに、「スキンキャビアエキス」やオタネニンジン根エキス、スギナエキス、糖タンパクからなる独自の複合保湿成分「セルラーコンプレックス」など、美容成分をふんだんに配合し、ハリや引き締めのファーミング効果を実現。

SC エッセンス-イン-ファンデーション SPF25/PA+++ 15ml×2 ¥22,000 広告ビジュアル

また、ファンデーションの色の芸術的な効果を引き出すために、保湿効果のあるアミノ酸でコーティングされたピグメントと、やわらかな球体で光を発散する、ソフトフォーカス処理したパウダーがブレンド。肌の上で滑らかに伸び、欠点をカバーしながら、艶めく美肌に。SPF25/PA+++と、紫外線対策もバッチリです。

内部構造
コンパクトには光や空気を遮断する技術が使われています

そして、光沢のあるスタイリッシュなコンパクトは、中蓋なしで品質を保つために、光や空気を遮断する特許取得のエアレス機能を搭載した密封型。X線技術を使ってオブジェクトの美しさを捕らえるイギリスのフォトグラファー、ニック・ヴィーシー氏による、X線技術を使って写し出した内部構造のビジュアル(上写真)も、とてもセンセーショナルでエレガント。

美と科学のその先へと探求を続けるブランド姿勢を、「アートそのもの」だと喩えるラ・プレリーに、ふさわしいデザインに仕上がっています。


実際に美容エディターがお試し! その洗練された仕上がりにうっとり

クッションファンデーションのセット
SC エッセンス-イン-ファンデーションのボックスとコンパクト

そんなラグジュアリーなクッションファンデを、40代の美容エディターがひと足お先に使わせていただきました。あらかじめコンパクトにセットされたファンデーション別に、レフィルもIN。残量が分かりにくいクッションファンデ、予備があるのは非常に心強いです。

予備のクッションファンデ
コンパクトを開いてみると

コンパクトを開くと、顔を出すのはソフトメッシュネット。パフで軽く1プッシュするだけで、適量を取ることができます。肌にのせてみると、その軽さにビックリ。まるで美容液をのせているかのようにスルスルとのび、肌にピタッと密着。一度塗りだと元から肌がきれいな人っぽいナチュラルさです。重ね塗りするとカバー力も上がり、毛穴や小じわ、色ムラなどの気になる40代の肌の欠点をしっかりカバーして、洗練された艶めき肌に。

個人的におすすめの塗りかたは、顔全体にサッと薄く伸ばしたあと、カバーしたい部分だけ、ポンポンとタッピングするようにしてファンデーションを重ねるテクニック。タッピングするとツヤ感も増すようで、いい感じに光が当たって肌のアラが飛ぶんです!

重ね塗りによるカバー力UPとのダブル効果で、思わず鏡を二度見してしまうほどの美しい仕上がりに。重ねて塗っても、ファンデーションが肌に溶け込むようになじむので、厚塗り感はナシ。

before→after

手元でbefore→afterをお見せしたいと思います。手の甲の色ムラや青筋が目立たなくなっているのがおわかりかと。一度塗りでこのすばらしさです。さらに、クレンジングするその瞬間まで、美しい艶めき肌はしっかり持続。メイクオフしたあとも、いつもより肌がもっちりとしており、スキンキャビアの底力を実感。大人の女性にふさわしい、贅を尽くしたクッションファンデのすばらしさを、ぜひご体感いただきたいものです。

なお、2018年5月31日まで、本アイテムのサンプルプレゼントが実施されています。店頭にて名前を登録すると、こちらの「SC エッセンス-イン-ファンデーション」のサンプルがもらえるそう。

http://laprairie-lpj.comへアクセスのうえ、お近くの店舗でサンプル引換券または、ウェブで保存した画面のご提示をしてみてくださいね。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
新田晃与