夏のグレーアイテムを使ったコーデまとめ。グレーのカーディガンやグレーのスカート、グレーのパンツを使った着こなし方や、さらにはグレーに合わせたい色のご提案も! 爽やかな夏のコーデに、ぜひグレーを取り入れてみてください。

【目次】

レディース夏のグレーコーデ


【1】グレーワンピース×イエローカーディガン

【1】グレーワンピース×イエローカーディガン
コットンカーディガン・ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ハッとさせるような迫力があるイエローのミニ丈カーディガン。知的なワンピースを、フレッシュに印象づけましょう。

【2】グレーブラウス×白パンツ

【2】グレーブラウス×白パンツ
パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ブラウス(MOGA)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

新しい定番ボトムを、という想いで開発したという「ストラスブルゴ」渾身の一本。足首のスリットでひねりを加えたパンツは、オールシーズン対応のストレッチ素材を使用しています。きれいめな印象をつくるなめらかな質感が、グレーの装いをより上品に見せてくれます。

【3】グレーニット×白スカート

【3】グレーニット×白スカート
ニット(スリードッツ青山店)、スカート(オールウェイズ〈M・fil〉)、ネックレス(TASAKI)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/竹内裕二 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

程よくストレッチのきいたコットンの白いタイトスカートは、清潔感のある女らしさをアピールできる一枚。クリアな白の魅力を損なわない、淡いグレーのニットで、涼感をもたらすハイトーンのベースづくりを。明度の高いなじませ配色には、グレーやシルバーの小物をレイヤード感覚で重ねると、都会的なセンスが漂う着こなしに仕上がります。

【4】グレーニット×ブラウス×白パンツ

【4】グレーニット×ブラウス×白パンツ
ブラウス(アパルトモン 青山店〈デイビッド マイケル〉)、ニット(スリードッツ青山店)、パンツ(コロネット〈エー・エル・シー〉)、ネックレス(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブレスレット(ケイテン)、時計(ブライトリング・ジャパン)、ストール(チェルキ〈アンドレ マウリーチェ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブラミンク〈ジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

白からグレー、シルバーへとつなぐプラチナグラデーション。シルバー小物をインパクト素材で投入し、地味に見せない工夫を心がけましょう。

【5】グレーワンピース×バッグ

【5】グレーワンピース×バッグ
ワンピース(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス・ブレスレット・バッグ・靴(ブルネロ クチネリジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

シンプルでも小ワザの効いたデザインのワンピース。アシンメトリーなシルエットラインも、軽量感のあるコットンポプリンテクノ生地なら、バランスよく着こなせます。

【6】グレーストライプジャケット×グリーンパンツ

【6】グレーストライプジャケット×グリーンパンツ
ジャケット・パンツ(フェンディ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

今季、「モードに昇華したストライプ」を印象づけるジャケット。光沢とハリのあるラグジュアリーな生地に、パキッとしたストライプを大胆にあしらった一着は、存在感絶大です! 色のおしゃれに惹かれる今、思いきってビビッドなグリーンのパンツと合わせて小粋に。爽やかなストライプをかっこよく――そんなイメージで颯爽と着こなしましょう。

【7】グレーパンツ×ベージュブラウス

【7】グレーパンツ×ベージュブラウス
パンツ・ブラウス・バッグ・靴(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ネックレス・ブレスレットにしたネックレス・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

最愛のグレージュスタイルも、シルクの艶を効果的に取り入れることで、華やぎシーンにふさわしい装いに。パールジュエリーを中心に、バッグや靴も抜け感のある白でリンクさせ、淡色コーディネートにメリハリを。パンツはひと目で上質とわかる、シャイニーなシルクコットン素材。肉感を拾わない、程よい厚みとゆとりのあるシルエットで、パンツスタイルに自信を授けてくれます。同素材のベルト付きで、トップスをインしてもバランスよく決まります。

【8】グレーブラウス×白パンツ×ハット

【8】グレーブラウス×白パンツ×ハット
ブラウス・パンツ・帽子(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

さらりと肌を滑る感触が心地よいシルクジョーゼットのアイスグレーブラウス。穏やかなコントラストを描くミディアムグレーのボウのトリミングには「ルーチェ」が施されており、垂らしたり、結んだり、と多彩な表情を演出してくれます。袖口にコットンリブニットを配したラフなデザインを生かし、ゆったりとしたドローストリングパンツで上質な大人カジュアルを楽しみましょう。

夏のグレーカーディガンコーデ


【1】グレーカーディガン×白ワンピース

【1】グレーカーディガン×白ワンピース
カーディガン(クルチアーニ銀座店)、ストラネスのワンピース・ボルボネーゼのバッグ(三喜商事)、サングラス(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティー〉)、Kong qi for Theoryluxeのネックレス・Maison Boinetのブレスレット(Theory luxe)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

優しい風合いのカシミヤシルクのロングカーディガンが、コットンワンピースにラグジュアリーなムードをもたらします。

【2】グレーカーディガン×ペールグレーワンピース

【2】グレーカーディガン×ペールグレーワンピース
ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、カーディガン(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネックレス『ポセション』・時計『アルティプラノ』・リング『ポセション』(ピアジェ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

控えめながらも、華のある着こなしを意識。ペールグレーのタンクワンピースには、存在感を放つブレスレットウォッチを輝かせて。

夏のグレースカートコーデ


【1】グレータイトスカート×プルオーバー

【2】グレータイトスカート×プルオーバー
プルオーバー(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス・バングル(アストラット 青山店〈フィリップ オーディベール〉)、靴(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

最旬マテリアルのベルベットとカシミヤ混ニットのVネックプルオーバーに、ジャージー素材のタイトスカートを合わせて。大人の女性らしい余裕と落ち着きが漂う、エフォートレスなエレガントスタイルです。

【2】グレープリーツスカート×黒ブラウス

【3】グレープリーツスカート×黒ブラウス
ブラウス(シャッツィ・チェン)、スカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、眼鏡(ミクリ ジャポン〈アランミクリ〉)、ネックレス(ジョージ ジェンセンジャパン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/戸田嘉昭(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

繊細なレース使いにうっとりせずにはいられない、着映え効果の高い「印象派ブラウス」。上質なシルクの一枚は、モノトーン柄のプリーツスカートと合わせることで、きちんと感が求められるシーンにも映えます。センシュアルなブラウスだからこそ、手持ちのデニムに合わせて、カジュアルダウンさせてもおしゃれです。

夏のグレーパンツコーデ


【1】グレーパンツ×ライトパープルブラウス

【1】グレーパンツ×ライトパープルブラウス
バッグ『ブリヨン MM』(デルヴォー・ジャパン)、 ブラウス・パンツ(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、ベルト(ウィム ガゼット 青山店〈メゾンボワネ〉)、ピアス・ブレスレット(フレッド) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ライトパープルのブラウス+グレーのパンツを端正なバッグが唯一無二のスタイルへと高めてくれます。

【2】グレーワイドパンツ×白ブラウス

【2】グレーワイドパンツ×白ブラウス
ブラウス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ(プルミエ アロンディスモン/NEWoMan新宿)、ブローチ(yoshie inaba)、時計(パテック フィリップ)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(マイケル・コース ジャパン〈マイケル マイケル・コース〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/戸田嘉昭(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

端正な白のボウタイブラウスを今の気分で着こなしたいときは、ワイドパンツがおすすめです。ペンシルストライプのグレーボトムなら、オーセンティックなブラウスもたちまち新鮮な顔立ちに。バッグのシルバーチェーンに合わせ、ブローチも時計も色を統一すると、ぐっと洗練されます。

【3】グレーパンツ×黒ニット

【3】グレーパンツ×黒ニット
パンツ・ニット(Theory luxe)、カーディガン(サポートサーフェス)、ウノアエレのピアス・ネックレス・ワンエーアールバイウノアエレのバングル(ウノアエレ ジャパン)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

洗練された美意識を感じさせる黒×グレージュの着こなし。そこに、幅広ストラップ付きのストライプバッグで縦ラインを強調しつつ、つま先に視線を集めるバックル付きヒールパンプスで黒をリフレイン。統一感とスタイルアップ効果を加速させましょう。パンツはさらりとしたタッチとしなやかなドレープ性を備えたジョーゼット素材。ウエストはベルト通しを付けずにすっきり仕上げているので、薄手トップスをオンしても余分な厚みが出ません。

【4】グレーワイドパンツ×白ブラウス×黒レザージャケット

【4】グレーワイドパンツ×白ブラウス×黒レザージャケット
パンツ(オールウェイズ〈ナンバーエム〉)、レザージャケット(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、ペンダント・バングル(ピアジェ)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

タイトなレザーブルゾンに、歩くたびに波打つように揺れるグレーのパンツを合わせて。媚びない女力が香るフィット&フレアシルエットが大人好みです! 華奢なサンダルで今らしいこなれ感も意識して。パンツはしなやかでふくらみのあるウールベース素材。前後にたっぷりとったタックが歩いたときに広がって、ロングスカート風の優雅な躍動感を醸し出します。気軽に着られるゴムウエストも今の気分です。

グレーに合う色


【1】グレー×白

【1】グレー×白
パンツ(キートン)、プルオーバー(ブラミンク)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

キートンの確かなサルトリア技術で仕立てた、コットンストレッチの細見え定番パンツを主役にすっきりとまとめて。

【2】グレー×黒

【2】グレー×黒
Tシャツ(ジェームス パース 青山店)、ジャケット(ウィム ガゼット 青山店〈トネッ ロ〉)、アリクアムのパンツ・ソフィー ブハ イのバングル(ストラスブルゴ)、バッグ (プレインピープル丸の内〈マウロ・ゴヴェ ルナ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ジャケット着用時こそ、涼やかに凛とありたいもの。背抜きのジャケットのインには、風通しのよい薄手の一枚が好相性です。

【3】グレー×グリーン

【3】グレー×グリーン
ブラウス(ブラミンク〈ブラミンク〉)、スカート(レキップ)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス・時計(ショーメ)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ジージーアール ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉) 撮影/戸田嘉昭(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ブラウスとフレアスカートでつくる、好感度の高いオンスタイル。グレーとダークグリーンのシックな色合わせや、ハンサムな小物使いで、辛口に仕上げると、センスよく見えます。

【4】グレー×ピンク

【4】グレー×ピンク
ヴァレンティノのパンツ・ブラウス・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・ペンダント・リング(ヴァン クリーフ&アーペル) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ライラック色のパンツとシルバーのブラウスを中心にまとめた春らしいカラートーンが、ノーブルかつ優しげな雰囲気を醸し出して。パンツはナチュラルな光沢感が美しい、ウールシルクのオリジナル素材。両面織りの製法でつくられ、ハリ感があるため、センタープレスが際立ち、淡色でもスマートな印象に仕上がります。