女性らしく上品な色のベージュアイテムは、夏にこそ取り入れたい一品。この夏おすすめのベージュコーデ、ベージュパンツを使ったコーデ、さらには白×ベージュ・黒×ベージュのおしゃれな着こなし方をご紹介します。

【目次】

レディース夏のベージュコーデ


【1】ベージュブラウス×グレーパンツ

【1】ベージュブラウス×グレーパンツ
パンツ・ブラウス・バッグ・靴(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ネックレス・ブレスレットにしたネックレス・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

最愛のグレージュスタイルも、シルクの艶を効果的に取り入れることで、華やぎシーンにふさわしい装いに。パールジュエリーを中心に、バッグや靴も抜け感のある白でリンクさせ、淡色コーディネートにメリハリをつけましょう。パンツはひと目で上質とわかる、シャイニーなシルクコットン素材。肉感を拾わない、程よい厚みとゆとりのあるシルエットで、パンツスタイルに自信を授けてくれます。

【2】ベージュノースリーブ×ストライプワイドパンツ

【2】ベージュノースリーブ×ストライプワイドパンツ
パンツ(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、トップス(feerique)、ピアス(ドゥロワー 青山店〈ソフィ ブハイ〉)、バングル(ドレスアンレーヴ〈ドレスアンレーヴ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

辛口ストライプをエレガントに着こなせるのが、「とろみワイドパンツ」の楽しさ。パンツの1色をリフレインしたウエストコンシャスなニットで、すっきり見えて女らしいシルエットを演出しましょう。ピアス、バッグ、パンプス…と縦に黒の小物をちりばめて印象をぴりりと引き締めるのもスタイルアップして見えるポイント。パンツは上品な艶としなやかさを備えたレーヨン素材。前から見ると端正なワンタックパンツだけれど、後ろウエストにゴムを入れているので快適な着用感です。

【3】ベージュブラウス×サーモンピンクパンツ

【3】ベージュブラウス×サーモンピンクパンツ
ブラウス・パンツ・バッグ(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、眼鏡(ミクリ ジャポン〈スタルク アイズ〉)、時計(パテック フィリップ)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)  撮影/戸田嘉昭(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

落ち感のきれいなベージュのブラウスを淡いサーモンピンクのパンツと合わせて、優しげなムードを楽しんで。ブラウスはセットインのタイプを、パンツはセンタープレスを選んで、すっきりとしたラインを目指すのがおすすめです。仕上げにスタッズ付きのバッグやビジューモチーフのパンプスで輝きをちりばめると、着こなしにメリハリが生まれます。

【4】ベージュスカート×カーキニット

【4】ベージュスカート×カーキニット
ニット(Theory luxe)、スカート(アオイ〈マルゴン〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

鎖骨見せのボートネックと袖口が広がったデザインが女らしいプリーテッドニットを、Aラインシルエットのスカートでフェミニンに着こなしを。クロコ調ベルトやブロンズバッグ、スエードパンプスの多様な質感でメリハリをつけましょう。

【5】ベージュニット×デニムパンツ

【5】ベージュニット×デニムパンツ
ニット・Tシャツ(VINCE 表参道店)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、靴(バリー 銀座店)、バッグ(テアトル アッシュ・ペー・フランス〈デルフィーヌ・ドゥラフォン〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ベージュのニットとデニムで着こなしをシンプルにしたぶん、バケツ型バッグで旬のエッセンスを。シンプルなデザインながら、ワイドショルダーや大きなゴールド金具にセンスのよさが凝縮されています。

【6】ベージュブラウス×ベージュスカート

【6】ベージュブラウス×ベージュスカート
共布ベルト付きブラウス・共布ベルト付きスカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモンアルカンタラ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

肌になじむベージュのワントーンは、深みのある赤のバッグをアクセントに。素材は伸縮するので着やすさも抜群です。

【7】ベージュブラウス×グリーンスカート

【7】ベージュブラウス×グリーンスカート
ノースリーブトップス(ザシークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、スカート(バーニーズ ニューヨーク)、ピアス・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー)、靴・バッグ『ロケット プティ』(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

さりげない肌見せをかなえる、ヌーディーなベージュのトップスで、センシュアルに。ジュエリーを控えめにしたぶん、スタッズやストーンがきらめくバッグでナイトシーンにふさわしい華を添えましょう。

【8】ベージュパンツ×白Tシャツ×白カーディガン

【8】ベージュパンツ×白Tシャツ×白カーディガン
ハイアリンのTシャツ・アリクアムのカーディガン(ストラスブルゴ)、パンツ(ウィム ガゼット 青山店〈ウィム ガゼット〉)、ベルト(エリオポール銀座〈メゾン ボワネ〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈シェイスビー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

シャリッとした質感に加え、絶妙なフレンチスリーブのTシャツなら、シャープな着こなしもお手のもの。シワになりにくく、自宅で洗濯も可能な一枚は、ショップスタッフの所持率も高い、隠れた人気アイテムです。

【9】ベージュノースリーブ×ネイビータイトスカート

【9】ベージュノースリーブ×ネイビータイトスカート
トップス・スカート・サングラス・ネックレス・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ネイビー×白でつくるメリハリ配色はあたりまえ。トップスを艶のあるオフベージュにすることで、こんなにも端正な女らしさが漂うなんて。さらに、ミッドナイトネイビーのタイトスカートに深く入ったスリットが女度をアップ。シンプルな組み合わせなのに、印象に残る着こなしが完成します。

【10】ベージュワンピース×スニーカー

【10】ベージュワンピース×スニーカー
ワンピース(ボウルズ〈ハイク〉)、スニーカー(アクネ ストゥディオズアオヤマ〈アクネ ストゥディオズ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ベージュ×ネイビーの配色ワンピースは、前身ごろだけが2重になったデザインに。緩やかなシルエットでストレッチのきいたカットソー素材は、体の伸びやかな動きを妨げないのも魅力です。思いきり深呼吸しながら、フレッシュな気分で着こなしましょう。

夏のベージュパンツコーデ


【1】ベージュパンツ×白Tシャツ×ネイビーカーディガン

【1】ベージュパンツ×白Tシャツ×ネイビーカーディガン
Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、カーディガン(マックスマーラ ジャパン〈エス マックスマーラ〉)、時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、トロリーケース(グローブ・トロッター 銀座)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

なるべくリラックスしたいときは、ストレッチ性の高いドロストパンツが大活躍。体を締めつけないゆとりあるシルエットながら、センタープレスのおかげできちんと感もキープしてくれます。インナーに合わせた白Tシャツが、ロング&リーンなシルエットにすっきりとした抜け感を与えてくれます。

【2】ベージュパンツ×ピンクブラウス

【2】ベージュパンツ×ピンクブラウス
ブラウス(ストラスブルゴ〈ロベルタ フルラネット〉)、スエードパンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

「ファブリックアーティスト」と称されるデザイナーがつくるブラウスは、細かいディテールが随所にきいた一枚。アシンメトリーな裾のラインや、袖にあしらわれたスリット、さらに背面にはタックのデザインが駆使され、女性の体を美しく見せてくれます。

【3】ベージュワイドパンツ×白ニットチュニック

【3】ベージュワイドパンツ×白ニットチュニック
ニット・パンツ(Theory luxe)、イヤリング(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/竹内裕二 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

歩くたびにサイドスリット部分がひるがえり、涼やかなオーラを振りまく白いニットチュニック。いつもなら細身パンツと合わせていたロング丈のトップスも、しなやかなベージュのワイドパンツに替えるだけでこんなにも新鮮な印象に! パンツの色味よりワントーン濃いサンドベージュのスエードバッグを添えれば、だれもが心惹かれるクリーミーグラデーションが完成します。

白×ベージュコーデ


【1】白パンツ×ベージュノースリーブ

【1】白パンツ×ベージュノースリーブ
コットンのトップス(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バングル(トッズ・ジャパン)、バッグ(アオイ〈ロートル ショーズ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ニュアンスカラーをクリアに引き立てるのがピュア白の効果。夏はすっきりとしたなじませ配色が、ひとつ上の洗練へと導いてくれます。ピンクベージュのトップスは背中のベルト飾りが高い位置で視線を集める着映えの一着。合わせるのは、きれいな白とリッチなゴールドだけで十分です。

【2】白テーパードパンツ×ベージュブラウス

【2】白テーパードパンツ×ベージュブラウス
ブラウス(ブラミンク〈ブラミンク〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ストール(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

体の線を強調しすぎないリネンコットンのブラウスをインすれば、テーパードのシャープなシルエットが生きて、すっきりとしたかっこいいスタイルが完成。パンツの色とリンクした白いパンプスがスリムなラインを強調してくれます。

【3】白チュニック×ベージュパンツ

【3】白チュニック×ベージュパンツ
トップス(キートン)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(グローブ・トロッター 銀座) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

白~ベージュへとつなげるニュアンスグラデーションは、かつて映画で観て憧れを抱いた、N.Y.マダムのこなれたリッチカジュアルをイメージ。仕上げにゴールドジュエリーを加えた、絶妙な配色バランスに周囲の視線も集中します。

【4】白Tシャツ×ベージュパンツ

【4】白Tシャツ×ベージュパンツ
Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、ストール(キートン)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

リッチなベージュに切れ味のいい白を効かせることにより、ベーシックカラー同士が生み出す、気負わないラグジュアリーが実現。マットな配色のアクセントとなるメタリック小物は、盛りすぎず、スパイス程度に少量を効かせるのが上品に仕上げるコツです。

黒×ベージュコーデ


【1】黒バッグ×黒ハット×ベージュブラウス×ベージュパンツ

【1】黒バッグ×黒ハット×ベージュブラウス×ベージュパンツ
ブラウス(イプセ)、パンツ(キートン)、帽子(三喜商事〈イレブンティ〉)、ネックレス・ネックレストップ・バングル(ファンエンパヤ)、バッグ(プレインピープル丸の内〈ドラゴン〉)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

リラックス感のある淡いベージュのワントーンでまとめた着こなしも、黒小物をちりばめてキレ味よく仕上げましょう。

【2】黒パンツ×ベージュブラウス

【2】黒パンツ×ベージュブラウス
パンツ・ブラウス・ピアス・リング・バッグ・靴(グッチ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

軽やかに透けるシルクシフォンのブラウスは、たっぷりと施したプリーツやラッフルディテールがなんとも優雅。そんな華やぎブラウスには、オールマイティーな黒のパンツが好相性です。パイソン×フラワーエンブロイダリーのバッグがアクセントになって、カンバセーションツールとしても活躍しそう。パンツは視覚効果で脚長ラインを強調する、セミフレアのシルエットは、おしゃれ上級者も注目。見えない腰裏部分にヴィンテージ調のフラワープリントを施し、ひそかな遊び心をプラスしてくれます。