年齢を重ねると、内面からにじみ出る魅力がどんどん重視されるようになりますよね。素敵な女性は、立ち振る舞いやオーラが違います。せっかくなら、自分も周囲の人から「上品な人」と思われるようになりたいものです。

ただ、内面は外見のように取り繕うことができません。どんなに猫をかぶっても、ちょっとしたしぐさや言動からすぐに見抜かれてしまいます。そのため、自分ひとりでどうにかしようと思わないほうが無難。本気で品格や品性を高めたいと思ったら、プロのアドバイスに従うのが一番なのです!

というわけで今回は、20年にわたり、首相や大臣など800人を超えるVIPをアテンドした経験を持つ、コミュニケーション・コンシェルジュの吉田正美さんから、周囲から上品と認められるようになるための6つのいい習慣を教えていただきました。

ぜひ以下の6つを毎日意識して、少しずつ品のある女性になっていきましょう!

■1:手の表情を大切にする

指先まで美しく

書類を渡す、名刺交換するなど、ひとつひとつの動作がエレガントな女性っていますよね。がさつに見える女性とどこが違うのかというと、ポイントは“手の表情”にあるようです。

「顔だけでなく、手の表情も意外とよく見られています。まずは、指先をそろえて小指と薬指に少し力を入れることを意識しましょう。そして、書類などの授受では、手のひらに卵をひとつ乗せるのをイメージします。すると、手のひらに自然なまるみが出て、やわらかくしなやかな印象を与えることができるのです。もちろん、書類や名刺に限らず、何か物を持ったり扱ったりするときは片手ではなく、両手を使うこともお忘れなく」(吉田さん)

手を使う動作では、指先にまで神経を行き渡らせるようにしましょう。

■2:姿勢をよく保つ

後ろ姿も見られています

男女を問わず、品格のある人は、まちがいなく姿勢がいいと吉田さんは主張します。

「姿勢とは“姿”に“勢い”と書きますが、姿勢がよいかどうかで、その人の印象は大きく異なります。猫背の人は、覇気がなく見えますが、姿勢のよい人は姿に勢いがあり、オーラのある人物に見えるのです。

姿勢をよく保つには、まず自身を360度全方位から見られていることを意識しましょう。歩く際は、目線を前へ。おへそと背中を同時にへこませて、ウエストを細くすることをイメージすると、凜とした姿勢になりハイクラス感をまとうことができます。

そして、自分では見落としがちなのですが、後ろ姿にも注意しましょう。外出前に合わせ鏡で自分の後ろ姿を見て、服にほつれがないか、左右どちらかに重心が傾いていないかなどチェックしてみてください」(吉田さん)

とくに最近は、スマホの利用過多で、姿勢の悪い人がどんどん増えているといいます。そんな時代だからこそ、背筋を伸ばして颯爽と歩けば、一目置かれる存在に! もちろん、歩いているときだけでなく、オフィスでデスクワークをしている際も、できるだけよい姿勢を保つようにしましょう。

■3:本気の笑顔を出す

本気の笑顔と嘘つきの笑顔の違いとは?

エレガントな女性は、笑顔も素敵ですよね。相手に好印象を与えるためには、笑顔のトレーニングも心がけましょう。

「笑顔には、本気の笑顔と嘘つきの笑顔があります。本気の笑顔は、まずは口角が上がり、次に頬が上がり、そして目元が緩む、というように、下から上へと自然な動きがあります。他方、嘘つきの笑顔というのは、口角と目が同時に動き、目が笑っていないように見えるのです。

嘘つきの笑顔、いわゆる”つくり笑い”になってしまうのは、表情筋がこわばっていることも一因だと考えられます。日頃から口角を上げることを意識して、本気の笑顔を出せるように表情筋を鍛えましょう。鏡の前でやってみるだけでなく、職場などで自分からニコッと笑いかけて、あいさつする実践を積むことも大切です。笑顔は先手必勝と心得ましょう」(吉田さん)

笑顔に自信のない人もどうかあきらめないで。今はぎこちない嘘つきの笑顔しかできなくても、表情筋を鍛えれば、誰からも愛される上品な笑みを浮かべることができるようになるでしょう。

■4:メリハリのある動作を心がける

優美なふるまいのためには、複数の動作を同時に行う“ながら動作”は極力避けましょう。

「ながら動作の典型例は、歩きながらのあいさつです。立ち止まらずにあいさつをすると、動作が流れてしまい、粗雑な印象を与えかねません。所作のひとつひとつに心を込めて、動作を止めて敬意を払うことを“ストップザモーション”といいます。あいさつする際は、立ち止まり、顔だけでなく体まできちんと相手に向け、誰に向けてのあいさつなのかを、しっかりと伝えることを意識しましょう」(吉田さん)

ただ、動作を止めるだけでなく、意識を相手に向けることによって、より品格ある美しい所作に見えるということですね。慌しくて思わず“ながら動作”をしてしまいそうな状況ほど、深呼吸してストップザモーションを心がけましょう。

■5:別れ際に心を乗せる

別れ際にこそ本性が表れる

大切な商談の際などに、相手と別れた瞬間、ふと気が緩んでしまっていないでしょうか? 真に上品で気遣いのできる人は、別れ際こそおもてなしに心をこめるといいます。

「“出迎え三歩、見送り七歩”ということわざがあります。お客様をお迎えするときは、三歩前に進み出る。別れ際はさらに進み出て、相手の姿が見えなくなるまでお見送りするという意味です。

“本日はありがとうございました”とお客様を送り出した瞬間、すぐにきびすを返したり、油断して疲れた表情になったりしたのを、もしお客様に見られたら? きっとそれまでの態度とのギャップに落胆させてしまうことでしょう。

他方、お客様が振り返ったとき、笑顔でお見送りをしている姿があれば、“自分は本当に大切にされている”と感じられて、そのお客様にとってあなたは忘れられない存在となります」(吉田さん)

もちろん、ビジネスだけでなくプライベートにおいても、別れ際に心を乗せることは大切。解散したら即、スマホをチェック……のような、落ち着きのなさを晒すのではなく、ゆったりとした心で相手を見送りましょう。

■6:自分を大切にして常に向上心を持つ

上品な女性は常に向上する

“品がある”とはどういうことか突き詰めると、相手に対する思いやりだと換言できます。では、人に対して思いやりを示せるようになるには、どうすればいいのかというと、まずは自分を大切にして、心に余裕をもつことが欠かせません。

「たとえば、食事はいいものを口にする。爪や髪など見た目のセルフケアをする。ラグジュアリーなホテルやレストランで上質なサービスを受ける。これらは全て自分を大切にする行動です。

さらに、身銭を切ってセミナーを受講したり、専門家によるカラー診断を受けて、自分に似合うファッションを追求したりなど、ハイクラスの女性は、自分を大切にしているからこそ、内面も外見も磨き上げることに余念がありません。

このように、自分を大切にすると、他者からの評価も高まり、どんどん自己肯定感が高まります。もちろん、自身を客観視すればするほど、自分のダメなところも見えてくるでしょう。ただ、自己肯定感の高い人は、そんなダメな自分も受容することもできるので、軸がぶれずに凜とした美しさがあります。そして、自分を受け入れているからこそ、周囲の人たちにも優しく接することができるのです」(吉田さん)

まずは自分に対して優しく。「どうせ自分なんて」と自己卑下するのではなく、「自分は価値のある人間なんだ」という認識をもちましょう。そんなすばらしい自分にとって、ふさわしい日々の過ごし方は? 周囲の人への接し方は? その気づきこそが品格ある女性への第一歩かもしれません。

周囲から上品と認められるようになるためには、日頃のちょっとした心がけを積み重ねていくことが大事だということが、よくわかりましたよね。吉田さんによれば、何事も習慣化するには21日間続けることが大切なのだそうです。今回ご紹介した習慣のなかで、「これなら私にもできそう」というものがあれば、ぜひ21日間続けてみましょう。

吉田正美さん
コミュニケーション・コンシェルジュ
(よしだ まさみ)20年にわたって展示会ナレーターコンパニオン、式典のMCのみならず大臣、総督など800名以上のVIPアテンドを経験。MCでは、式典、ブライダル、政経セミナーなど1000件の実績。第一印象を劇的にアップする面接指導600名以上。また各種研修にて「話す・伝える・表現する」の育成指導にあたりのべ1500件の登壇実績。好感の持てる話し方、接遇、マナーなど各種講座を現場のニーズに応じて展開。「すぐに使える」実践型の研修には定評がある。著書に『「ぜひとも、あなたに」とお願いされる ハイクラスな人の気配りの習慣』がある。
公式ブログ
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
中田綾美
TAGS: