ちょっとした手土産を持参したいとき、送った相手から喜ばれるような一品を選びたいですよね。ただ、一体どうすれば、喜ばれるセレクトができるのか?悩ましいもの。悩んだときは、この2つの条件を意識してみましょう。

ひとつは、購入場所。これは老舗百貨店のような洋菓子から和菓子まで何でもそろっているお店がベストです。もうひとつは、人気度。売れている商品を選ぶと失敗しません。

というわけで今回は、オフィス街としても活気ある東京駅エリアの老舗百貨店・大丸東京店で買うことができる「売れ筋スイーツ」を14品、ご紹介いたします。この中から選べば、絶対に外しません。店頭で迷ってしまいそうなとき、東京駅に立ち寄る予定があるときなどは、このページを参考にしてみてくださいね!

■1:テリーヌ・ドゥ・フリュイ「アンリ・シャルパンティエ」

テリーヌ・ドゥ・フリュイ(6個入り)¥2,916(税込)「アンリ・シャルパンティエ」大丸東京B1F

まずは、人気洋菓子ブラントのアンリ・シャルパンティエから。売れ筋は、ジュエリーのようにカラフルで煌びやかなフルーツゼリーの「テリーヌ・ドゥ・フリュイ(6個入り)」(¥2,916)。

総務企画課・梅原康太さん曰く、「お皿にカットしたテリーヌが載っているイメージの形でつくった、誰もが見惚れてしまう美しいフルーツゼリーです。もっともフルーツがおいしく見えるように、手でカットして並べています。おいしさを”面で表現する”ための、こだわりです!」だそう。

また、「普通のゼリーのように直接スプーンを使って食べるのではなく、器に盛り付けてデセール(デザート)のように楽しんでいただきたいです」とのこと。インスタ映えしそうなフルーツゼリーは、記念日のサプライズにも喜ばれそうです。

■2:ザ・ショートケーキ「アンリ・シャルパンティエ」

ザ・ショートケーキ ¥616(税込)「アンリ・シャルパンティエ」大丸東京B1F

また、大粒のイチゴが鮮やかでケーキの王道ともいえる「ザ・ショートケーキ」(¥616)も大人気。

「当社オリジナルの軽い食感のクリームと、ふわふわに焼き上げたスポンジ生地の組合せで、お客様の記憶に残る味わいを目指しました。3粒のいちごは、アンリ・シャルパンティエのロゴに象徴される”燭台のろうそくの火”をイメージしています。いつでもアンリ・シャルパンティエのショートケーキを選んでいただけるよう、お客様の記憶に残る、見た目、味わいを目指しました」(総務企画課・梅原さん)。

シンプルだからこそ、真価が問われるショートケーキ。ぜひ、味わってみてください。

■3:リエージュワッフル 5個セット「メゾン・ダンドワ」

リエージュワッフル 5個セット ¥1,750(税込)「メゾン・ダンドワ」大丸東京B1F

続いては、ワッフルの本場ベルギーのブリュッセルにある老舗焼菓子店メゾン・ダンドワ。売れ筋スイーツは、「リエージュワッフル 5個セット」(¥1,750)は、メゾン ダンドワの看板商品であるワッフルのセット。

メゾン・ダンドワ・店長の本多さんさんによると、「甘さしっかり、バターのコクとパールシュガーがアクセントのもっちり食感のワッフルです。出張帰りの方が手土産に買われたり、会社で食べるようにサラリーマンの方や OLさんから支持されています。ご家族やご友人とわいわい食べていただきたいです」とのこと。

誰にでも好かれる定番の味なので、家族や気心の知れた仲間に差し入れてみてはいかがでしょうか?

■4:ベルギーラスク.TOKYO「メゾン・ダンドワ」

ベルギーラスク.TOKYO ¥1,998(税込)「メゾン・ダンドワ」大丸東京B1F

また、メゾン・ダンドワでは、一度食べたら癖になるような味に深みのあるラスク「ベルギーラスク.TOKYO」(¥1,998)も人気。

「こちらはラスクのためにつくられた、ダンドワ特製のおいしいパンを使用し、1枚1枚、手作業でバターとブラウンシュガーを両面にまとわせた黄金色のラスクです。 できあがりまでに3日かけてつくり上げるこだわりのラスクを、ベルギーから直輸入しています。

しっかりした甘さとバターのコクが、お口の中で広がる、まさにベルギーの味わいです。主に会社員の方や旅行に来られている方が、ちょっと差をつける手土産として買われる方が多いです。ちょっと頑張った日などに、自分へのご褒美として食べていただきたいです」(メゾン・ダンドワ店長・本多さん)

他の人と差別化したいときは、このラスクを選ぶとよさそうです。

■5:東京カラメリゼ「東京カラメリゼ」

東京カラメリゼ 24枚入/\1,080(税込)「東京カラメリゼ」大丸東京B1F

続いては、人気ブランド・東京カラメルゼの看板商品「東京カラメリゼ」(24枚入/\1,080)。これは、軽い食感が楽しく、老若男女問わず人気が高いそうです。

「ウエハースの表面に砂糖とメイプルシュガーをのせて焼き、カラメライズしたお菓子です。最初のひとくちはバリッと、その後サクサクッとした食感がお楽しみいただけます。新しくも、どこか懐かしいおいしさは、お子様から大人の方まで、幅広く喜んでいただけるとお声をいただいております。入り数も多く3価格帯(12枚入/¥540、24枚入/¥1,080、36枚/¥1,620)ご用意があるので、用途に合わせてお選びいただけます」(企画PR課・清水さん)。

少ない枚数から選べるので、仕事で疲れたときの、自分へのご褒美にしてみては?

■6:東京カラメリゼ シューケット「東京カラメリゼ」

東京カラメリゼ シューケット 20個入/ \1,080(税込)「東京カラメリゼ」大丸東京B1F

また、東京カラメリゼでは、東京土産としても最適な焼き菓子「東京カラメリゼ シューケット」(20個入/ \1,080)も売れ筋なのだとか。

「こだわりのシュー生地にたっぷりのキャラメルソースをかけた、ブランドの人気商品です。ふんわり軽やかなのに、ざっくり香ばしい食感は、1個食べるととまらないおいしさ。リピーターの方も多くいらっしゃいます。今までにありそうでなかった、東京生まれのお菓子です。こちらも3価格帯(12個入/¥648、20個入/¥1,080、30個入/¥1,620)のご用意です」(企画PR課・清水さん)

地方に行くときはぜひこちらを選んでみてください。

■7:ずんだ餅「ずんだ茶寮」

ずんだ餅 6個入/¥865(税込)「ずんだ茶寮」大丸東京1F

今度は和菓子を。仙台のお菓子ブランド・ずんだ茶寮の売れ筋は、宮城県を代表する有名和菓子「ずんだ餅」(6個入/¥865)。枝豆を使った独特の苦い甘みは、いまや全国区の人気スイーツですよね。

「厳選された枝豆を独自の配合でブレンド。 香り高く深い味わいが自慢です。お餅はミヤコガネを餅米からついて、つくりたての味わいをそのまま、急速冷凍を施しています。主に、会社で食べるようにサラリーマンの方やOLさんから支持されています。お昼休みなどに食べていただきたいです」(ずんだ茶寮店長・齋藤さん)

印象もヘルシーなので、女性への差し入れに喜ばれること間違いなしです。

■8:ずんだショコラスプーマ「ずんだ茶寮」

ずんだショコラスプーマ 8個入/¥1,080(税込)「ずんだ茶寮」大丸東京1F

また、ずんだを使った珍しいショコラスイーツ「ずんだショコラスプーマ」(8個入/¥1,080)も評判なのだそう。

「こちらはずんだをメインに、香ばしいナッツやホワイトチョコをミックス。生地を独自の製法で仕上げることで、ザクッ、ホロッとした軽くて新しい食感に。主に旅行に来られている方が、手土産として買われる事が多いです。めずらしい食感なので、ご家族と、ご友人とわいわい召し上がってほしいですね」(ずんだ茶寮店長・齋藤さん)。

甘いものが苦手な男性や、年輩にもお薦めの新食感スイーツです。

■9:キハチトライフルロール「パティスリー キハチ」

キハチトライフルロール カット\562(税込)、ハーフ(約14cm)\2,160(税込)「パティスリー キハチ」大丸東京1F

生菓子のケーキから、焼き菓子、ブライダル用のギフトまでそろうのが「パティスリー キハチ」。売れ筋は、「キハチトライフルロール」(カット\562、ハーフ/約14cm\2,160)は、レストラン「KIHACHI」のデザートをお持ち帰りしたいという要望に応えて、1992年に誕生したケーキです。

「パティスリー キハチの大人気スイーツ。老若男女どなたにも愛される味わいで、親子二代でファンというお客様もいらっしゃいます。パーティーの手土産のほか、お誕生日、記念日にお求めいただくことも多いです」(広報担当 平山さん)

今では、パティスリー キハチを代表する人気No.1ケーキだそう。たっぷり5種類のフルーツ(いちご、バナナ、キウイ、マンゴー、パパイヤ)と2種類のクリーム(生クリーム、カスタードクリーム)をしっとりした生地で巻いた、素材にこだわったロールケーキです。

■10:プティフールセック10種「パティスリー キハチ」

プティフールセック10種 \3,888(税込)「パティスリー キハチ」大丸東京1F

もうひとつの人気商品は、2018年4月25日から通年販売の商品として登場した「プティフールセック10種」(\3,888)。数々のレシピから厳選された10種類のクッキーとメレンゲが、シルバーの缶に詰め合わせてあります。

「2016年11月に登場してから、ロングセラーとなっているプティフールセック。はじめは4種類の詰め合わせのみでしたが、もっと大きなサイズが欲しいというお客様の声にお応えして、今年の4月から10種類のクッキーとメレンゲを詰め合わせにしたタイプも発売しました。大切な方への手土産、ギフトに使っていただくことが多いです」(広報担当 平山さん)

パティシエが形・厚さ・味わい・食感、それぞれにこだわり、素材を大切にしてひとつひとつていねいに焼き上げてある詰め合わせ。写真映えもバッチリです!

■11:モア モイストバーム もっとしっとり芽「ねんりん家」

モア モイストバーム もっとしっとり芽 YS/\1,188(税込)「ねんりん家」大丸東京1F

バームクーヘン専門店として名高い「ねんりん家」の売れ筋スイーツは、「モア モイストバーム もっとしっとり芽」(\1,188)。こちらは、ふっくらとした見た目が食欲をそそります。

「めざした美味しさは、しっとりを超えた「もっとしっとり」。まるで焼きたてのスフレのような瑞々しさを、ぽってりと重量感のある生地層にとじこめました。ほのかなミルクの香りです」(広報・村野さん)。

年代を問わずに万人受けするスイーツは、大人数のホームパーティーや親戚が集まるような帰省時などにピッタリです。

■12:マウントバーム しっかり芽「ねんりん家」

マウントバーム しっかり芽 1本入/\756(税込)「ねんりん家」大丸東京1F

また、手ごろな値段が買いやすい「マウントバーム しっかり芽」(1本入/\756)も人気。

「ねんりん家を代表するオリジナルバームクーヘンです。その食べごこちはまるでバームクーヘンのフランスパン。皮はカリッと香ばしく、中はしっとり熟成。バター風味たっぷりの贅沢な生地を長時間かけてじっくりと焼きあげた一品です」(広報・村野さん)

近隣に勤務するOLやビジネスマンにも、ねんりん家のバームクーヘンは評価されているのだとか。村野さん曰く、「詰合せ等の商品はギフトや手土産として、単品商品はお茶菓子やご自身のおやつ用にとお買い求めいただいています。切り分けて、みんなでワイワイ食べたり、ひとりでゆっくりと食べたりと、さまざまなシーンで食べていただきたいです」とのこと。

■13:ショコラ・ド・ヴィタメール(9個入)「ヴィタメール」

ショコラ・ド・ヴィタメール 9個入/¥3,024(税込)「ヴィタメール」大丸東京1F

最後は、焼き菓子を販売するベルギーのパティスリー・ヴィタメールの日本店。売れ筋スイーツは、1粒1粒が芳醇な味わいが楽しめる高級チョコレート「ショコラ・ド・ヴィタメール」(9個入/¥3,024)です。格調高い品は、大事な人への差し入れにもおすすめ。

「V.S.O.Pコニャックやアイリッシュウイスキーなどの洋酒、ナッツやキャラメルクリームを合わせた、ひとつずつ味わいの違う、まろやかなガナッシュです。多彩な味わいをクーベルチュールチョコレートで包み込んだプラリネショコラは、ヴィタメールが誇る繊細な味わいです。ていねいに型どられた艶やかなショコラは宝石のようにきらめき、至福のひとときへと誘います」(大丸東京店スタッフ)

まさに、一粒食べるだけで、口の中で極上のおいしさが味わえそうです。ティータイムには欠かせないショコラと女性のリピーターのお客様が多い一品なのだとか。また、4個入、6個入、9個入、16個入、20個入と様々なサイズがあるため、幅広い用途にお使いいただける、ショコラギフトです。

■14:アイス・ショコラ 3個入「ヴィタメール」

アイス・ショコラ 3個入/¥1,080(税込)「ヴィタメール」大丸東京1F

また、「アイス・ショコラ」(3個入/¥1,080)も、暑くなるこの季節におすすめなのだとか。

「凍らせて楽しむ、ベルギーショコラのアイスデザート。チョコレートの香りとなめらかさをとじ込めた夏ならではのおいしさをお届けします。

ほのかに香るはちみつとミルクチョコレートのハーモニー“ショコラ ミエル”、濃厚なチョコレートのコクとほろ苦いコーヒーの香りが魅力の“カフェ ノワール”、まろやかなホワイトチョコレートに香ばしいキャラメルのアクセント“キャラメル ブラン”、全部で3種類のフレーバーです。

『夏でもチョコレートの美味しさを楽しめるギフト』と、夏のおもたせに喜ばれるギフトです。6個入(¥2,160)、9個入(¥3,240)も用意しています」(大丸東京店スタッフ)

以上、老舗百貨店大丸東京店で、絶対に喜ばれるスィーツを14品ご紹介いたしました。どれも見ているだけで美味しさがこちらに伝わってきそうなスイーツです。ぜひ、大丸東京店の地下1階・1階食品フロア「ほっぺタウン」で、お気に入り商品を見つけてくださいね。

※掲載した価格は表記のないもの以外は税込です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
池守りぜね