東京ミッドタウン日比谷の「絶品グルメ&手土産」6選

2018年3月に東京・日比谷にオープンし、大きな話題となった東京ミッドタウン日比谷。さまざまなショップが軒を連ねるこの大型商業施設には、限定販売のスイーツや、手土産にもぴったりな商品など、ここでしか手に入れることができないものが目白押しです。そこで、東京ミッドタウン日比谷を訪れた際にはぜひ立ち寄りたい、6つのショップを厳選! 家族や友人たちと食べたいスイーツやお惣菜、帰省やビジネスシーンにもふさわしい手土産まで、各店自慢の商品をご紹介します。

■1:「林屋新兵衛」の2種の抹茶パフェ

「濃茶パフェ」¥1,500(税抜)・お茶セット+400円

京都の老舗茶屋、「京はやしや」が手がける林屋新兵衛。実は、全国で初めて「抹茶パフェ」を開発し、抹茶スイーツブームを牽引してきたのが「京はやしや」です。こちらのお店では、東京ミッドタウン日比谷限定販売の、2種の抹茶パフェをいただくことができます。

そんな元祖が手がける抹茶パフェ「濃茶パフェ」は、濃茶に使用される宇治抹茶をふんだんに使用したアイスクリームなど、濃厚な抹茶の風味を楽しむことができるスイーツ。中に入っている抹茶ゼリーやスポンジには、アイスのものとはまた別の種類の抹茶を使用しているなど、抹茶パフェの元祖ならではのこだわりが満載です。甘さ控えめの北海道産小豆を使用したあんこや、最高級品種もち米「新大正もち」を使用して手作業で焼き上げた最中など、抹茶パフェ好きにはたまらない組み合わせとなっています。

「古都の庭園パフェ」¥1,450(税抜)・お茶セット+400円

さらに、ティラミス風に仕立てられた「古都の庭園パフェ」は、なんとも優雅な見た目のスイーツ。表面を美しく覆う宇治抹茶は、苔のむす日本庭園そのもの。SNS映えすること必至です! マスカルポーネクリームと宇治抹茶の相性が絶妙な、和スイーツならではの「侘・寂」を感じることができます。

問い合わせ先

  • 京はやしや 
    営業時間/11:00〜23:00(L.O:22:00)※一部メニューは20:00L.O.
    TEL:03-6550-8727
  • 場所/東京ミッドタウン日比谷2F

■2:「Pâtisserie & Café DEL’IMMO」のメランジュフリュイHIBIYA

「メランジュフリュイHIBIYA チェリーメロン」¥2,300(税抜)

チョコレートを知り尽くしたショコラティエ、江口和明さんが手がけるPâtisserie & Café DEL’IMMO(パティスリー&カフェ デリーモ)。紅茶やワインとのマリアージュが楽しめるスイーツなど、チョコレートや洋菓子の魅力を堪能することができるメニューを数多く提案しています。

東京ミッドタウン日比谷店では、通常のメニューに加え、チョコレートと季節のフルーツのマリアージュが楽しめる限定パフェ「メランジュフリュイHIBIYA」を提供。6月30日(土)までの期間は、2種類のチェリーと赤肉の完熟メロンを使用した、「メランジュフリュイHIBIYA チェリーメロン」を販売中です。東京ミッドタウン日比谷でしか味わうことのできない、なんとも贅沢なパフェとなっています。

問い合わせ先

  • デリーモ 
    営業時間/11:00~23:00(L.O.22:00)
    TEL:03-6206-1196
  • 場所/東京ミッドタウン日比谷B1F

■3:「Mr.FARMER」のヴィーガン向けメニュー

 「ヴィーガンプレート(十六穀米/サラダ/本日のお野菜惣菜5種)」¥1,490(税抜)

「美と健康は食事から」をテーマに、野菜をふんだんに使ったメニューがそろうMr.FARMER(ミスターファーマー)。素材の力を最大限に活かしたサラダやサンドイッチ、オムレツなどのバラエティー豊かな食事を楽しめます。

店頭では、動物性の食材を一切使用していない、ヴィーガン向けのお惣菜も常時4~5種を用意。十六穀米やサラダとともにいただくことができる「ヴィーガンプレート(十六穀米/サラダ/本日のお野菜惣菜5種)」のほか、テイクアウトメニューの「本日のヴィーガンお野菜惣菜盛り合わせ(5種)」などは手土産にもぴったり。一緒に食事を楽しむ相手の健康を気遣う、さりげない心遣いも感じさせてくれます。

問い合わせ先

  • Mr.FARMER 
    営業時間/11:00~23:00
    TEL:03-3519-3066
  • 場所/東京ミッドタウン日比谷B1F

■4:「Susan's MEAT BALL」のMEAT BALL BOX

「MEAT BALL BOX」¥1,050(税抜)

ジューシーな味わいを楽しめるN.Y.スタイルミートボール専門店、Susan's MEAT BALL(スーザンズ ミートボール)。N.Y.スタイルならではの、ゴロっとした粗挽きのミートボールを使ったさまざまなメニューがそろいます。その特徴は、噛み締めるごとにお肉の旨みと香りが口いっぱいに広がり、忘れられない懐かしさを感じる、アメリカンなテイスト。

なかでも、おすすめしたいのは、テイクアウトでもいただける「MEAT BALL BOX」。自家製ミートボールを「クラシックビーフ、スパイシーポーク、バジルチキン、ベジボール」の4種、ソースは「クラシックトマトソース、チリコンカルネソース」などの4種から選ぶことができ、好みの組み合わせをさまざまな形で楽しめます。ライスやサラダ付きでボリュームもたっぷりなので、野外でのランチタイムやピクニックにもぴったり!

問い合わせ先

■5:「THREE」のリズムコンフォートドロップ

「THREE リズムコンフォートドロップ フォー・ア・プレイフル・デイ」¥700(税抜)

東京ミッドタウン日比谷では、ショップのほかレストランも展開している人気コスメブランドのTHREE(スリー)。併設しているデリカテッセンでぜひ手に入れたい注目のアイテムは、自然の恵みの風味をとじこめたキャンディー「リズムコンフォートドロップ」です。

THREEのスキンケアにも使用されている国産の個性豊かな原料を、伝統的な飴づくりの方法で奄美大島のざらめと与那国島の化石サンゴパウダーなどとミックス。シンプルな味わいながら、他にはない味わいを実現しています。その最大の特徴は、1日を朝・昼・夜の3つの時間帯に区切り、そのときどきに最適なひと粒が設定されていること。例えば、「明るく快活に過ごしたい1日」のための「フォー・ア・プレイフル・デイ」のセットでは、朝は「沖縄産の月桃」、昼は「和歌山県産の梅」、夜は「石川県産の酒粕」など、それぞれの時間帯ごとにぴったりな味わいを楽しめます。パッケージもシンプルでおしゃれなので、手土産などにもおすすめ。ご自身や大切な方の間食タイムを素敵なひとときに演出する、特別なキャンディーを選んでみてはいかがでしょうか。

問い合わせ先

  • THREE 
    営業時間/11:00~21:00
    TEL:03-6273-3414
  • 場所/東京ミッドタウン日比谷2F

■6:「鈴懸」の〇すず籠

「〇すず籠」¥2,646(税込)

福岡・博多の老舗和菓子店、鈴懸(すずかけ)。同店を代表するかわいらしい見た目の2種類の和菓子を詰め合わせた「〇すず籠(えんすずかご)」は、ワンランク上の手土産として特におすすめです。竹籠の中には、もっちりとした皮が特徴の小ぶりなどら焼き「鈴乃〇餅」と、鈴型の芳ばしい最中に餡を挟んだ「鈴乃最中」が。控えめながら上品なそのたたずまいは、職場の上司や取引先の方へお渡しする手土産としてもぴったりです。

問い合わせ先

  • 鈴懸 
    営業時間/11:00~21:00
    TEL:03-6811-2206
  • 場所/東京ミッドタウン日比谷B1F

ご紹介した商品は、東京ミッドタウン日比谷でしか味わうことのできないスイーツや、プライベートからビジネスシーンまで対応する手土産など、一度は食べておきたいものばかり。東京ミッドタウン日比谷を訪れる際は、ぜひこちらの商品もチェックしてみてください!

【関連記事:東京ミッドタウン日比谷でショッピング!楽しみ方まとめ7【全館ガイド】】

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
難波寛彦