髪にボリュームがなくなると、髪がペタ~っと貼り付いているような、動きのないストレートヘアになりがち。髪の長さに関係なく、もっと空気感があって爽やかな雰囲気を、疲れたりしおれたりしていない雰囲気を演出したい!と感じている女性は多いのではないでしょうか。そんな髪の悩みを解消しつつかわいく見られるヘアスタイルを、美容室kakimoto arms 田園調布店のスタイリストディレクター・細畑久寿さん教えてもらいました。

【お悩み】ボリュームがなくてもエアリー感のある爽やかスタイルになりたい!

ショート代表:金田知子さん(45歳/派遣社員)のお悩みを解決するには…

■髪型/レイヤーはトップのみで厚みを下に残す

完成
サイド
バック

金田さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬) ★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ(細→太) ★★
  4. うるおい(乾→潤) ★★★
  5. 白髪の量(多→少) ★★

コシがなく、すぐにペタ~っとなりやすい金田さんの髪。「全体的にレイヤーを入れると古くさいイメージになるので、トップにだけレイヤーを入れ、グラデーションで丸みのある髪型に仕上げました」(kakimoto arms 田園調布店のスタイリストディレクター・細畑久寿さん)

■スタイリング:頭頂部に立ち上がりをつくり、フェイスラインは外巻きにして動きを出す

「ボリュームを出したいトップは、根元を立ち上げるようにブローします。根元からしっかり立ち上げたいのですが、アイロンだと本体が熱くなるので、頭皮に近づけられません。オススメは、アイロンにブラシがついたアイロンブラシ。これからしっかり根元から立ち上がりがつくれるうえに、手で本体を握っても火傷の心配もありません」(細畑さん)

アイロンでの火傷、何度もやってしまった!という方もいらっしゃるのではないでしょうか? それが防げるだけでもありがたいですよね。

スタイリング前

■1:アイロンブラシで頭頂部の根元を立ち上げるように、とかし上げる

髪の根元を立ち上げるようにアイロンを内側から入れ、大きな円を描くように内巻きにします。両サイドとバックも同様に。

■2:フェイスラインにかかる髪は中央から毛先にかけて外巻きに

顔にかかる左右の前髪だけ、毛先を中心に外巻きにして、サイドの髪とつながるようにします。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. レイヤーはトップのみ。全体に入れない
  2. 頭頂部は根元からしっかり立ち上げる
  3. フェイスラインにかかる髪の毛先で動きを出し、エアリー感を演出

「白髪染めで暗い髪色にすると顔色まで暗くなってしまいます。金田さんにはダークブラウンをベースにハイライトとして明るめのベージュを細かく入れています。このハイライト効果で毛流れがキレイに見えるだけでなく、元気な印象になります」(kakimoto arms 田園調布店・トップカラーリスト 田中正則さん)

kakimoto arms 田園調布店のスタイリストディレクター・細畑久寿さん。ミュージカル鑑賞が趣味とか。「宝塚出身の和音美桜さんの大ファンで、彼女の出演する舞台は欠かさず観ています」
kakimoto arms 田園調布店・トップカラーリスト 田中正則さん。海外旅行が趣味で、先日もパリへ。「いいホテルに滞在するのが目的。最高に良かったのはパリのマンダリンオリエンタルですね」

問い合わせ先

3世代にわたるゲストもいるアットホームな雰囲気のサロン。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑