ミディアムくらい長さがあれば、髪の重さである程度広がりは抑えられるものの、うねりと広がりがWで起きると、もう束ねるしかない!と諦めていませんか? ついに、束ねる以外の解決法が見つかりました。うねりを抑え込むのではなく、うねりを生かすスタイリングをご紹介します。

【お悩み】うねって広がる髪に、ツヤ感とまとまり感が欲しい!

ミディアム代表:寺出あやさん(41歳/デザイン会社勤務)のお悩みを解決するには…

■髪型:レイヤーで厚みを削り、髪の重みを生かした動きのあるツヤ髪に

完成
サイド
バック

寺出さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬) ★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ(細→太) ★★
  4. うるおい(乾→潤) ★★★
  5. 白髪の量(多→少) ★★

もともとクセのある寺出さんの髪は、ボリュームも太さも十分。「それだけに、広がりやすいのが難点。レイヤーはいれるけれどすき過ぎず、髪の重さで広がりを抑えるスタイルにしています。クセがあるとツヤも出にくいので、白髪はマニキュアでカバーして、ツヤ感も補っています」(pinceau代表・山岸亜由美さん)

■スタイリング:毛先を握るように乾かしてクセを生かす

「根元から中間あたりは髪の重みで広がりを抑えられますが、枝毛などダメージを受けやすい毛先は、うねって広がりやすいですよね。ここはクセを生かすようにクシュクシュッと握って乾かすと動きが出るので、まとまりのあるスタイルになります」(山岸さん)

スタイリング前

■1:毛先を握りながらドライヤーをあてる

ドライヤーはブローをするときと同じ温度で、左右の毛束を2~3回くらいずつ握ってクセをつけます

■2:分け目方向に髪の根元を押し出して、根元から立ち上がりをつくるようにドライヤーを1秒間あてる

頭頂部あたりの髪を軽くつかんだ指を、分け目方向へ頭皮を擦るように動かします。そうして自然と立ち上がった分け目部分にドライヤーをあてます。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. 毛先のクセは伸ばさず、そのまま生かして動きをつける
  2. レイヤーをいれてもすき過ぎず、重みを残して広がりを抑える
  3. 髪にツヤ感が欲しいときはマニキュアで白髪カバーを

アルカリカラーを続けていると、どうしても髪のツヤが失われがち。「白髪はヘアマニキュアでカバーすると髪にハリ・コシ、ツヤが生まれ、スタイリングしやすくなりますよ」(山岸さん)

pinceau代表・山岸亜由美さん。超朝型で出勤前に掃除も洗濯もすべて済ませているとか。「5時半から1時間かけて軽く走るのが日課になっています。1日1万歩が目標です」

問い合わせ先

  • pinceau(パンソー)
  • 住所/東京都港区元麻布3-11-3 パティオ麻布十番2-2F
  • TEL:03-6804-1256
  • 営業時間:平日10:00~21:00 土・日・祝10:00~20:00
  • 定休日:火曜、第1・3月曜
フランス語で「絵筆」を意味するpinceau。その人の個性や髪質を最大級に生かしたスタイルを提案してくれる

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑