年齢を重ねるたびクセがひどくなってきた…と感じませんか? しかも毛量が多いと、ボリュームを抑えるのが大変!今回ご紹介するのはこのクセを生かして、広がりを抑えるスタイル。毛量は表面ではなく、内側でコントロールするのが正解のようです。雑誌「Precious」スタッフも多く通う麻布十番の美容室、pinceau(パンソー)の山岸亜由美さんに教わります。

【お悩み】止めどもなく広がってツヤのない髪をスッキリまとめたい!

ショート代表:前川洋子さん(40歳/パーソナルトレーナー)のお悩みを解決するには…

■髪型:クセの動きを生かすために「全体をアシンメトリー」なフォルムに

完成
サイド
バック

前川さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬) ★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ(細→太) ★★
  4. うるおい(乾→潤) ★
  5. 白髪の量(多→少) ★★★

「前川さんの髪はとってもボリュームがあるので、毛量を減らしています。ただ表面をすいてしまうと、よけいに膨張してツヤも出にくくなるので、内側で調整しています」(pinceau代表・山岸亜由美さん)

左右の髪の長さを変えてアシンメトリーにしているのも、うねり対策だとか。「髪がうねって広がるとき、左右バランスよく同じように広がる…なんてこと、ありませんよね? スタイルで左右非対称にしておけば、多少うねりが出ても、気にならないはず」(山岸さん)

■スタイリング:広がりを抑えるために手ぐしでクセを伸ばしたら、毛先はクセを復元!

せっかくのクセを生かさなくてはもったいない!ただ、クセがある部分はツヤが出にくいのが難点。「髪を引っ張りながら乾かしてツヤを出したら、毛先を揉み込むように握ってクセを戻してください」(山岸さん)

スタイリング前

■1:髪を根元から引っ張りながらドライヤーで乾かす

髪の短い方も、長い方もどちらも髪の根元から引っ張るようにしてドライヤーをあてます。

■2:手ぐしでとかしつけるように、髪全体にヘアオイルをなじませる

両手のひらにヘアオイルを伸ばしたら、表面を中心に髪全体になじませます。

■3:片側だけサイドの髪を抑えるように耳にかける

短い方の髪をなで付けるようにして耳にかけます。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. 毛量を減らすには表面ではなく内側で調整
  2. もっとツヤが欲しいときはオイルをなじませる
  3. アシンメトリーなスタイルでうねりを生かす

「手ぐしで髪を引っ張るように伸ばしながらブローすると、髪が真っ直ぐになるのでツヤも出やすくなります。このとき、髪をピンと張った状態にしてドライヤーをあてるのがポイントです」(山岸さん)

pinceau代表・山岸亜由美さん。超朝型で出勤前に掃除も洗濯もすべて済ませているとか。「5時半から1時間かけて軽く走るのが日課になっています。1日1万歩が目標です」

問い合わせ先

  • pinceau(パンソー)
  • 住所/東京都港区元麻布3-11-3 パティオ麻布十番2-2F
  • TEL:03-6804-1256
  • 営業時間:平日10:00~21:00 土・日・祝10:00~20:00
  • 定休日:火曜、第1・3月曜
フランス語で「絵筆」を意味するpinceau。その人の個性や髪質を最大級に生かしたスタイルを提案してくれる

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑