日本人に最も多いと言われる顔の形=「丸顔」。銀座の美容室「RamieGINZA」マネージャーの加藤貴大さんは、「丸顔の女性は、頭頂部にボリュームを持たせ、全体のシルエットを少し縦長に見せてあげると、バランスがよくなる」と言います。

しかし、40代以降の髪は平均的に、元気がなく、ストンとヘタリがちに。加藤さんに聞くと、元気がなくなってきた髪も、工夫次第でボリュームがつくれるのだそう。

「顔周りの毛束に動きがないと、貧相な印象を与えるだけでなく、顔の大きさを強調させてしまうことにも。40代以降のショートヘアは、動きの出にくい髪を〝いかに動かすか〟がポイント。とくに頭頂部はボリュームが出にくいので、しっかりと根元を立たせることが必要です」(加藤さん)

■髪型:襟足すっきりの短めふんわりショート

丸顔のショートヘア代表:内藤亜弥さん(43歳/主婦)の場合

完成
サイド
バック

内藤さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★

柔らかく乾燥しやすい髪質だという内藤さん。癖が少なく、頭頂部にボリュームが出にくいのがお悩みです。

「襟足や耳周り、フロントの髪は少し長めに残しつつ、全体のボリュームゾーンを高めに設定。髪の表面にはたっぷりとレイヤーを入れています。顔周りの髪を長めに残すことで、丸顔の輪郭を目立たせない効果もあります」(加藤さん)

■スタイリング: フォルムにメリハリをつけて、潰れやすい髪を自然にボリュームアップ

「レイヤーを入れた髪の表面には、ワックスをもみ込むと動きが出ます。立ち上げたボリュームを潰さないようにふんわりと仕上げれば、華やかな印象に」(加藤さん)

スタイリング前

■1:カーラーで頭頂部の髪を巻き、根元を立たせる

頭頂部の中心から半径5㎝くらいの髪をざっくりと取ってカーラーに巻きつける。前髪も少し巻き込んでおくと、前髪にも動きが出る。

■2:ワックスを頭頂部にだけもみ込む

パールひと粒大のワックスを立たせた頭頂部にもみ込む。ワックスは硬めのテクスチャーを使うとキープ力がアップ!

■3:襟足を抑えて整える

ワックスは追加せず、2で手のひらに残ったワックスを使用。もみあげ、耳まわりのパサつきが気になるときは、少しワックスをプラスして軽くつまむと◎。

〈丸顔ショートヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. 立ち上がりにくい頭頂部はカーラーで巻く!
  2. 表面の毛束はワックスをもみ込んでとにかく動かす
  3. 襟足を抑えてフェイスラインをシャープに見せる

「襟足をすっきり収めてメリハリをつけると、フェイスラインがシャープに。顔周りのゾーンがパサついているとスタイリングがフィットしないので、もみあげ、襟足、耳まわりに束感を作るといいですよ」(加藤さん)

RamieGINZAマネージャー・加藤貴大さん。ゴルフが趣味で体力づくりのためにジムに通っているのだそう。「目標はシックスパックです!」

問い合わせ先

  • RamieGINZA
  • 住所/東京都中央区銀座5-5-14 GINZAGATES 9F
  • TEL:03-3569-1171
  • 営業時間:火・水 11:00 ~ 20:30 木・金 11:30 ~ 21:00 土日祝 10:00 ~ 19:00
    定休日:月曜
安心感とリラックス感を与えてくれる「RamieGINZA」。上質を求める大人の女性を満足させてくれると好評。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑