顔の輪郭が卵型な女性がミディアムヘアにする場合、全体のシルエットが縦に長過ぎても、横に長過ぎても、うまくバランスが保てません。トップ(頭頂部)はもちろん、サイドにもボリュームを出すことで、卵型のメリットを最大限に引き出せるのだそう。

卵型のきれいな骨格を活かしたミディアムヘアの正解は? 青山の美容室「ZACC raffine」の湯淺星悟さんに聞くと、「骨格に合わせてシルエットを考えると、トップとサイドにボリュームが必要です。スタイリングするときに、台形を意識したフォルムをつくると、卵型の骨格が際立ちます」とのことお答えが。

実際、どんな髪型? さっそくお手本のスタイルをご紹介します。

■髪型:レイヤーたっぷり!軽やかなウェーブヘア

卵型のミディアムヘア代表:儘田典子さん(41歳/主婦)の場合

完成
サイド
バック

儘田さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★★
  5. 白髪の量(多→少)★

根元が立ち上がりにくく、毛先が広がりやすい儘田さんの髪質。

「立ち上がりにくく毛先が広がりやすい、という場合は、肩下レングスをベースに顎下で少しくびれるくらいにレイヤーを。軽さが出るので、スタイリングしやすくなります」(湯淺さん)

■スタイリング:決め手はギザギザの分け目と細かいウェーブ

「頭頂部や分け目など、髪が立ち上がりにくいところをギザギザの分け目で立ち上がりやすくしたり、細かいウェーブで動きとボリュームを出すことで、シルエットを台形に。ラフで余裕のある大人のウェーブスタイルが完成します」(湯淺さん)

スタイリング前

■1:襟足の髪を根元まで巻く

アイロンは25mmを使用。毛束を細く取って、内巻き、外巻きとランダムに巻いていく。

■2:髪の表面と前髪もランダムに巻く

根元も巻くのがポイント。

■3:分け目をギザギザにして根元を立てる

いつもの分け目よりも少しサイドにズラすと、より根元が立ち上がる。

■4: 巻いた髪を豪快にほぐす

空気を入れるようにバサバサと崩してOK。

■5: ワックスを髪全体にもみ込む

パールひと粒大のワックスを手のひらになじませてからつけて。

〈卵型ミディアムヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. ギザギザの分け目で根元を立たせる
  2. 髪をしっかり巻いてウェーブを出す
  3. ウエーブを崩すときはバサバサと大胆に!

「アイロンは細いものを使用し、細かく巻いていくのがポイント。根元からしっかりと巻くことで、仕上がりのボリュームに差が出ます」(湯淺さん)

ZACC raffine店長・湯淺星悟さん。最近、クロワッサンにハマっているのだそう。「いろいろなお店のクロワッサンを食べ歩いています」

問い合わせ先

  • ZACC raffine
  • 住所/東京都港区北青山3-11-7 AO4F
    TEL:03-5468-5882
    営業時間:月・金12:00~21:00  水・木10:00~21:00  土・日・祝10:00~19:00
    定休日:火曜(火曜祝日の場合水曜)
フランス語で「洗練された」という意味のraffine。その名の通り洗練された技術と上質なおもてなしで迎えてくれる
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑