気温が高くなるこれからの季節。髪が長い女性は、まとめてポニーテールにする機会も多いのではないでしょうか? ただゴムで結ぶだけではつまらないポニーテールも、結ぶ位置や引き出す毛束の雰囲気によっては、ぐっとオシャレになります。今回は、ZACC raffine 店長の湯淺星悟さんに、40代以上の女性にふさわしい「上品なポニーテール」を教えていただきます。

湯淺さんよれば、大人の女性に似合うポニーテールは「髪を結ぶ位置は高すぎないのがベスト。高い位置にしてしまうと若づくりに見えてしまうこともあるので、落ち着いた大人の女性にはお勧めしません。耳の裏側くらいの位置で結ぶといいですよ」とのこと。

髪をまとめるときは、キッチリとした印象にならないように、工夫することも必要なのだとか。

「大人のポニーテールは、ルーズでアンニュイな印象に仕上げるのが基本です。顔を結んだら、毛束をつまんでしっかりと引き出してください。ベースの髪をアイロンで巻いておくと、引き出した髪にニュアンスが出てよりいい感じになります。とくに耳まわりのたるみは重要。耳に被せるようにたるませると、エレガントさが増します」(湯淺さん)

さらに、後れ毛も大人のポニーテールには必要なのだそう。

「前髪やサイドの後れ毛も大切なパーツです。フェイスラインに前髪や後れ毛があることで、毛先の動きがラフな印象になり、大人の余裕が生まれます。首元に陰影もできるので、小顔に見える効果も」(湯淺さん)

ウェーブヘアをキュッとまとめて首元すっきり!ルーズでアンニュイなアレンジポニーテール

完成
サイド
バック

儘田典子さん(41歳/主婦)のHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★★
  5. 白髪の量(多→少)★

毛先が広がりやすく、まとまりにくい髪質に悩んでいる儘田さん。

「毛束をしっかりと引き出すポニーテールなら、広がりやすい髪の癖をそのまま生かすことができます。癖が強い、うねるといった髪悩みの方にとくにお勧めですよ」(湯淺さん)

アレンジ前

■1:襟足の髪を毛先から根元まで巻く

アイロンは25mmを使用。毛束を細く取って、内巻き、外巻きとランダムに巻いていく。

■2:髪の表面と前髪もランダムに巻く

根元から巻くことで頭頂部に高さを出す。

■3:髪をひとつにまとめてポニーテールに

手グシで前髪と後れ毛以外の髪をざっくりとまとめ、ゴムで結ぶ。あまり高い位置で結ぶのはNG。耳の裏側くらいの低めを意識して。

■4:ポニーテールからランダムに髪を引き出す

結んだところを抑えながら、毛束を少しずつ引き出す。ゴムを中心に360度全て引き出して。

■5: 襟足、耳まわりは念入りに引き出す

よりラフに仕上げるため、襟足をしっかりたるませる。耳まわりも同様に。耳の半分が隠れるくらいたるませる気持ちで

■6:毛束の長い毛をゴムに巻きつける

ゴムが見えないように巻きつければOK。

■7:巻きつけた髪をピンで止める

巻きつけた髪の毛先を崩れないようにピンで止める。ポニーテールの下に止めると、ピンがきれいに隠れる。

「ボリュームの出にくい髪質の場合は、ドライヤーで髪を根元から立たせて。アイロンで巻くときは、毛束を細かく取り、根元までしっかりと巻きましょう」(湯淺さん)

ZACC raffine店長・湯淺星悟さん。いろいろなお店のクロワッサンを食べ歩いているという湯淺さん「とくにバター多めのクロワッサンが好きです」

問い合わせ先

  • ZACC raffine
  • 住所/東京都港区北青山3-11-7 AO4F
    TEL:03-5468-5882
    営業時間:月・金12:00~21:00  水・木10:00~21:00  土・日・祝10:00~19:00
    定休日:火曜(火曜祝日の場合水曜)
フランス語で「洗練された」という意味のraffine。その名の通り洗練された技術と上質なおもてなしで迎えてくれる
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑