「くるりんぱ」とは、すごく簡単なのに手の込んだアレンジに見えるスタイリング法。簡単なのに、こなれて見えて上品な「くるりんぱアレンジ」は、若い世代だけでなく、あらゆる世代の女性たちに人気があるんです!

そこで今回は、40代以降の女性たちが「くるりんぱアレンジ」をする際に気をつけるべきポイントを紹介します。

大人の女性の「くるりんぱアレンジ」で、気をつけるポイントを教えてくれたのは、銀座の美容室「drive for garden」店長の西川真矢さん。大人のくるりんぱを成功させるためには、ポイントが2つあるのだそう。

「まずひとつ目は、頭頂部のふんわり感です。トップが潰れていると、全体の抜け感がなくなってしまいます。抜け感のないくるりんぱアレンジはペタッとしてしまい、老け見えの原因になることも」(西川さん)

「ふたつ目は、シルエットのメリハリです。毛束を引き出すことで頭頂部に高さと全体にニュアンスを出しながら、ゴムで縛ったところはしっかりと抑える。このメリハリが、上品なのにこなれた雰囲気をつくりだします」(西川さん)

加えて、前髪を残すこともポイント。「前髪も後ろで縛ると、キッチリ感が出過ぎてしまいます。大人の余裕を表現するためには、ゆるく、ラフなニュアンスで前髪を残しておくのがベターです」

ゆるふわハーフアップで大人可愛いさも演出

完成
サイド
バック

桜井美礼さん(45歳/医療事務)のHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★★

広がりやすく、ボリュームもある桜井さんの髪。

「毛束を引き出したラフなアレンジは、広がりやボリュームも生かすことができます。襟足を縛っていないので、サイドの短い毛が落ちてきても、馴染んで気になりません」(西川さん)

アレンジ前

■1: サイドの髪を「上」「中」「下」にブロッキングして、「下」→「中」→「上」の順にすべて外巻きにする

 アイロンは26㎜を使用。逆サイドも同様に巻く。

■2:後頭部と襟足も「上」「中」「下」にブロッキング。「下」→「中」→「上」の順にすべて外巻きにする

襟足はサイドに持ってきて巻くとやりやすい。

■3: 前髪の毛先も外巻きにする

毛先から中間くらいまで外巻きにする

■4:頭頂部の髪をジグザグにブロッキングしてゴムで結ぶ

ジグザグにとって結ぶと頭頂部に高さと動きが出やすくなる。

■5:結んだ髪をくるりんぱする

 結び目の上をふたつに割って上から毛束を通す。

■6:頭頂部を引き出してボリュームを出す

結んだゴムを片手で押さえながら、頭頂部の毛束を少しずつ引き出す。横から見たときに丸く盛り上がるくらいがベスト。

■7:サイドの髪をねじりながら後ろに持っていく

こめかみ付近と耳上の髪をねじりながら後ろへ。

■8:ねじった毛束をピンで止める

くるりんぱのゴム付近に止めるとピンが目立たない。逆サイドも同様にねじって止める。

■9:耳裏の毛束を後ろでまとめる

 両耳裏の毛束を指でつまんで後ろへ。

■10:耳裏の毛束をゴムで縛ってくるりんぱする

くるりんぱのやり方は■5を参照。

「全体的に毛束を引き出してしまうと、ボワッとした印象になってしまうので、毛束を引き出すのは頭頂部だけ。ねじったサイドの毛束や、2つ目のくるりんぱはそのままでキープしてください。全体のバランスを見てもう少したるみが欲しいと思ったら、くるりんぱのゴムを根元に向かってキュッと縛ると、毛束に自然なたるみができますよ」(西川さん)

drive for garden 店長・西川真矢さん。Bリーグを毎週欠かさず観戦するバスケ好き!「お店のスタッフとチームを作って休日にバスケをすることもあります」

問い合わせ先

  • drive for garden
  • 住所/東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町 TOWER 5F
  • TEL:03-6274-5500
  • 営業時間:火・水 12:00〜21:00   木・金 12:00〜21:30 土 10:00〜20:00  日 10:00〜19:00  祝10:00〜19:00   
    定休日:月曜
自然体でいられるような、居心地のいい空間で出迎えてくれる「drive for garden」。意識の高い銀座の女性たちの細かな要望にも答えてくれる。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑