ウォッチ&ジュエリージャーナリストの岡村佳代です。ウォッチ&ジュエリーの世界的祭典、私は勝手に『春の時計祭り』と呼ばせていただいておりますが、『バーゼルワールド2017』が本日3月23日にスタートしました!

『バーゼルワールド』というのは、ウォッチ&ジュエリーブランドが、毎年の新作をスイスの都市バーゼルで盛大に発表するエキシビジョン。

バーゼルワールドの入り口
バーゼルワールドの入り口

1月に同じくスイスはジュネーブで開催される『SIHH(Salon International de la Haute Horlogerie)』と並び、世界各国から、ウォッチ&ジュエリーブランド関係者、バイヤーや個人顧客のお金持ちといった“お客さま”、そして我々のようなプレス関係者が一気に集結して、ウォッチ&ジュエリーまみれの日々を送るのです。

ウォッチ&ジュエリーの世界は、本当にざっくりいうと、①“カルティエ”率いるリシュモングループ、②LVMH ウォッチ・ジュエリー グループ、③スウォッチ グループの3つに大きく分けられます。

①のリシュモングループに加え、“オーデマ ピゲ”、“ジラール ペルゴ”、“リシャール・ミル”などが出展する『SIHH』に対して、『バーゼルワールド』には②と③、“パテック フィリップ”、“ショパール”、“ロレックス”といった超名門から、その他超マニアックなブランド、規模の小さいブランドに至るまで、おびただしい数のブランドが、巨大なメッセ内にそれぞれ手の込んだブースを出展しています。

バーゼルワールド内観
バーゼルワールド内観

その『バーゼルワールド』、昨日(3月22日)は本格スタートに先駆けて設けられている、プレスデー。さっそく乗り込んでまいりました!

個人的な印象としては、プレスデーの盛り上がりに関しては、『ブルガリ』と『ゼニス』が会場の関心と話題を「もっていった!」

バーゼルワールド記者会見の模様
バーゼルワールド記者会見の模様

ブランドやグループのヒエラルキーのような雰囲気が、ブースの場所であからさまにわかる『バーゼルワールド』内で、この2ブランドはともに②のLVMH ウォッチ・ジュエリー グループに属しています。しかも、それぞれ、ジュエラーとマニュファクチュールとして高いステイタスを誇る名門だけに、正面エントランス入ってすぐの超一等地に向かい合ってブースを構えています。そんな目立つ場所に、もう、もの凄い人だかりが!

“ブルガリ”と“ゼニス”はそれぞれ、少し時間をずらして記者会見を行ったのですが、その会見に参加するプレス関係者が押し寄せ、ハロウィンの時期の渋谷のようなお祭り騒ぎとなっていました。

“ゼニス”は、超絶な進化を遂げた『エル・プリメロ』の新ムーブメントを、満を持して発表! これに関してはもっと綿密に取材をせねばお伝えできないので後日お届けするとして、まずは“ブルガリ”。

写真いちばん右がクリス・ウー
写真いちばん右がクリス・ウー

華やかなハイジュエラーだけあって、ヨーロッパやアジアから5人のセレブリティが登壇したのですが、その中でも中国で大人気という若手イケメンスター、クリス・ウーが登場したときの人々のテンションは沸騰寸前。その異様なまでの盛り上がり、熱気に包まれた記者会見は、花火を打ち上げかのごとく、派手なインパクト放ちました。

バーゼルワールド、ブルガリ会見の様子
バーゼルワールド、ブルガリ会見の様子

新作に関しての詳しい情報は後日じっくり取材をして、雑誌『Precious』7月号、『MEN’S Precious』夏号でお届けしますが、ちょっとだけ速報。

“ブルガリ”の偉大なアイコン『セルペンティ』コレクションから初めて、レザーストラップ、しかも自由に付け替えることができるインターチェンジャブルの『セルペンティ スキン』が登場しました! 色、素材ともに多彩なストラップのバリエーション。ストラップやダイヤルで得た「色」の魔法によって、ブレスレットタイプとはまた違った洒脱感を醸し出す美貌のジュエリーウォッチが、またひとつ誕生したのです。

ブルガリの時計セルペンティ スキン
ブルガリの時計セルペンティ スキン

ブルガリの時計セルペンティ スキン
ブルガリの時計セルペンティ スキン

ケースはピンクゴールドとステンレススチールの2種類。発売は2017年5月になります。

現地レポート第二弾は、シャネルの「透ける」カメリアの花時計です。

この記事の執筆者
東京都出身。大学在学中から雑誌『JJ』などで執筆活動を開始。女性向け本格時計のムックに携わったことから、機械式時計に開眼。『Precious』などの女性誌において、本格時計の魅力を啓蒙した第一人者として知られる。SIHHとバーゼルワールドの取材歴は、女性ジャーナリストとしては屈指のキャリアの持ち主。「時計界の裏探偵ファイル」(WWD JAPAN)、「岡村佳代のおしゃべりトゥールビヨン」(クロノス ファム)などを連載中。 好きなもの:海、ハワイ(特にハワイ島)、伊豆(特に下田)、桑田佳佑様、白い花、シャンパン、純米大吟醸酒、炊きたてのご飯、たまご、“芽乃舎”の野菜だし、“エルメス”のバッグと“シャネル”の靴、グレーのパーカー、温泉、スパ、素敵旅館、村上春樹、宇野千代先生、神社、日本の陶器(特に唐津焼)、朝ドラ、ドラミちゃん、長文のインタビュー原稿