ウォッチ&ジュエリージャーナリストの岡村佳代です。春の時計祭り『バーゼルワールド』、引き続き現地から速報をお届けします!

バーゼルワールドの旗

まずはお詫びと訂正。先日のレポートで「ウォッチ&ジュエリー界は本当にざっくりいうと、①カルティエ率いるリシュモングループ、②LVMH ウォッチ・ジュエリー グループ ③スウォッチ グループの3つにグループ分けされますが」と書きましたが、これに④として、「その他独立資本系」を加えたほうがわかりやすかったですね。

バーゼルワールドの正面入り口

『バーゼルワールド』に出展しているブランドでは、パテック フィリップ、ショパール、ロレックスなどの名門ウォッチメーカー、シャネル、エルメスといったラグジュアリーメゾンなどが、④大きな企業グループに属していない、その他独立資本系に入ります。

バーゼルワールドのプレスセンター

『バーゼルワールド』には、サッカーのW杯などのスポーツの祭典に引けを取らない、立派なプレスセンターがあります。ここで原稿を書いたり資料をまとめたり、ときにはひと息ついたりするために、各国のジャーナリストや編集者が集うのですが、10年、20年と通ううちに顔見知りも増え、感動の再会シーンが繰り広げられることもしばしば。そんなときはこの、お約束のご挨拶から会話がスタートします。

「どこのブランドがよかった!?」

先ほども、アメリカ、ロシア、香港の女性ジャーナリストたちとそんなおしゃべりをしていたのですが、私を含めて全員一致で、「今年のシャネルはひと際かわいい!」という結論に達しました。

(上)シャネルのブース内観、(下)発表されたフィルム「シャネルの時間」


まずは、シャネル初の本格的な腕時計として誕生し、今年30周年を迎えた『プルミエール』から生まれた、世にも美しい機械式時計『プルミエール カメリア コレクション スケルトン』!

世界にウォッチメーカーは星の数ほどあれど、自社内で機械式時計のムーブメントをつくることができるマニュファクチュールは、ほんのひと握りしかありません。そしてそれは時計ブランドとして、高い技術力をもっているという証です。

シャネルは2016年、悲願だった自社製ムーブメント搭載モデル『ムッシュー ドゥ シャネル』を発表し、時計界でますますその存在感を示しました。

そして2017年は、早くもふたつ目となる自社製ムーブメント「キャリバー2」を発表! シャネル初の自社ムーブメントを搭載したレディス向けウォッチ、『プルミエール カメリア コレクション スケルトン』を送り出してきました。

プルミエール カメリア コレクション スケルトンの制作工程

デザインの主役を演じるのは、ムーブメントのブリッジが描くカメリアの花! 本来は無機質な「ムーブメント」という機械が、優美なカメリアの花として咲き誇ります。

プルミエール カメリア コレクション スケルトン

シャネル プルミエール カメリア コレクション スケルトン 予価¥14,150,000 ●ケース:ホワイトゴールド ●ケースサイズ:縦37×横28.5㎜ ●ストラップ:サテン ●手巻き ※2017年秋発売予定

さらに、名品時計『J12』や『ボーイフレンド』からも、シャネルのデザインコードをまとった新作が!

マドモアゼル J12

マドモアゼル シャネルの両腕が時刻を示す『マドモアゼル J12』ホワイト 予価各¥797,500 ●ケース:ハイテクセラミック ●ケース径:縦38㎜ ●ブレスレット:ハイテクセラミック ●自動巻き ※2017年6月中旬発売予定、世界限定各555本

シャネルの時計マドモアゼル J12のブラック

ボーイフレンド ツイード

ボーイフレンド ツイード 予価¥3,600,000 ●ケース:ベージュゴールド ●ケースサイズ:縦27.9×横21㎜ ●ブレスレット:ベージュゴールド ●クオーツ ※2017年6月発売予定

ホワイトセラミックの腕時計『J12』で一大センセーションを巻き起こしてから14年目。本来は時刻を知るための「道具」である時計に、アイコニックなモチーフや色、素材使いで、世界の女性たちに甘いときめきを与え続けています。

【バーゼルワールド2017レポート第1回】ブルガリの●●が話題をさらった!

この記事の執筆者
東京都出身。大学在学中から雑誌『JJ』などで執筆活動を開始。女性向け本格時計のムックに携わったことから、機械式時計に開眼。『Precious』などの女性誌において、本格時計の魅力を啓蒙した第一人者として知られる。SIHHとバーゼルワールドの取材歴は、女性ジャーナリストとしては屈指のキャリアの持ち主。「時計界の裏探偵ファイル」(WWD JAPAN)、「岡村佳代のおしゃべりトゥールビヨン」(クロノス ファム)などを連載中。 好きなもの:海、ハワイ(特にハワイ島)、伊豆(特に下田)、桑田佳佑様、白い花、シャンパン、純米大吟醸酒、炊きたてのご飯、たまご、“芽乃舎”の野菜だし、“エルメス”のバッグと“シャネル”の靴、グレーのパーカー、温泉、スパ、素敵旅館、村上春樹、宇野千代先生、神社、日本の陶器(特に唐津焼)、朝ドラ、ドラミちゃん、長文のインタビュー原稿