毛穴に詰まったミクロの汚れを一掃しながらの保湿効果を試して! 教えて! 美容のプロが選ぶ洗顔料はこの一品。賢者がおすすめする洗顔剤03です。

パルファム ジバンシイ ブラン ディヴァン フォーム


ついついエイジング対策のスペシャルコスメばかりに目が行きがちな大人肌。でも、洗顔はスキンケアの要にして基本。事実、洗顔で肌は変わるものです。洗い方も重要ですが、キモは洗顔剤選び。潤いを取り過ぎずに不要な汚れだけを確実にオフする洗浄力に、肌負担の少ない設計、そして保湿やエイジングケアなどの攻めの効果がプレシャス世代の洗顔剤選びのポイント。

近ごろ、私のお気に入りなのが『ブラン ディヴァン フォーム』。たとえて言うなら、生クリームのこってり感でなく、それはメレンゲのような軽やかにして濃密な泡立ち。実は洗顔料に寄せる私のこだわりは、泡切れと洗顔後の化粧水の浸透具合にもあって、この製品はその点でも◎の使用感。洗いあげた後の泡切れがすっきり。素早く、それなのに肌を乾かせず、化粧水の吸い込みも違う! 心なしかくすみも少しずつ晴れてきたような。これなら継続使用で美白や抗糖化の働きも、きっと実感できるはず……。

■美白+糖化ケア 成分入り。どんより曇った黄ばみを一掃

植物由来の美白成分に加え、最新の糖化ケア成分を贅沢配合。メラニンを含む古い角質だけでなく、加齢による黄ばみの原因も取り除くのが特徴で〝色ムラが消えて肌色が均一になった〟というモニター報告もあり。

パルファム ジバンシイ ブラン ディヴァン フォーム 125ml ¥5,200

問い合わせ先
パルファム ジバンシイ〔LVMHフレグランスブランズ〕
TEL:03-3264-3941
http://www.parfumsgivenchy.jp

この記事の執筆者
群馬県高崎市生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。『流行通信』編集長、『ハーパース バザー日本版』副編集長を経て、2006年よりフリーランスの編集者として活動。編集者歴は30年超。雑誌及び広告制作などにおいて、企画から写真撮影のコーディネート&ディレクション、取材、原稿執筆まで手がける。趣味はガーデニングと読書、ウォーキング、料理。 好きなもの:猫、化粧品、香味野菜、赤ワイン、トリュフ、青い和食器、お風呂、くちなしの花、商店街散策、料理、上質ミステリー、ドン・ウィンズロウ、手芸、美容機器、山下達郎、ジェット・リー、本屋、平日昼間の散歩、Hidden Objectゲーム、“サンタ・マリア・ノヴェッラ”のポプリ、ウフィッツィ美術館、夕暮れ時のルーフバルコニー
クレジット :
撮影/戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー)文/栗原 緑 取材/荒川千佳子 構成/五十嵐享子(Precious)