ラグジュアリーファッション誌『Precious』の巻末のアンケートはがきでは、毎号さまざまな質問を投げかけて、読者からの生の声をリサーチしています。そのなかでも、その後の誌面づくりの参考としているのが、「今月号に掲載された商品のなかで、実際に購入したいと思う商品はありましたか」という質問です。そして、5月号(2018年4月7日発売)の美容部門で1位にランクインしたのは、バイオプログラミングの「レプロナイザー 3D Plus」でした。独自のバイオプログラミング技術と、その反響について、メーカー担当者に取材し、この美髪器の魅力を分析しました。

髪が艶やかに見違える! バイオプログラミング技術

レプロナイザー 3D Plus¥38,000(バイオプログラミング)

2017年Precious1月号に初登場した際、文句なしの「購入したいもの」1位に選ばれた「レプロナイザー 3D Plus」。この美髪器の風を髪に当てるだけで、艶が出てしっとりまとまるのはなぜか? それは独自のバイオプログラミング技術の効果にあります。この技術は量子レベルの物理学の研究からきているそうです。

この最先端の研究により、特定の振動と波長を組み合わせることで、エネルギーと情報の “場”をつくるようプログラミングする独自技術を開発。そのおかげで、髪が自ら美しくなるように分子の構造が整えられるのです。この技術をセラミックスの量子空間に設計し、「レプロナイザー 3D Plus」をはじめ、各デバイスに搭載されています。

「『レプロナイザー 3D Plus』は、従来より格段に技術レベルを高めたことに加えて、風量も高めました。そのため2016年12月のデビュー直後から今日に至るまで、“髪にうるおいと艶を”、“クセやうねりのない、扱いやすい美しい髪に”と願う多くの女性から、大変ご注目をいただいてまいりました」(メーカー担当者談)

2時間髪に風を当て続ける実験では、髪にうるおいと艶が増す結果が!

専門機関による実証実験では、モデルの髪の1か所に「レプロナイザー 3D Plus」の風を、温風と冷風を交互に5分ずつ計2時間当て続けたところ、多少うねりがあり、乾燥していた髪がしっとりまとまりました。そして、滑らかさも格段に高まり、驚くほど艶やかな髪に変化したのです。

これまでのドライヤーであれば、2時間も風を当てればオーバードライとなり、髪はパサパサに傷むところ。美髪器のレプロナイザーだからこその、驚きの結果といえます。

実験の様子は公式ホームページで公開されています。実際の実証結果はこちらの通りです。

・髪の表面光沢 ビフォア 1.75 → アフター 2.15

・髪の毛の水分量 ビフォア 15.3% → アフター 21.5%

・摩擦(くし通り) ビフォア 10.12N → アフター 2.26N

(株式会社SOUKENによる測定、※効果には個人差があります)

この客観的な実験結果からもわかるように、独自技術のバイオプログラミングであれば、従来のケアの概念を超えて、使う時間が長ければ長いほど、髪はますますうるおい、艶っぽく美しく変化していきます。

ほかの名だたるアイテムを抑えて、「購入したいもの」1位に選ばれたのも、こうした確かな技術を実感したい、との思いからくるものでしょう。ぜひ実際にお手に取って、驚きの効果を体感してみてください。

※掲載した商品は税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
戸田嘉昭(パイルドライバー)
EDIT&WRITING :
佐野有紀