「俺のBakery&Cafe」の人気メニュー「俺の生食パン」が、新ブランド「銀座の食パン」へリブランディング! 素材にこだわった2種の食パンや、季節限定メニューの「黒ごまとクリームチーズ」など、ここでしか味わうことのできない上質な食パンがそろいます。

素材にこだわりぬいた新ブランド「銀座の食パン」が誕生!

「俺のBakery&Cafe 松屋銀座 裏」の店内

「俺のイタリアン」や「俺のフレンチ」でおなじみの「俺の」シリーズから、2017年にオープンした「俺のBakery&Cafe」。同店で1日2,000本以上を売り上げる大人気メニュー「俺の生食パン」がリブランディングされ、素材にこだわりぬいた新ブランド「銀座の食パン」が誕生しました。「一流」が集う街である銀座への思いから名付けられた「銀座の食パン」は、まさにその名にふさわしい逸品となっています。

最高品質にこだわりぬいた、究極の「銀座の食パン」とは?

左から/「銀座の食パン〜香〜」2斤¥1,000・「銀座の食パン〜夢〜」2斤¥900(いずれも税込)

「銀座の食パン」に使用されている牛乳や小麦は、それぞれにこだわりぬいた最高品質のものを使用。岩手県岩泉町の「中洞(なかほら)牧場」の自然放牧牛の脱脂乳に加え、「銀座の食パン〜香〜」には国産小麦の「キタノカオリ」が使用され、ミルクの風味をしっかりと味わうことができます。また、国産小麦の「ユメチカラ」を使用した「銀座の食パン〜夢〜」は、甘みのあるもっちりとした食感となっており、小麦本来の味を楽しみたい方におすすめです。

「黒ごまとクリームチーズ」1斤¥900(税込)

さらに、「銀座の食パン」へのリブランディングを記念して、季節限定メニューの「黒ごまとクリームチーズ」も登場! 黒ごまあんを生地に練り込んだ甘さを感じるしっとりした口どけの中に、濃厚なクリームチーズをプラス。隠し味にはレモン果汁を加えてさっぱりと仕上げた、味わい深い食パンとなっています。

今回のリブランディングに合わせ、Web予約により並ばずに購入可能となった「銀座の食パン」。銀座の名を冠した「一流」のこだわり食パンが、大人女性の忙しい朝食タイムも、贅沢なひとときにしてくれること間違いなしです!

問い合わせ先 

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2018.7.15 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
難波寛彦
TAGS: