加齢により、髪が細くなってくると、汗や湿気の影響を受けやすく、スタイリング剤をつけても、広がってしまいがち。そんな状態のミディアムヘアにふさわしいのが、ワンレンベースのスタイリング。

広がりを調整したい部分は重さで抑え、ボリュームを出したい部分はレイヤーを入れる、このメリハリで髪型をつくるのがポイントでした。

【お悩み】うねって広がる髪を落ち着かせたい!

ミディアム代表:高村千歳さん(46歳/主婦)のお悩みを解消するには…

■髪型:レイヤーは顔周りのみ。髪の重さでうねりを抑える

 
完成
サイド
バック

 

高村さんのHAIR CHART

  1. 柔らかさ(柔→重) ★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ(細→太) ★
  4. うるおい(乾→潤) ★★★
  5. 白髪の量(多→少) ★★★

髪が細いためうねりやクセが出やすく、しかもボリュームも足りない高村さんの髪。

「ワンレンにしてしまうと、今度はペタ~ッとなりすぎてしまいます。華やかに見せたい顔周りにレイヤーを入れて、ふんわりさせるのがポイントです」(kakimoto arms  LaLa terrace MUSASHIKOSUGI ディレクター・林麻美さん)

さらに、カラーリングも「ベースがワンレンなので、暗い色を入れると重たい印象になるので、ハイライトにセピアアッシュを入れて、軽さを出しています」(kakimoto arms  LaLa terrace MUSASHIKOSUGI カラーディレクター・太田桂子さん)

■スタイリング:うねりやクセを巻き込むようにカールアイロンで外巻きに

軽さとボリュームが欲しい顔周りは、カールアイロンで髪の中間あたりから毛先にかけて外巻きに。「直径3㎝くらいの細めのカールアイロンなら120~130℃、太いタイプなら180℃くらいの温度で巻いてください。細めのタイプで温度をMAXにすると髪が傷んでしまうので要注意!」(林さん)

スタイリング前

■1:カールアイロンで髪の中間あたりから毛先を外巻きに

カールアイロンで外巻きにするのは、前髪とフェイスラインにかかる髪だけでOK。

■2:毛先にだけワックスを揉み込む

ふんわりさせたい髪の根元を避けて、ワックスを毛先になじませる

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■広がりとうねりを抑えたい部分にレイヤーを入れない
  2. ■ボリュームが欲しい顔まわりはレイヤーを入れてふんわり感を出す
  3. ■髪色を明るくして肌色もトーンアップさせる

「髪色が暗すぎると、肌の色までくすんで見えてしまいます。逆に明るすぎると、髪がパサついて見えることも。その人の肌色によって似合う色が違うのでなんとも言えませんが、やわらかみのあるナチュラルな色おすすめです」(太田さん)

kakimoto arms LaLa terrace MUSASHIKOSUGI ディレクター・林 麻美さん。花が大好きでフラワーアレンジメントを習っているとか。「後輩の結婚式用に花でウェディングボードをつくったら、すごく喜ばれました」
kakimoto arms MUSASHIKOSUGI カラーディレクター・太田桂子さん。弾丸の日帰り旅が趣味。「1日あったら広島や名古屋…どこへでも。伊勢神宮、鳥羽水族館がお気に入りスポットです」

問い合わせ先

kakimoto arms初のバギーのまま利用できる個室「Mama & Baby's Room」も完備。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑