髪の根元をカバーしにくいショートヘアは、せっかくカラーリングをしてもすぐ白髪が目立つため、月1回のペースで染めないと…という人もいらっしゃるのではないでしょうか? ショートヘアは空気感を出しやすく、スタイリングしやすいのが魅力。とは言え、ボリューム不足や白髪の目立ちをカバーしにくいデメリットもあります。

六本木美容室 白金店の副店長・田島沙智子さんは、「ボリュームがほしい部分にレイヤーを入れておけば、乾かすだけでスタイリングしやすくなります」と断言! そのココロは?

【お悩み】分け目から白髪がクッキリ!白髪を染める回数を減らしたい

ショート代表:森安信子さん(41歳/アパレル)のお悩みを解決するには…

■髪型:耳の上あたりにレイヤーを入れ、ふんわり感を出す

完成
サイド
バック

森安さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ(細→太) ★★
  4. うるおい(乾→潤) ★★
  5. 白髪の量(多→少) ★

「森安さんの髪はストレートなので、カットで丸みをつくらないとペタッとつぶれやすい髪質。そこで後頭部はグラデーションカットにして、ボリュームを出しています。レイヤーは耳の下に入れて、全体のスタイルが菱形になるようにしました」(六本木美容室 白金店・副店長・田島沙智子さん)

カットで丸みとボリュームが出やすいスタイルをつくっておけば、テクニックがなくてもスタイリングしやすくなるそうです。

■スタイリング:分け目と逆の方向に髪を乾かせばトップの地肌が隠れる!

髪が乾いてから分け目を隠そうとしても、なかなか思い通りにいかないもの。「髪が濡れているときに、分け目とは逆方向にドライヤーをあてると、自然と分け目の見えないスタイルになります」(田島さん)

スタイリング前

■1:髪を根元から濡らし、分け目と逆方向に手ぐしでとかしながらドライヤーをあてる

髪の表面だけでなく根元からしっかり濡らすのがポイント。

■2:頭頂部の中央をカーラーで内巻きにし、その前と後に1つずつカーラーで内巻きに

分け目をまたぐように毛束を取り、カーラーで内巻きにすること。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■分け目を見せないスタイルにして白髪とボリューム不足をカバー
  2. ■ふんわり見せたい頭頂部はカーラーで根元を立たせる
  3. ■後頭部と耳のあたりを膨らませるスタイルで立体感を出す

「髪の表面だけ濡らしてドライヤーをかけても、分け目は隠れません。根元からしっかり濡らして、いつも右分けなら左方向から、左分けなら右方向へ手ぐしでとかしながらブローしてください。根元から髪が立ち上がるので分け目が目立たなくなりますよ」(田島さん)

六本木美容室 白金店・副店長 田島沙智子さん。ワインと旅行が大好き。「海外へ旅行すると、その土地の美味しいワインを探すのも楽しみのひとつです」

問い合わせ先

セレブや芸能人もお忍びで通う、落ち着いた雰囲気のサロン
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑